サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ソクラテスの弁明

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ソクラテスの弁明(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/09/07
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/216p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75256-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ソクラテスの弁明 (光文社古典新訳文庫)

著者 プラトン (著),納富 信留 (訳)

不敬神の罪で告発されたソクラテスは、法廷で自らの罪状への弁明を述べ、哲学者としての生を弁証し、死刑判決後、最期のことばを遺す。ソクラテスの裁判、そして生と死の真実を後世に...

もっと見る

ソクラテスの弁明 (光文社古典新訳文庫)

972(税込)

ソクラテスの弁明

918(税込)

ソクラテスの弁明

ポイント :8pt / 紙の本より54おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

不敬神の罪で告発されたソクラテスは、法廷で自らの罪状への弁明を述べ、哲学者としての生を弁証し、死刑判決後、最期のことばを遺す。ソクラテスの裁判、そして生と死の真実を後世に伝えたプラトン対話篇の最高傑作。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ソクラテスの弁明

2016/10/18 22:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:NAOKI - この投稿者のレビュー一覧を見る

思想史を勉強中に、古代ギリシア思想の理解を深めたく手に取った一冊。“ソクラテス裁判”の様子が弟子プラトンによって描かれている。ソクラテスによる他者への論駁は、絶対的な神から与えられた「人間的な知恵」への探求活動であり、「不知」の認識によって為されるもの。現代で言う「知ったかぶりはダメ!ちゃんと(本質まで)知っていますか?」というもので、至極当然な問いではあったものの、ソクラテスのその真っ当なやり方が、無知蒙昧(言い過ぎ?)な市民の反感を買う。この対比が面白い。解説とプラトン対話編への案内も充実している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/16 08:56

投稿元:ブクログ

ソクラテスの裁判とは何だったのか?ソクラテス の生と死は何だったのか?その真実を、プラトン は「哲学」として後世に伝える。シリーズ第3 弾。プラトン対話篇の最高傑作。

2014/02/07 00:19

投稿元:ブクログ

友人からのお勧めで読みました。
ソクラテス文学(哲学)はまぁ有名なので常識的な範囲では知ってたけど実際読むのは初。

この本はソクラテス(プラトン)入門という感じですね。
新訳で読みやすいし、解説もしっかりしてて理解が深まります。

知とは
正義とは
善く生きるとは

西洋哲学のスタートであり根っことなった哲学的なテーマが扱われてますが、
裁判を舞台とした対話形式なので読みやすい。

面白かったのは、「無知の知」についての解説。
非常に有名な概念だし、意味するところはわりと理解しやすいと思ってたんだけど、この言葉自体が誤解を招きやすい、と。

ソクラテスが繰り返し表明するのは「知らないと思っている」ということであり、無知の知ということばから導かれるような「無知を知っている」とは態度がまったく違うという指摘。
けっきょく自分はあなたの知らないことを知っている、と言ってしまっては意味がなく、あくまでも「知らない」という謙虚な態度こそが「知」を求めるということである。

これはものすごい納得した。

「真実を語る」というソクラテスの言葉が、ただ語りの内容のみではなくその聴衆の態度反発やその結果導かれる死刑という判決まで含めた「真実」である、などこういう仕掛け的なすごさや気付きもあったけど、無知の知の捉え方の方が感動。

もう1個おすすめされてる「ゴルギアス」も面白そうなんで読んでみようかと思います。

2012/10/21 00:52

投稿元:ブクログ

 この作品は、プラトン作品の中でも、厳密な論理展開で相手を煙に巻く、ソクラテスの得意な対話・論駁の場面が少なく、その意味ではとても読みやすく理解しやすい。しかし、メレトスとのやり取りだけでも、ソクラテスがなぜ裁判にかけられて死刑に処されなかったのかわかるくらい、彼の底意地の悪さがわかる(あるいは、ソフィストは皆このような話しぶりであったのか)。

