サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ことばへの道 言語意識の存在論

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ことばへの道 言語意識の存在論(講談社学術文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/08/10
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社学術文庫
  • サイズ:15cm/378p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-292127-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ことばへの道 言語意識の存在論 (講談社学術文庫)

著者 長谷川 宏 (著)

ことばを通して現実があらわれ、人間があらわれ、共同社会があらわれた−。人として存在すること、社会のなかに在ることと、否応なくむすびついた「ことば」とはなにか。繊細でしなや...

もっと見る

ことばへの道 言語意識の存在論 (講談社学術文庫)

1,242(税込)

ことばへの道 言語意識の存在論

1,134 (税込)

ことばへの道 言語意識の存在論

ポイント :10pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ことばを通して現実があらわれ、人間があらわれ、共同社会があらわれた−。人として存在すること、社会のなかに在ることと、否応なくむすびついた「ことば」とはなにか。繊細でしなやかな哲学的洞察。〔新装版 勁草書房 1997年刊の改訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

言語と意識

2016/12/23 20:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポージー - この投稿者のレビュー一覧を見る

例えば言語に対して哲学的にアプローチしてみたいと思い立って色々本を取ってみても、だいたいは言語そのものが考察の対象になっています。しかし素人が言語に対して疑問を持つということはもっと「自分と言語の関係」とか「自分と他人と言語の関係」とかそういうことからではないでしょうか。この本はそういう視点に立って書かれてあるので、読んでる途中で「あれ、おれってこんなことが知りたかったんだっけ」みたいなことには僕はなりませんでした。同じことを何回も言ってくれるので難しいこともないです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/11/17 17:15

投稿元:ブクログ

 「しかし、言葉を発するとは誰かに語りかけることであり、誰かのために思うことである。この誰かは、つねにその人と特定された誰かであり、一般化された誰かとして耳だけをもつのではなく、口も具えているのだ」。本書を読んでいるあいだ脳裏に去来したのは、ここに引いた、ローゼンツヴァイクが「新しい思考」のなかに記したこの言葉である。言葉は伝達の手段として機能するばかりではない。言葉は、誰かへ向けて発せられ、その誰かとの関係を取り結んでいく。そうした生きた働きのうちにあるものを掘り下げることなく、言葉そのものを問うことはできない。このことを銘記しながら著者は、言語が人と人のあいだで語られるという出来事を、「言語場の成立」、「表現の構成」、「伝達の構成」という三つの観点から解き明かそうとしている。そのような著者の議論のなかで注目されるべきは、言葉が沈黙のなかから表現として立ち上がってくるという事態を、詩的な表現の豊富な例を引きながら、あるいは「空談」としての日常言語の批判を背景にしたハイデガーの言語論を解釈しながら論じている点であろう。そのなかで、ベンヤミンをはじめとする思想家も述べているように、言葉が表現となるなかで受動性と能動性が一体となっていること、すなわち言語そのものが、伝達手段である以前に媒体であることを指摘していることは、特筆されるべきと思われる。このような議論が、すでに1978年に現われていたのだ。それを忘れたまま、いわゆる「言語哲学」は、言語の機能性にのみ目を奪われていたと言えるかもしれない。こうした重要性を著者の言語哲学に認めないわけにいかないと思う一方で、著者が言語を絶えず共同性と結びつけようとしている点には、疑問を拭えないのも確かである。著者の議論において、言語自体の象徴性が、わだかまりなく言語の語り手の共同性への参入につながってしまっているように見えるのだ。むろん、それによって、言葉というものが、上から神話的に語られ、人を従わせるものでは断じてなく、むしろ対等な人々のあいだで語り交わされ、そのような人々の共同性を形成する媒体であることを示したいという意図はあろう。だが、デリダなどの議論を通過した見方からすれば、言葉の象徴性は意味の共有を保証するものではありえないし、むしろ沈黙に抗して言葉を発し、誰かに語りかけるのは、その誰かに伝わることの定かならぬ可能性へ向けてではないか。それゆえ、そこにあるのは祈りのようなものですらあるのではないだろうか。だからこそ、誰かへ向けて言葉を尽くすのであり、言葉を発する際にその「誰かのために思う」とローゼンツヴァイクは述べているはずである。言葉を語りかけるその誰かが、他者であることが省みられないまま、言葉を語り交わす関係が水平的な次元に収斂しかねない危うさも、本書の議論は含んでいるように思われる。

講談社学術文庫 ランキング

講談社学術文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む