サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. スワロウテイル序章/人工処女受胎

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

スワロウテイル序章/人工処女受胎(ハヤカワ文庫 JA)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/09/06
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/500p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-031082-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

スワロウテイル序章/人工処女受胎 (ハヤカワ文庫 JA)

著者 籘真 千歳 (著)

男女別の自治区で性別の違う人間と共に暮らす人工妖精たち。その一体である揚羽は、全寮制の看護学園で同室の連理や義妹の雪柳らと学園生活を謳歌していた。人間に害をなす人工妖精を...

もっと見る

スワロウテイル序章/人工処女受胎 (ハヤカワ文庫 JA)

994(税込)

スワロウテイル序章/人工処女受胎

896(税込)

スワロウテイル序章/人工処女受胎

ポイント :8pt / 紙の本より98おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

男女別の自治区で性別の違う人間と共に暮らす人工妖精たち。その一体である揚羽は、全寮制の看護学園で同室の連理や義妹の雪柳らと学園生活を謳歌していた。人間に害をなす人工妖精を密かに殺処分する“青色機関”の一員という裏の顔を持つ揚羽は、学園内の連続事件に死んだはずの科学者・不言志津江の陰謀を見出す。それは揚羽の人生に今後降りかかる過酷な運命の予兆でもあった。人気シリーズの前日譚たる連作中篇集。【「BOOK」データベースの商品解説】

人間に害をなす人工妖精を密かに殺処分する“青色機関”の一員の揚羽は、学園内の連続事件に死んだはずの科学者・不言志津江の陰謀を見出すが…。『SFマガジン』掲載等をまとめて文庫化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

蝶と果実とアフターノエルのポインセチア 7−73
蝶と金貨とビフォアレントの雪割草 75−164
蝶と夕桜とラウダーテのセミラミス 165−330

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.5

評価内訳

2012/11/29 23:34

投稿元:ブクログ

始まりに繋がる短編集。揚羽の看護学校時代、友人を巻き込み事件を追うシリーズ。ひとつひとつで完結かと思いきや・・・、なんだこれ最後にうまく繋がる! すごい!
短編ごとの物語も、長編のごちゃごちゃに比べて綺麗にまとまってて読みやすかった。
しかし揚羽ちゃんのどん底突き落とされ具合は哀れですね。どうしてこうなったの、誰よりいい子なのに(ノx`。)
そして語られる内容が難しくてむむむー。対談というカタチよりは、地の分で深く語ってもらったほうがわかりやすかったかもしれないところがちらほら・・あぁ知識のなさに泣ける。
化学的なお話をすんなり理解できるようになりたいな…

ところで人工妖精の最後は散り散りになるのか、死体が残るものなのか、最後までわからないままだ。また1巻を読み直したい。

2014/01/15 21:32

投稿元:ブクログ

これまでを読み、ここ359ページに到達したとき、私の中で清々しく何かが砕けた。『痛いから』そう、痛いんだ。痛かったんだ、ずっと。

2012/09/30 17:52

投稿元:ブクログ

シリーズの3作品目にして、序章と銘打たれてる作品。
揚羽が「黒の五等級」を名乗る前の物語。

連作短編で、揚羽が五稜郭の生徒でいながらにして、
アクアノートとして活躍していくのだけど、
ミステリ・アクションの要素はありつつも、
それ以上に揚羽の学園生活に重点が置かれてる。
学園生活というか、雪柳や連理たちとの百合っぽい絡み、
そういった部分が読んでいて楽しい。

だからこそ、4篇目の物語で揚羽が学園から放逐されて
しまったことや、雪柳との別れがとても辛く哀しい。

読み終えてみて、また1作目を読みたくなった。
それ以上にやっぱり人工妖精が欲しくなった。

2012/12/09 21:08

投稿元:ブクログ

なつかしかったので、というか前の忘れていたので

読み終わった後に

人工少女販売処と幼形成熟の終わりを読み直した

2012/11/13 23:25

投稿元:ブクログ

連作中編。それぞれに完結する中編を重ねながら1つの大きな物語を形作る構成は見事です。難しい言い回しで煙に巻かれている感じは若干ありますが、圧倒的なテキスト量と、それでいて不思議に読みやすい文体で、実にSFらしい小説だと思います。

2013/01/14 16:48

投稿元:ブクログ

アンドロイドの「人工妖精」が教育を受ける女学園で起こる様々な事件の顛末を描いた連作集。

SFとしての世界観に暗躍する様々な巨大組織、さらに終盤には観念的な話もでてきて理解は難しかったのですが、その分世界観の構築がすごかったです。

話自体はシリアスな展開なのですが、主人公の揚羽とその妹分である雪柳や学友たちとのやり取りはユーモアも取り入れられて、その辺のバランスが秀逸!初めのうちは世界観に戸惑っていたのですが、キャラのやり取りを楽しんでいるうちに、徐々にこの本の深い世界観や、シリアスな事件の数々にもなじめていった気がします。

シリーズ三作目みたいなのですが、タイトルに序章と入っているのでこれから読んでみました。話の理解にはそれほど苦労しなかったと思います。切ない結末からどのようにシリーズ一作目につながっていくのか、これから非常に楽しみです。

そしてふと考えてみると、主要登場人物の中に男性キャラが全く出てこない小説を読んだのはこれが初めてかも(男勝りなキャラはいるけど)
ある意味著者の妄想が爆発した世界観ですね。嫌いじゃないけど(笑)挿絵も可愛かったです。