 日本人がこの作品に格好良さを感じるのだとすれば、それは邪気眼的なものであって、善き生き方に対する共感ではないように思う。西洋においては特に、ペルソナの下に隠れた本音を見せるのは恥ずべきこととされており、社会においてふさわしい所作を身につけることが当然とされている。そのような文化においては、ソクラテスのやっていることは、社会的な身の振り方を意識するあまり、抑圧され無意識に追いやられてしまっている自分自身を知ろうと努力すること、ユング風にいえばアニマ・アニムスを発展させ、自己をよりよく知ることの指摘に他ならないであろう。そして、その指摘の重要性も明白である。
 翻って、日本おいてはどうかといえば、建前と本音(実際は疑似本音)を使い分け、要領よく生きることが美徳とされている。本音を漏らす場面を設けてガス抜きし、無知のままに生きることが奨励される。無知という点では西洋と全く同じであるが、日本人の場合は、すでにして知らないと思っているのである。このような社会では、真っ向から真理探究の重要性を指摘することは、本音を語ることと混同され、子供の戯れごとと解され、苦笑のうちに、ここは建前をいう場であるから慎むようにと、諭されるのがせいぜいである。諭された側としては、道化に徹する他、道はない。本書を読んで、本気で怒りを感じる日本人がいるであろうか。したがって、ソクラテスのやっていることは、勘違いの正義感に基づくヒロイズムでしかなく、そうした行動に思いを馳せるのは強き者への追従による陶酔感に他ならない。

 本書の内容は、良く知られるデルフォイの信託を受けて対話をして回っていた様子などがソクラテス自身によって語られる。前々から疑問に思っていたのだが、なぜソクラテスが追放刑を選ばなかったのかについて、今回ようやく疑問が解けた。ソクラテスを追放して、他のポリスで対話を続けさせることは、アテナイの人々の目を問題からそらすことであるし、それだけでなく、他のポリスに対して害悪をなすことでもある。それは悪に他ならない。また、一度問題が回避されれば、永久に回避し続けられることになりかねない。したがって、ソクラテスはアテナイの人々が自発的に真理の探究に取り組み、善く生きることを選択しない限り、自身が死ぬことで問題の不可避性を示さなければならなかったのである。

 本書の日本語訳については、格別読みやすいかというと、プラトンの著書の場合、その読みにくさは論理の厳密さにあるのであって、判断が難しい。しかし、詳細な注釈と解説で、きちんと議論を追っていけば必ず内容を理解できるようになっている。また、巻末にはプラトンの著書の読書案内がついており、自身の関心と照らし合わせながらプラトンの他���諸作へ読み進む際の参考となる。
 最後に、訳者のこだわりである「無知の知」が誤訳であるとの提起であるが、私は原語を解さないので本当のところはよくわからない。しかし、訳者のように「知っていること」を「明確な根拠をもって真理を把握している」と定義するならば、「知らないということを知っている」ことが、「知っていると思っている」と同様に「無知」に他ならないというのは、もっともであると思う。あくまで、「不知を素朴に自覚している」と解すべきなのであろう。

2013/11/16 01:58

投稿元:ブクログ

弁明の邦訳、解説のほか、プラトン対話篇を読むための手引きもついているので、プラトンやソクラテスに興味があるといった方には特にオススメします。納富訳の特徴としては、写本に忠実であり、プラトン研究者の指摘する語句の削除や追加、変更などにはあまり従わない傾向にある、といったところでしょうか。

2017/01/09 22:01

投稿元:ブクログ

昔学生のころ絶対に読んだのだが。(読んだことだけは
覚えているのだが)全く覚えていないもので。
大まかな内容は当然しっているのだが、詳細は全く
思い出せなかってです。でもまた読めてよかったと思います。
光文社のこの文庫シリーズは非常にいいと思うので、
もっと多くの古典を新訳で発売してほしいと思います。

ソクラテスの無知の(知)恥の本来の意味合いが、
少しわかったような気がします。

2015/12/20 18:59

投稿元:ブクログ

フィロソフィア:「智を愛する」とはどういうことか。ソクラテスはその命を懸けて証明した。わかりやすい。





 ソクラテスも知識人らしく、他人の気持ちを読めない空気を読めないアスペルガーっぽい所があったっポイな。でも、他社に迎合しないその姿勢は、高潔で、勇気があるようで、強い意志を感じる。
 しかし、それだけでもなかったんだろうな。やっぱり対人関係が不自由だったんだろうな。でもそれゆえに死ぬことになった。


