サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. やがて魔剱のアリスベル 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

やがて魔剱のアリスベル 1(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.9 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 取扱開始日:2012/09/06
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/363p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-886898-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

やがて魔剱のアリスベル 1 (電撃文庫)

著者 赤松 中学 (著)

―現代日本。社会の闇には『異能』と呼ばれる者たちが潜み、互いに超常の戦いを繰り広げていた。超能力者、魔法少女、先端科学を操る天才児―異能の少年少女を集め、秘密裡に隔離教育...

もっと見る

やがて魔剱のアリスベル 1 (電撃文庫)

637(税込)

やがて魔剱のアリスベル

637(税込)

やがて魔剱のアリスベル

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「やがて魔剱のアリスベル 1」が含まれるセット商品

やがて魔剱のアリスベル (電撃文庫) 6巻セット(電撃文庫)

やがて魔剱のアリスベル (電撃文庫) 6巻セット

商品説明

―現代日本。社会の闇には『異能』と呼ばれる者たちが潜み、互いに超常の戦いを繰り広げていた。超能力者、魔法少女、先端科学を操る天才児―異能の少年少女を集め、秘密裡に隔離教育する高校、『居鳳高』。そこに自分の能力すら知らずに入学させられた静刃は、魔女クラスの優等生・黒髪ツインテールの美少女アリスベルと出会う。ケンカしながらも共闘し始めた2人は“恋心を喰い、異能の武器を産む”美人妖怪・貘との奇妙な三角関係に陥り…―恋と闘争の日々が、今、始まる。【「BOOK」データベースの商品解説】

現代日本。社会の闇には「異能」と呼ばれる者たちが潜み、超常の戦いを繰り広げていた。異能の少年少女を集め、秘密裡に隔離教育する高校・居鳳高に入学させられた静刃は、魔女クラスの優等生美少女・アリスベルと出会い…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価2.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2012/09/17 21:58

投稿元:ブクログ

後半の熱い展開と、修羅場なラブコメ部分がよかった。
しかし、上手く言えないんだが、なんかこう、前半は乗り切れないような感じがあった。
面白かった! というよりは、バトルとラブコメを両立させるために作者は色々考えたなあという印象。
設定がちょっと色々多かったのかもしれない。なので、それらを出し切ったあとの2巻は、もしかしたら面白くなるのかもしれない。

2014/03/20 13:24

投稿元:ブクログ

入学した学校で初日にいきなり命を狙われる.
肩を外され腕を切り落とされそうになる.
そんな感じでいきなり学園異能バトルへ.

やっぱり俺,赤松中学さんの文章は苦手だな.
何が,とか何処が,とかうまく言語化出来ないけど
肌に合わない?脳に合わない?目に合わない?
なんかそんな雰囲気で.
まぁ,伝わろうと伝わるまいとどっちでも良いんだけど.

2012/11/28 11:33

投稿元:ブクログ

 良くも悪くも普通の異能ラノベである。故に評価は3にした。ただし個人的には決して嫌いではない。むしろ好ましいと思う。
 まあ、同作者がMF文庫で出している『緋弾のアリア』に比べると、一巻時点での設定が多く、本が厚めなのも相まってか前半の疾走感に欠けるという気はする。全体的に面白いかどうかは別として異能ラノベの典型的な見本みたいだな、という印象が漂う作品である。
 ぶっちゃけ『緋弾のアリア』を読んでる人間なら「これって基本的に緋弾のアリアと同じようなものだよな。ほとんど変わってねえ」とか思う作品でもある。例えばメインにツンデレがいてサブにヤンデレや無口系がいるとか。

 あとこれだけは書いておくが『あとがきのあの一文は絶対的に蛇足』であると私は思う。実際読めば明らかに繋がっていると思わしき一文。具体的には明確に武偵という言葉や、人から聞いたという『完全に聞き覚えのある某台詞』が出たりするのだが、それでも私はこのあとがきさえなければもう少し楽しく読めたのになと思っている。
 何せ『他作品とリンクしている』という情報を作者が明言すると、ただでさえ全体的にアリア臭がするというのに、最終的な印象として単一作品でなく外伝になりかねない。
 あとがきから読む人間も当然いるので、レーベルすら違うという状況において、一巻でそれは絶対に避けるべきだったと思う。作者自身が明言すると矛盾を指摘されやすくなるのだが、果たしてどう整合性取っているのだろうか。

 ところで、この作者はやがてとか置いて”○○と呼ばれることになる”とかいう漫画などで長期連載とかやっている大物作家風の文章が好きなのだろうか……。

2012/11/08 10:40

投稿元:ブクログ

別作品の緋弾のアリアと割と似ているようなシナリオでした。インパクト等はあまり受けませんでしたが、少し読み続けていってもいいかも。

2012/10/01 20:42

投稿元:ブクログ

緋弾のアリアで有名な赤松さんの電撃初作品。
アリアの世界とリンクしているということで、
アリアのキャラクターの名前や、香港でのあの団体名が出てきます。
おもわず、「おっ……」と感じることもしばしば。
内容としては、アリアと似たようなものです。
あの世界を生きている別キャラクターと考えていただければわかいやすいかと。
スピンオフという形式に近いかもしれませんね。
(ある作品における脇役を主人公に据えて描いた外伝的な作品のこと。 
アリアと違って、1巻につぎ込みすぎなような気がします。
3キャラクターとの絡みを終わらせてしまうため、回想シーンが3キャラクター分入ったりと、
うーんと思わずくどいかな? と感じてしまいました。
二巻ぐらいに分けても良かったんじゃないかなぁと。
その影響か、キャラクターに感情が入りにくい印象。
今後の盛り上がりに期待。

2013/04/04 23:01

投稿元:ブクログ

緋弾のアリアの赤松中学氏が別レーベル(電撃文庫)で送る新シリーズ。
世界観は緋弾のアリアと同一で、設定なんかも共有している。
文体もアリアとほぼ一緒。物語の全体的な雰囲気もよく似ている。
個人的には、緋弾のアリアのアナザーワールド、焼き直しにしか見えない。
その分、アリアが好きな読者は安心して楽しめると思われる。
好きなライトノベル第三位にアリアを挙げている俺としても、当然楽しめる。
ただ、こんなアリアの焼き直しを他出版社で出す暇があるなら、アリアの続きを早く書いて欲しいというのが切実で正直な感想だったりする。
読了。
やっぱりどう見てもアリアの焼き直しだった。
作者が「緋弾のアリア」で確立した、独特の文章表現が完全に流用されている。
※アストロノトのときはこれほど独特な文章ではなかった。
主人公の静刃も、独白や心理思考がまんま遠山キンジだったりする。
作品的な長所と短所も「緋弾のアリア」とまるかぶり。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む