サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 3・11から考える「この国のかたち」 東北学を再建する

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

3・11から考える「この国のかたち」 東北学を再建する(新潮選書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/09/27
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮選書
  • サイズ:20cm/202p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-603716-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

3・11から考える「この国のかたち」 東北学を再建する (新潮選書)

著者 赤坂 憲雄 (著)

津波から逃れた縄文貝塚、名勝松島の変貌、原発、再び潟に戻ったムラの風景…。東日本大震災によって大きな被害を受けた東北の土地の記憶を掘り返し、近代の残像を探りつつ、剝き出し...

もっと見る

3・11から考える「この国のかたち」 東北学を再建する (新潮選書)

1,296(税込)

3・11から考える「この国のかたち」―東北学を再建する―(新潮選書)

1,037 (税込)

3・11から考える「この国のかたち」―東北学を再建する―(新潮選書)

ポイント :9pt / 紙の本より259おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

津波から逃れた縄文貝塚、名勝松島の変貌、原発、再び潟に戻ったムラの風景…。東日本大震災によって大きな被害を受けた東北の土地の記憶を掘り返し、近代の残像を探りつつ、剝き出しの海辺に「将来の日本」を見出す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

赤坂 憲雄

略歴
〈赤坂憲雄〉東京大学文学部卒業。学習院大学教授。福島県立博物館館長、遠野文化研究センター所長。「岡本太郎の見た日本」でドゥマゴ文学賞、芸術選奨文部科学大臣賞(評論等部門)受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2013/06/19 16:35

投稿元:ブクログ

前半の「新章東北学」が素晴らしい。著者はご自分のことを中途半端なフィールドワーカーと言うが、それは専門職だからこそ言いうる。その謙遜、ある意味での沈黙こそが本書を豊穣なものにしている。

後半は、民俗学がベース。前半との重複も散見される。

・そこで見たこと、感じたこと、考えたことを起点にして、これからの表現がはじまるはず。
・時給300円の仕事場。もの作りの拠点の現実。
・原発から自然エネルギーへの転換は、東京一極集中の中央集権的なシステムを地域が主役となる地域分権型のシステムへ変えることにつながっている。
・「までい」。汚染の中にというのではなくて、この困難な状況のなかに踏みとどまって、覚悟を決めて、すべてを引き受けようとしている。
・分断のラインは幻想的。グラデーションの中に無理やり裂け目をいれて、あちらとこちらを分断する。
・犠牲者の2/3が60才以上の高齢者だった。
・世代間の対立。個と家、ムラ。
・「どんな発現にも敬意を持って耳を傾けよう」
・一本の線で自然と人間を分けられるという建築や土木の手法は間違いだった。
・所有と入会。新しい公共のモデル。
・「大丈夫だ、きっと立ち直るから」

2012/10/09 11:14

投稿元:ブクログ

 東北学の赤坂先生の被災地をめぐる軽いエッセイ。

 ときどき光る言葉あり。

(1)この泥の海に回帰した干拓地をいかに復興するか。誰もが描く水田への復旧のシナリオには、すでにリアリティが失われていることを、あきらかにしておく必要がある。(p195)

(2)民族芸能はなぜこれほどまでに素早い復興をとげることになったのか。おそらく、東北の夏の祭りや民族芸能が、多くは鎮魂、供養、そして厄払いをテーマとしていることと深いかかわりがあるにちがいない。(p160)

(3)被災地の現実はこの国の未来図です。(p66)

 復興に苦しむ東北のことは、いつか全国でもっと高齢化が進み経済力が衰退している日本が直面する課題だと思って取り組もう。

2014/03/30 14:30

投稿元:ブクログ

やっぱり赤坂憲雄と相場英雄を組み合わせさせてみたい。と、つい考えてしまう。東北の「外」から東北と関わる、その場所からなにがしかの言葉を発信する行為。あ、宇都宮裕三さんもだ。

2013/04/28 03:20

投稿元:ブクログ

非常に読みやすい文体で書かれていて、さらっと読めます。

時々胸につまるような体験者の記録が書かれている。
時が流れるにつれて、薄れていく被災地の記憶は、風化ではなく浄化で
あるべきだという一文に気を惹かれた。
浄化の意味で忘れていくことは、決して罪ではない。
被災地に限らず、誰かを喪った体験を持つすべての人に、
訴えるものがある本だと思いました。

新潮選書 ランキング

新潮選書のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む