 ソクラテスが最も愚かと言ったのは、「無知の恥」
 知ったかぶりの人間ほど醜い物はない。「智識は無限」である。どんな知者でも、何でもは知らない。知っていることだけを知っているのである。羽川翼もそう言っている。持てる知識の多少をひけらかすのは愚か。謙虚に自分の知識を増やし続けること、学びを愛することが正しい態度。
 「無知の智」を自覚しよう。学び続けよう。


 

2012/12/23 20:29

投稿元:ブクログ

解説がいい。見逃しがちなポイントが照らされている。

無知の知、なんてソクラテスは一度も言っていない。
無知の認識、あるいは無知の疑惑を自覚しているだけ。
自分は無知なのではないか?という疑いを抱いて、本当かどうか確かめるため、色々な人に尋ねて回る。
それが結果的に他者の無知を暴くことになり、嫌われ、疎まれる。
確かに、嫌われるでしょうねー。
弁明でも、全く主張をまげず、挑発的ですらある。

昔からの批判に対する弁明が今でも古びない主張。後はおまけで、時代背景を感じさせるピントはずれな弁明。神関係ないし、政治家にならない理由なんて知りたくはない。

2015/11/20 22:11

投稿元:ブクログ

岩波文庫版に親しんで、よく知っていると思っていたけど、それ自体がとんでもない間違い、まさに無知であったことがわかりました、この新訳と充実した解説を読んで。無限に続く真理の探究、知を愛し求める哲学の実践、飽くなき自己吟味と魂への配慮にまさに命を賭した一人の人間が、自己の生死のかかった裁判で、人々に人間として生きることの意味を問い続けます。
本書はまさに人類の宝というべき古典だったのです。

2014/04/20 16:13

投稿元:ブクログ

ずいぶん前に岩波文庫版を読んだが、その時は、ソクラテスの偉そうな物言いばかりにひっかかり、むしろ聴衆側に感情移入してしまった。それに比べてこの新訳は、現代の普通の語り言葉で訳されていて、ソクラテスのセリフを必要以上に尊大に感じさせたりしない。で、今回感じたのは、ソクラテスが市民の多くから反感を買われているのをひしひしと感じながら、飽くまで、ポリスの法の枠を守りつつ、自分の立場を人びとに必死に伝えようとしている姿である。今回はソクラテスに感情移入した。

2012/10/10 06:53

投稿元:ブクログ

ソクラテスの弁論は素晴らしいと思わされた。
極めて理論的かつ戦略的に組み立てられた弁論で、実際に自分が訴えられていること(新しい批判)に対しては軽く論駁、古くからの批判、つまり自分が神の教えに従ってソクラテスは知者であるということはどういうことかを知ろうとした行為、その中で多くの知者とされている人を論駁してきたその恨みに対して弁明をする。
この行為は当時の裁判においては例外的で最後まで自己は悪くない、善き行ないを成したのだという自身に見た溢れた姿であった。

なるほど西洋ではこれほどの理知的な思考が古代の日本が原子文明であった時から脈々と受け継がれているのかと感動すら覚えた。

追記的に書いておくがこの本は非常に読みやすく、古典における翻訳が大変読みやすさに影響を与えているなぁと思った一作でもある。

2015/02/17 13:33

投稿元:ブクログ

今から約二千五百年前、反感を買っていた人々から「ソクラテスはゼウス神を信じておらず、亜教の神々を信じるようにギリシャの若者をたぶらかしており、公衆秩序を混乱させている」という罪で裁判所での弁明を余儀なくされる。
そこでの語りを後に弟子だったプラトンが物語にしたのがこの本であるとのこと。
ソクラテスは「私は無知の智を知っている」と言っているが、果たしてそうだったのか?と疑問が浮かんできた。ソクラテスは対立する人々から怒りや恨みをかっていたのはわかっていたが、その心を理解できていないことに気づいていないように思う。確かに腐敗した政治家や権力者がいただろうし、生死を賭けて自身の正義を貫き通す姿に共感を覚える人もいるだろうが、私にはその弁明がさらなる亀裂を作るような痛々しさを増幅させているようにしか感じられなった。裁判員は500程。30票差で死刑が宣告される。もう一度智とは一体何なのかを考えさせられるきっかけとなった。

2013/08/31 01:26

投稿元:ブクログ

○この本を一言で表すと?
 ソクラテスが裁判を受け、死刑判決を受ける過程を土台にソクラテスの業績を紹介する本


○考えたこと
・実際の裁判の内容ではなくプラトンが考えたフィクションということですが、ソクラテスがどのような立場に置かれ、どのような態度で裁判に臨み、どのような弁明をして、どのようにその結果を受け止めたかが分かりやすく書かれていたと思います。

