サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

楽園島からの脱出 2(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 取扱開始日:2012/08/09
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/275p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-886809-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

楽園島からの脱出 2 (電撃文庫)

著者 土橋 真二郎 (著)

利用する者とされる者、男子と女子の力関係が表面化した中で続行される、脱出ゲーム。その流れに反発する女子グループの台頭など、ゲームは更なる混迷を見せる一方で、いまだ見えぬ「...

もっと見る

楽園島からの脱出 2 (電撃文庫)

659(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

楽園島からの脱出II

659 (税込)

楽園島からの脱出II

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「楽園島からの脱出 2」が含まれるセット商品

楽園島からの脱出 (電撃文庫) 2巻セット(電撃文庫)

楽園島からの脱出 (電撃文庫) 2巻セット

商品説明

利用する者とされる者、男子と女子の力関係が表面化した中で続行される、脱出ゲーム。その流れに反発する女子グループの台頭など、ゲームは更なる混迷を見せる一方で、いまだ見えぬ「脱出」の条件。果たして勝利を摑むのは?【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2013/03/09 21:07

投稿元:ブクログ

1巻ではそうでもなかったけれど2巻を読んでから花穂さんの評価がだだ上がり
ツァラと繋がってるようなので2作品の集大成のような続編を希望

2012/08/24 20:56

投稿元:ブクログ

相変わらずえげつない設定のゲームでした。人が死なない分、電撃文庫仕様なんでしょうか。
ゲームの設定そのものはそれほど複雑ではないですが、心理的な追い込み具合とかがものすごくえげつない。ですが、二転三転する展開にグイグイ引き込まれるのは確かで、2冊ともに一気に読んでしまいました。

2014/05/06 16:00

投稿元:ブクログ

みんな追い詰められていった結果として、ドロドロしてきてなかなかえぐかった。
途中で死人(実際は違うかったけど)まで出てきて状況がひどいことになっていった。
脱出方法はなるほどという感じで、楽しめた。

同じ作者の他の本も読んでみたい。

2012/08/21 02:51

投稿元:ブクログ

人間の汚い本性が垣間見えたり、集合意識のこわさだったり、リアルな醜悪さが一番強かった作品だったと思う

2012/09/29 22:05

投稿元:ブクログ

1巻より夢中になった。沖田が中心から外れて、ゲームが進展、敵味方入り乱れ収容がつかなくなってきたからだろう。続きは出るのかな?

2012/10/01 03:07

投稿元:ブクログ

相変わらずの土橋先生。追い詰められた状況での人間の心理描写が生々しくってほんとに嫌になる。今回はとうとうレイプにまで踏み込んでるし、自分もこんな状況だったらって思うとやっちゃいそうで怖い。
 土橋さんにしては綺麗な終わり方していたけど、これで終わりなのかな?続いても良さそうな終わり方だけど土橋さんと言うことを考えたら次のシリーズにいっても不思議じゃないなとも思う。

2012/09/11 20:54

投稿元:ブクログ

無人島を舞台に集められた高校生100人が行う脱出ゲーム。
ゲームの名は「ブリッツ」。
2巻は完結編。

段々ドロドロしてきて敵・味方が入れ替わりすぎて混乱してくるけど、物語の目的の「脱出」ということだけを考えれば楽しめるか。

失敗したのは1巻のときも書いたんだけど、連続で読めなかったこと。
もともとキャラ達が結構薄く感じていたしね。
さらに2巻ではキャラクター紹介が文字だけになっていたりと工夫が欲しかったなぁ。

