サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

憂鬱なヴィランズ 1(ガガガ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 取扱開始日:2012/08/20
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: ガガガ文庫
  • サイズ:15cm/311p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-09-451361-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

憂鬱なヴィランズ 1 (ガガガ文庫)

著者 カミツキレイニー (著)

「それは憂鬱な結末が描かれた、決して読んではいけない残酷な絵本なんだよ」『赤ずきん』の嘘つきオオカミ、『白雪姫』のいじわる王妃、『青髭』の殺人男爵、彼ら悪役たちは“絵本”...

もっと見る

憂鬱なヴィランズ 1 (ガガガ文庫)

648(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

憂鬱なヴィランズ(イラスト簡略版)

324 (税込)

憂鬱なヴィランズ(イラスト簡略版)

ポイント :3pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

憂鬱なヴィランズ

648 (税込)

憂鬱なヴィランズ

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「憂鬱なヴィランズ 1」が含まれるセット商品

憂鬱なヴィランズ (ガガガ文庫) 5巻セット(ガガガ文庫)

憂鬱なヴィランズ (ガガガ文庫) 5巻セット

商品説明

「それは憂鬱な結末が描かれた、決して読んではいけない残酷な絵本なんだよ」『赤ずきん』の嘘つきオオカミ、『白雪姫』のいじわる王妃、『青髭』の殺人男爵、彼ら悪役たちは“絵本”を所有した人間に取り憑き、その醜い欲望を剥きだしにする―。消えた親友、女子中学生の連続失踪と、高校生・笠木兼亮の周囲で相次ぐ異変。そして、登校中に発生したバスジャックの最中、彼は“絵本”を回収しているという蒼い目の少女・帯刀月夜と出会う…。悪役に借り受けた異能力を使い罪を犯す者と、それを阻止する者たちとの壮絶な戦いの幕が上がる。【「BOOK」データベースの商品解説】

最悪な結末が描かれた“絵本”の中に棲む童話やおとぎ話の悪役(ヴィランズ)たち。そして、彼らに借り受けた異能力を使い、罪を犯す者と、それを阻止する者たち。互いの能力を駆使し死力を尽くした戦いの幕が上がる…。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

揺籃期の終わり

2015/09/28 11:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

笠木兼亮の友人である煮雪瞑が、二人きりで暮らす妹で女子中学生の煮雪日和を残し姿を消してから一週間と五日が過ぎた。そんな現実から目をそらすように、通学途中のバスの中で他愛もない会話をしていた兼亮と日和は、危なげな男子高校生に絡まれる。その少年、村瀬一郎は、瞑に対して散々な悪態をつくと、彼らが「絵本」を持っていないかと尋ねてきた。
 何のことやら分からず呆然とする二人を引き離し、日和を人質にした村瀬は、日和の口を指でこじ開けて手を突っ込むと、そこから取り出した拳銃を兼亮に向けてぶっ放す。

 にわかにバスジャックの様相を呈してきた車内にいた女子高生の一人、生駒千鳥は、兼亮にスマホのイヤホンを差し出し、耳にはめる様に言ってきた。そのイヤホンから聞こえる声に従った彼の前に現れたのは、電話先の少女、蒼い目の女子高生である帯刀月夜だった。
 彼女に助けられた兼亮は、瞑が「絵本」の悪役【ヴィランズ】に魅せられ、その悪役の能力を利用して女子中学生誘拐事件を起こしている可能性が高いと告げる。友人を助けるため、彼女から情報を引き出すことにした兼亮は、彼女と行動を共にすることにした。

 人間を特殊な形でしか認識できない少女と、少年時代に助けられた記憶から友人をヒーローとして神聖化してしまっていた後悔を抱えることになる少年が、読者にリスクある能力を与える十六冊の絵本、ワーストエンド・シリーズにまつわる事件に関わる物語だ。表に出される芝居じみた変態性と、少年期ゆえに許されるある種の傲慢さ、そしてそれらの発露として破滅的な結末を与える絵本に振り回される人々の姿を描いている。
 一度割り切れば二度と戻れない。割り切るのは敗北であるように感じる。そんな葛藤の中にある少年期の心の揺れと、そんな心の揺らぎすら超越せざるを得ない“呪い”を受けている少女の交流の中に何が生み出されるのか。それがこれからの物語になりそうだ。あえて一つ言うならば、そもそも初めになぜ煮雪瞑が絵本を手に取ることになったのか、その動機が、今後の物語構成に深く関わっていると良い感じがする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/09/16 18:06

投稿元:ブクログ

2012 9/14読了。WonderGooで購入。
本来の童話の筋とは異なる、強烈なバッドエンディングに至る絵本のシリーズ「ワーストエンド・シリーズ」。
その読み手は悪役の力を借りられる代わりに、返却せずにいると悪役に取り憑かれるという。
ワーストエンド・シリーズ「赤ずきん」の狼に乗っ取られたかもしれない親友を探す主人公と、その親友の妹、ワーストエンド・シリーズを集めて回る絵本の「借り手」たちを描いた話。

