サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

社会を変えるには(講談社現代新書)
社会を変えるには(講談社現代新書) 社会を変えるには(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 122件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/08/11
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/517p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-288168-5
  • 国内送料無料
新書

紙の本

社会を変えるには (講談社現代新書)

著者 小熊 英二 (著)

【新書大賞(2013)】いま日本でおきていることは、どういうことか。社会を変えるというのは、どういうことなのか。歴史的、社会構造的、思想的に考え、社会運動の新しい可能性を...

もっと見る

社会を変えるには (講談社現代新書)

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【新書大賞(2013)】いま日本でおきていることは、どういうことか。社会を変えるというのは、どういうことなのか。歴史的、社会構造的、思想的に考え、社会運動の新しい可能性を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小熊 英二

略歴
〈小熊英二〉1962年東京生まれ。東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程修了。慶應義塾大学総合政策学部教授。著書に「1968」「〈民主〉と〈愛国〉」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー122件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

アンガージュマン

2012/11/10 17:32

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yosh - この投稿者のレビュー一覧を見る

気鋭の社会学者小熊英二(おぐま えいじ)氏が書き下ろした、読み応え十分の「新書」である(「 」をつけたのは本書が500頁を超える大作だからで、優に単行本で出せる分量なのに敢えて新書で出したのは、価格を抑える為だろうか)。「3.11」以降脱原発のデモが数多く行われていることを受け、デモで社会は変わるのか?もし無理なら、変えるにはどうしたらいいのか?そもそも社会を変えるとはどういうことなのか?といった極めて素朴で、根源的で、重要な問いについて考えてみよう、というのが本書の趣旨である。
 話し言葉で書かれているから読み易いが、中身はこの上なく濃い。まず第1章で日本社会の現状を概観するが、この章が実に素晴らしい。大学の先生とはとても思えないほど、平易な語り口で大きな問題を分かり易く解説していて、この章だけでも本書を買う価値あり。第2・3章では社会運動の歴史を、第4~6章は民主主義の歴史を振り返り、第7章で視点をもう一度現代日本に戻す。
 読み終えて、何故本書が通常の社会学の本より遥かにとっつき易いかを考えてみた。語り口の易しさも勿論一つの理由だが、最大の理由は、筆者が市井の人々の姿勢・視点で書いているからだと思う。大学のセンセ方は、自分の為に、学会ムラという内輪・サークルの為に書くことが主目的となり、自分の研究が社会や市民とどう関わるのか、どのような形で社会・市民に還元できるのかを考慮しないことが往々にしてある。小熊氏は違う。自分も一市民であり、共に今日本で起きていることを考えていきましょう、どういうことが起きていてどう対応すればいいのかを一緒に議論していきましょう、という姿勢が一貫しているのである。反原発運動に積極的に参加――単なる支持ではない――する行動性からしても、「アンガージュマン」という懐かしい言葉を使いたくもなる。
 「もし本書の内容がいいと思ったら、私を講演に呼ぶより、読書会を開いて討論するほうが、本書で私が言いたかった趣旨に沿うと思います」とあとがきにあるように、今の日本社会を理解するための「思考や討論のたたき台」として、大きな示唆を与えられた書物である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素晴らしい

2012/11/19 01:01

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ターにいっ - この投稿者のレビュー一覧を見る

停滞しているように思える日本社会を変えるにはどうしたらよいのか考えるヒントを与えてくれる素晴らしい本である。
思想的にはかつて教科書的に知ったことを改めて思い返すような部分も多分にあるが、それもそれで今の時点で読むと新鮮に感じられる。今時点の思想のみ皮相的に追い回すことの多い昨今の文献に比して骨太で頼もしいと感じられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

作り作られる

2013/09/23 01:16

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:英現堂 - この投稿者のレビュー一覧を見る

<工業化社会からポスト工業化社会へ>という視点から現在日本の社会状況分析と社会運動の歴史をしめす。
 またそれだけにとどまらず、これまでの世界の科学、哲学も含めてすべてを解説してやろうという意気込みにあふれた本になっている。
 かと言って難解なものではなく、個々の学説もわかりやすく説明している。少々分厚い新書であるが、この社会を大掴みに知ることができる。
 で、こんな社会を変えるには?てことなんであるが、やはり自分が動くということ。デモに参加することもその1つであろうが、自分で社会を作ることは楽しいということを先ず言いたいんだろうな。我慢してないで、自分で行動を起こせばやりたいことができる。その方が楽しいよ、と。
 しかしそれは当初自分で考えた思い通りのものではなく、著者のいう<再帰性が増大している><作り作られる社会>であることがポイントかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/07/31 02:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/07 23:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/19 19:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/05 09:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/19 16:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/24 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/18 13:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/25 18:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/16 17:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/31 00:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/17 01:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/02 12:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む