2012/09/12 03:09

投稿元:ブクログ

ネタバレになるのか微妙だけど一応

↓↓

周りのキャラクターが、どんどんやたら嫌な感じになってって、
沖田って結構良いやつなのでは、と思えてくる、
そんな二巻。
沖田をとことん悪くみる人もいれば、同じ部分をみていてもよさだととる子もいて、
(ゲーム中、子供相手に本気で戦い、こてんぱんにやっつけてしまう沖田くん。そんな彼はとても純粋なんだ。とかなんとか。)さらに、沖田の印象よくなる。
ああ、ところで、薬とかはちょいとまずいのではー
いろいろ、黒い問題発生して、このまま日常生活に戻って、これからどうなるんだ。こわ
あれは、ゲームでしたからって全て無かったことにできるのか。
っていうか、薬とかそういった部分とか、いろんなとこからリアルさが
下がっていってるような気が私はしたんだけれど、感情移入もできる人いなかった気がするし。別次元って感じ。
でも、これはそういうの求めるところの本ではきっとないはず
なんだが、登場人物の人間が極端な行動とりすぎるというか上手く説明出来ないけど、ちょっとイライラしてくるところがある
ということで、先が気になって最後まで読んでしまったという点、良かった!

2012/08/22 00:51

投稿元:ブクログ

いつもの土橋作品って感じでした。追い詰められた状況の中で、それぞれの「悪い面」が表面化していく様相が生々しくて良かったと思う。

ただなー。ちょっとモブの使い方がいい加減だった印象。名前のある一部のキャラ以外は「男子生徒たち」「女子生徒たち」って一括りなんです。もちろん参加者全員を描くのは不可能にしても、主人公たちにスポットライトを当ててばかりで、同じ条件で参加している他のプレイヤーを「その他大勢」にしてしまったのは、ゲームを舞台にした小説としてはいただけないかなと。

あと、ちょっと「男はこうだ」「女はこうだ」っていうのを決めつけすぎかな。特に女。

2013/01/25 00:17

投稿元:ブクログ

須藤を倒したことで束の間の安定期間を得たように見えたブリッツ参加者達。
しかし武力を行使したために徐々に均衡が崩壊する。まとまっていたはずのみんなが徐々に
複数のグループに分かれてしまう。沖田は徐々に肥大していくグループに疲弊していき
全体を把握することができなくなっていく。グループでの小さな亀裂が大きな波紋を呼び
仲間割れへと進んでいってしまう。脱出のカギはいったい何なのか、沖田は仲間を取り戻して
1番に脱出することができるのか。

2012/08/19 10:45

投稿元:ブクログ

土橋知っているかたにはレビューなんて土橋だったで通じるだろうちょっと綺麗な土橋だった。極限ゲームでどろどろは面白いです。
ツァラトゥストラへの階段 への微妙なリンクも感じるため…ツァラトゥストラの続きに期待!

2013/12/16 09:07

投稿元:ブクログ

島からの脱出ゲーム完結編
でいいのかな?

1巻より沖田君の印象が悪くない
自己中まるだしから全体を考えているふりができるようになった感じ
まぁ、結局は他の作品の主人公と同じようになってしまったという見方もできるが・・・

人は死なないまでも性描写が一部あり、依存性の薬あり、暴力性ありとちょっと黒い
そうそう、こんな土橋作品が読みたかったのだよ
まぁ、メディアワークスのやつに比べればかなりぬるいけどね

男女の構図が生態学的な知識を持ってる人の描き方をしている
初歩的な知識だけれども、他の作品では囚人のジレンマが出てきたりしてるし、ゲーム理論の方面の知識もありそうだ
ラノベじゃなくちゃんとした小説でこんな設定のお話しを読んでみたいなぁ

そしてなんとなくツァラトゥストラへの階段とのつながりもあったり
男女の支配と実行力を持つ立場の構図がツァラトゥストラへの階段2に似ている
そして終盤に明かされたとあるゲームの存在
これはもうゲームの主体はアノ組織でしょう
資金とか法的な事もこれでクリアできる

ところで、保険の先生はエージェント?だったのか?

そして、あの終わり方にしても、沖田くんを主人公にした囚人ゲーム続編であるかも?な感じ

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む