サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 道徳形而上学の基礎づけ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

道徳形而上学の基礎づけ(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/08/03
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/410p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75252-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

道徳形而上学の基礎づけ (光文社古典新訳文庫)

著者 カント (著),中山 元 (訳)

なぜ噓をついてはいけないのか? なぜ自殺をしてはいけないのか? 善と悪、義務、人格、自由と道徳性について考察し、経験的な根拠に依拠しない純粋な道徳の原理を探求する。【「T...

もっと見る

道徳形而上学の基礎づけ (光文社古典新訳文庫)

1,152(税込)

道徳形而上学の基礎づけ

1,091(税込)

道徳形而上学の基礎づけ

ポイント :10pt / 紙の本より61おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜ噓をついてはいけないのか? なぜ自殺をしてはいけないのか? 善と悪、義務、人格、自由と道徳性について考察し、経験的な根拠に依拠しない純粋な道徳の原理を探求する。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/08/25 17:36

投稿元:ブクログ

哲学なんて自分とは何の関係もないし、興味もない――そう思っている方は、少なくないかもしれません。でも、次のように質問されたらどうでしょうか。

あなたは、どう生きるべきだろうか?

この問いは、あなた自身についての問いなのだから、あなたと無関係ではありません。自分の人生に関心がないという人も、ほとんどいないでしょう。だから、多くの人間にとってこの問いは興味深いものとなります。ところで、「どう生きるべきか」と問うことは「どう生きるのが一番よいのか」、つまり「何がよいことか」を考えることに他なりません。そして、それこそが(道徳の)哲学が扱いたい問題なのです。というわけで、上述した問いを出されたら最後、哲学は誰にとっても無関係なものではなくなってしまうのです(ああ恐ろしい)。

さて、万が一こうした問いについて考えてみたいと思ったら、やはり哲学者たちにヒントを求めるのがよいでしょう。今回はそのなかでも、18世紀ドイツの哲学者カントによって書かれた『道徳形而上学の基礎づけ』を紹介したいと思います。本書は哲学入門のゼミなどでよく読まれるように 比較的読みやすい作品でありながら、内容としては道徳の哲学史における一つの到達点にある著作です。

カントは、本書冒頭において「絶対的によいもの」は「よい意志」だけだと宣言します。確かに私たちは普段、様々なものを「よいもの」と捉えています。たとえば、「お金」や「勇気」といったものがそれにあたります。しかし、それらをよく活かそうとする「意志」が欠けていれば、「お金」も「勇気」も「よいもの」にはならないでしょう(たとえば人を殺す「勇気」は、よいものではない)。

また、私たちは普段「幸せになること」を人生の目的と見なし、「幸福な人生」=「よい人生」だと考えてはいないでしょうか。しかし、カントは「幸せ」だけを目指して生き方を決定すること(意志を決めること)を批判します。というのも、「何をすれば幸せになれるか」なんて、確実に予測することはできないからです。だから、「幸せになること」をモットーにして、自分がどう生きていくかを決めることはできないとカントは断言します。

では、何を目指した意志が「よい意志」なのか。カントが注目するのは、「人間は不幸になると分かっていながらも、正直に生きようとすることがある」という事実です。ここにカントは、私たちが生きるにあたって、幸せになることよりも優先している「よいもの」を見出すことになるのです。

長くなってしまいましたが、この先が気になる方はぜひ本書を手にとってみて下さい。とりわけ今回紹介した中山訳は、一人でも読み通せると評判のとても分かりやすい訳になっている のでオススメです。
(ラーニング・アドバイザー/哲学 KURIHARA )

▼筑波大学附属図書館の所蔵情報はこちら
https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/mylimedio/search/book.do?bibid=1698072