・当時の裁判で有効な弁明ではなく、裁判の対象外になっている過去の行いへの弁明から始め、実際に裁判の対象になっていることの弁明を進めているのは、ソクラテス自身が考えている善に忠実でありたいと考える思いから来ているのかなと思いました。(第一部 告白への弁明)

・過去への弁明の中で、他人に議論をふっかけて過ちを正すという人によれば有難迷惑だと思われそうなことを行っていた動機がそれらの人のため、そして神に告げられた使命だとしていることとしていました。(第一部 告白への弁明)

・裁判で実際に訴えられている「若者を堕落させようとしていること」「ポリスの神を信じず全く別の神を信じていること」についても、前者についてはそのメリットがなく、またそのインセンティブがないこと、後者については自身の信じている鬼神(ダイモーン)がポリスの神を前提としたものであり、ポリスの神を信じていないはずがないこととしていました。(第一部 告白への弁明)

・全体を通してもソクラテスの弁明が罪を逃れようとするものではなく、自身の意見を自分を裁判しようとする者にも伝えようという気概が伝わってきました。(第一部 告白への弁明)

・自身の罪がないことから自身への刑罰を豪華な食事としていること、その主張によってソクラテスを無罪と判断していたものも死刑に投票しているらしい差が開いていることは、ソクラテスの頑固なほどの一貫性を感じました。(第二部 刑罰への提案)

・死刑という結果で裁判が終わった後で泣きごとではなく周りの人への説教をして、「死を前にしたものは予言者になる」という謂れを基に自身の言葉に説得力を持たせようとしているのはある意味タダでは転ばないな思いました。(第三部 判決後のコメント)

・ソクラテスが求めていたのは「無知の知」ではなく「不知」だったというのは定義が細かいですが、積極的な「無知の知(知らないということを知る)」ではなく、事実として「知らないと思う」ということを認めるというように定義が分かれると確かにソクラテスの態度は後者だなと思いました。(解説)

・恥や不正を死より怖れていたというのは、善を求めていたソクラテスらしいなと思いました。自身を裁く場でも行動方針を変えず、他者の魂を救うための論説を行ったソクラテスの一貫性は凄みがあるなと思いました。(解説)

・プラトンの著作の多さとその語る内容の多様さはすごいなと思いました。良い教師の下にいたかもしれないですが、自身でこれだけの考察を行い、文章に落とし込めるというのはそれだけで才能と言える気がします。(プラトン対話篇を読むために)

2013/03/17 15:16

投稿元:ブクログ

ソクラテスが裁判をかけられた時に語った文章。ソクラテスの考えに触れることで、自分の考えを見直すきっかけになる。

2013/04/14 09:44

投稿元:ブクログ

・かつて岩波文庫の久保勉訳で読んだことがあるが、それよりも格段に読みやすい。もちろん格調高い久保氏の翻訳が果たした功績は尊重されるべきと思うが、教養主義の時代が終わった今、難解な哲学書を平易な日本語に訳しなおす時期にきているのだと思う。この新訳の誕生を素直に喜びたい。

・ただ、スラスラ読めてしまうだけに、ソクラテスの主張を「判ったつもり」になってしまうのが唯一の難点だ(「無知の自覚」を促したソクラテス先生に申し訳が立たない)。しかし、誤読・誤解しやすい箇所は訳者解説で丁寧に注意喚起されていて、訳文といい解説といい、本当に心が行き届いていると思う。

・原告からの死刑求刑に対して、被告人ソクラテスが「自分は何も悪いことはしていない。むしろ善いことをしたのだからメシを食わせろ」と放言するくだりなどは、とんでもなく滑稽な場面であり、喜劇的ですらある。思えば、ソクラテス裁判自体が、全体を通じて、ソクラテスが弁明すれば弁明するほど裁判員の反感を買って死刑に近づいていくという一種の喜劇的な構造を持っていることに、今さらながら気がついた。

・ソクラテスの死を単なる一面的な悲劇として取り上げるのではなく、多面的な悲喜劇として描き切ったプラトンの文学的力量は流石だ、とも思う。