2012/09/14 00:32

投稿元:ブクログ

安定のジェットコースター展開。
連作中篇集ということで、始まりはお嬢様学園でのサスペンスアクション~の滑り出しだったのが、いつの間にかガラガラと転げ落ち、あるいは登り詰め、最後の書き下ろしに至っては、既刊の長篇『人工少女販売所』『幼形成熟の終わり』もかくやという「スワロウテイルらしい」えげつない話になってしまう。
既刊の時もそうだったけど、このシリーズは手品だ。種も仕掛けもあるのに魔法のように見える鮮やかな手品。
自我の形成、脳の働き、意識とは何か、そういうことに食指が伸びる人には絶対おすすめです。

2014/02/26 08:41

投稿元:ブクログ

購入。やっと読み終わった。というか前日譚ではあるけれど、前2作を読んでから読んだ方が解りやすいかな。揚羽の心の在り様とか、そうかぁと納得してしまった。ヒトとしては持ち得ないのだろうなと考えてしまうラストだった。

2012/10/15 22:18

投稿元:ブクログ

シリーズ第3作。時系列的には最初に位置する今作では清楚でかつ隠微なお嬢様学園での物語を主軸に、ヒトとヒトに造られし人工妖精が持つ「自己認識」「自我」に正面から切り込む難解で奥深いストーリーが読み応え抜群、といったところ。
自分としては雪柳が読んでてお気に入りだったので、最後はちょっと、ウルウルっと来ちゃいましたよ。

2013/08/12 22:00

投稿元:ブクログ

時系列的には1巻の前にあたる、連作中篇集です。この巻単独でも楽しめるのではないでしょうか。
テイストとしては、1巻や2巻よりもライトノベルに近い印象です。女学校が舞台だからですかね。とはいえ、内容の深みはむしろこの3巻のほうが上回っているようにも思います。
ラストシーンは感動しました。この感動をより深く味わうには、やっぱり1巻と2巻も読んでおいたほうがよいのかも。

2012/09/18 03:43

投稿元:ブクログ

人間の境界、複雑な政治力学、閉鎖された空間故の問題、そして登場する主人公達がそれらに翻弄される様がこのシリーズの中心だと思っているのだが、今作は化物染み怪しげな「不言」が全てを攫ってしまっていて、とても異質に思える。

2013/04/29 10:01

投稿元:ブクログ

本作はハヤカワ文庫には珍しく、シリーズ通してカバーイラストを手がけている竹岡美穂さんの挿絵があります。カバーの方も表紙、背表紙、裏表紙とイラストが続いており、本棚に並べるとちょっと目立ちます。
話としては、これまで出ている三作品の中では、最初の話にあたるのでしょうが、割と世界観を知っておかないと解り辛いところがあります。(主に鏡子のやり取り)
読むのであればやはり最初に「出た」話を読むことをオススメします。

あとネコミミです。

2012/12/17 08:41

投稿元:ブクログ

「きゃ、やだ、くすぐらないで!こら、揚羽ったら!」
「よいではないか、よいではないか、はっはっはっ、鶴のように鳴くのう」
「お姉様、お声がいやらしくてお素敵です!」
「もう!やったわね、揚羽!パジャマを引っぱがすわよ!」
「あっ・・・あ、それはだめ!や、ちょっ、ちょっと連理、見えてる、見えちゃう!」
「連理様、お手つきがおいやらしくてお素敵です!」

人工妖精達の学園生活を描きながら、最終章はハードSFらしく締める。設定にもすっかり慣れたところで、近未来東京人工妖精ワールド全開、秘密の花園も絶好調です。ハードSF、しかしながらラノベ風味満載、読んでて楽しいわ~、まだまだ続いて欲しい!今回は可愛い挿絵も入ってて電車でおっさんが読むには少し恥ずかしい、(別に誰も覗きこまないけれど)でも読まなきゃ判らない面白さです。

2012/09/12 01:17

投稿元:ブクログ

SFマガジン誌上に掲載されたもの、PDFで無料配布されたものに書き下ろしを加えた連作中編集。長編2編より前の時間軸、揚羽の五稜郭での学生時代を舞台に五等級の魔女誕生の経緯を描く。
誌上での掲載を追っかけていたので想定よりも早く、また、連載時のものに加え新規の挿絵も収録とうれしい仕様での刊行に歓喜です。
書き下ろしでの椛子閣下と揚羽のやり取りや鏡子さんのアクションシーン等のうれしいシーンに、怒涛の複線回収、長編への繋がりと非常に楽しめた。

2012/09/27 20:22

投稿元:ブクログ

肉とかセックスとかえげつないなーとは思いながらも、人間はえげつないものだし、自分はそのえげつない表現に惹かれているのだし。

連作として貫かれているのは、学園生活(およびその後)と、「不言」との戦い。
五稜郭→空蝉計画という、舞台そのものが話のキモとなる作りは、やはり、さすが。
最後は「根性でなんとかなった感」は否めないが、それは作者の筆力。
負けじと読んでいた(この姿勢そのものがおかしいのかも)にもかかわらずぐっときてしまう。

願わくは鏡子のイラストを。

ハヤカワ文庫 JA ランキング

ハヤカワ文庫 JAのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む