・・・前作に比べてだいぶラノベに舵切ってきたなあ、カミツキレイニー。
設定からしてシリーズ化を目論んでいるっぽいし、やはりラノベで生きていくにはそうならざるをえないか・・・。

2013/02/18 08:53

投稿元:ブクログ

いろいろ納得がいかない部分もあるけど、何回も読み返して咀嚼しようと思う。どうも自分の読む本は、主人公のタイプが偏る(苦笑)←

2012/08/24 11:03

投稿元:ブクログ

悪役(ヴィランズ)に焦点を当てた絵本に纏わる物語。
まず表紙に目がいった。青い双眸に見つめられるその様はまるで本編よろしく、心を見透かされている――いや読まれているかのよう。
誰ものヒーローで在り続けようとした者。そのヒーローに憧れ、友達になろうとした者。ヒーローの大事な唯一の家族――。

そして、それを歪み、壊していく『絵本』。

一つ一つが重要なファクターで、それが絶妙に絡み合い、不協和音を奏でながら、物語を構成・展開していく様はすごいと思った。

何より、文章構成が巧いため、非常に読みやすい。

最後の展開もちょっと奇をてらうものだったと個人的には思います。。これ以上は過剰なネタバレになってしまうので伏せるけど、これはぜひみんなにも読んで欲しい作品です。

一応現代異能バトルものだけど、バトルシーンが主軸ではなくてあくまで『物語』が基盤なので、『絵本』の所有者の葛藤する様を感じて欲しいです。

2012/09/19 22:47

投稿元:ブクログ

学園ものダークメルヘン

意図せずに買ったんだけど
読んだことのある作者だった!
『こうして彼は屋上を燃やすことにした』
→ http://booklog.jp/users/skyufo/archives/1/4094512705

よく知る童話に残酷な一面があるというのは多々ある話だけれど
その絵本のシリーズは憂鬱で残酷な結末ばかりが描かれた「決して読んではいけない絵本」
何故ならその本の悪役(ヴィランズ)に
取り込まれてしまうから……

普通の高校生だった主人公の周りで
失踪事件が相次ぐ
消えたのは2人の女子中学生と、
ただ一人の親友の青年

そんな彼の前に『読み手』と呼ばれる異能力の使い手が現れて
その日常は更にダークメルヘン街道へと迷い込む





童話が好きなので買うてみた
これからどんどんと話が膨らんでいく感じ

人の心の裏側を
考える

2012/12/15 01:17

投稿元:ブクログ

2巻が出るので積み本を崩したが、積んでたのが勿体無かった、ってくらいに楽しめた。
兼亮が赤ずきんを返却しないのがいい感じ。これからどんどんロリコン眼鏡キャラになっていくわけですね。

2012/08/30 23:12

投稿元:ブクログ

童話をモチーフにした学園異能バトル。

シリーズものの1巻らしい感じで、異能の解説やキャラの紹介を上手く挟みつつ、ストーリーも良い意味で分かりやすい展開で良かったと思う。

「本当は怖いグリム童話」的なネタを使うのであれば、もう少し作品の背景とか解釈なんかに踏み込んでほしかったなと。今作は「赤ずきん」がメインでしたけど、少女を襲う狼というモチーフの怖さがイマイチ伝わってこなかったですね。

とりあえず続刊に期待。

2012/08/21 15:20

投稿元:ブクログ

『こうして彼は屋上を燃やすことにした』のカミツキレイニー最新作。

前作と違って学園異能バトル?
って最初は思ったけどちょっと違う感じですかね。
絵本を使った異能設定といいお話のまとめ方といい、
ああ、なんかこんな感じの作家さんだったなと思う感じ。

所々たどたどしく感じる部分もありましたが、
読み終わってみると面白かったなぁと感じる。
やっぱ作風的に微妙に暗いんですが、
会話など笑っちゃう部分もありつつバランスは良かったかと。

ちょっと脇役を持て余してる感がありますが、
続編が出るようなので徐々にってイメージでしょうか?

とりあえず続編楽しみに待つくらいは面白かったです。

2012/08/26 15:59

投稿元:ブクログ

悪役の力を借りれる絵本を利用して盗まれた絵本を探す異能力バトルもの バトルものですが、バトルより独特の雰囲気を楽しむ系
魅力的な悪役の物語が魅力的にならないわけがおはなし 童話モチーフ美味しい

2012/12/01 22:27

投稿元:ブクログ

これは悪役の物語。話しの序盤、展開、設定が良かった!新鮮で読みやすかった。ヒーローとダークヒーロー、主役と悪役、ハッピーエンドとバッドエンド。これがこの作品の醍醐味であると思います。表と裏、プラスとマイナスのように正反対のものだけれど実はとても近くて少しのきっかけでどっちでもなれることを読んでいてふと思いました。そしてすべての原点にあるのが「絵本」。これからの展開が面白くなりそう。

ガガガ文庫 ランキング

ガガガ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む