サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 孤独な散歩者の夢想

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

孤独な散歩者の夢想(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/09/07
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/325p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75257-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

孤独な散歩者の夢想 (光文社古典新訳文庫)

著者 ルソー (著),永田 千奈 (訳)

「思索」ではなく、「夢想」に身をゆだねたその真意は? 晩年、孤独を強いられたルソーが、日々の散歩のなかで浮かび上がる想念や印象をもとに、自らの生涯を省みながら自己との対話...

もっと見る

孤独な散歩者の夢想 (光文社古典新訳文庫)

1,069(税込)

孤独な散歩者の夢想

1,015(税込)

孤独な散歩者の夢想

ポイント :9pt / 紙の本より54おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「思索」ではなく、「夢想」に身をゆだねたその真意は? 晩年、孤独を強いられたルソーが、日々の散歩のなかで浮かび上がる想念や印象をもとに、自らの生涯を省みながら自己との対話を綴る。中山元による詳細な解説付き。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

晩年のルソーの孤独の中での夢想に基づいた10の哲学的エッセイ

2016/07/31 10:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、ルソーの執筆によるものですが、あまり世間には知られていない作品です。というのも、この作品は、彼の晩年に書かれたもので、彼の全盛期の頃とはかなり異なった内容となっています。晩年には孤独にさいなまれ、一人で散歩する中で、考えた、「思索」というよりも、むしろ「夢想」というべきものが10の物語として語られています。読んでいくうちに、最盛期の様々な作品とのつながりがぼんやりとみてくるのが読者にとっては本書を読む楽しみではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/06 15:45

投稿元:ブクログ

ここにいるのは人間ルソー。歴史上の偉大な人物ではなく、いや、でもありつつ等身大のルソーがいる。勘違いかもしれないけど、ここに書かれている感情、情動の多くは私でも体験したことがある。素晴らしい著作だなぁ。

2016/09/02 01:41

投稿元:ブクログ

ルソーたん!!!!私がいる!私がいるよーっ( ;∀;)!!!!と呼びかけてしまいたくなるほど冒頭から悲壮感漂う。栄光から一転、迫害を受けたルソーが自分の殻に閉じこもって書いた夢想の束。でも読み進めるにつれ、被害妄想の羅列と化していき、「わかった、わかった」と聞き流してしまいそうに(笑)けれど、ところどころにはっとさせられる言葉が散らばっており、「なぜ生きるかを知っている者は、どのように生きることにも耐える」というニーチェの言葉を思い出した。時代が彼に追いつくまでは、まだ少し時間が必要だった。次は『エミール』読もう。

2013/05/05 21:42

投稿元:ブクログ

愛に破れ世間から敵視され隠遁したルソーが書いたエッセイ。逆境でもなお心にハリを保つために、いつか読み返す機会があれば。
ルソーは世間に敵視されているものと完全に決め込んでいるが(実際にそうだったかは分からない)、それに比べたらいまの自分は世間が優しいと信じられていることは分かった。あれだけの迫害でここまで心の自由を保っているのなら、いわんや自分は……。でも、自分一人で完結しているのだと何とか無理やり言い聞かせているという気もしないでもない。

これも買っておきたい。

p.116 第五の散歩
だが、確固たる基盤を得て、魂がすべてをゆだね、過去や未来に思いを馳せることなく存在のすべてを今ここだけに結集させることが可能になるような状態というのはあるのかもしれない。時間を感じさせない状態。ただ現在だけがあり、その持続性も継続性も感じさせず、欠落も充足も、喜びも苦しみも、欲望も不安も感じず、ただ感じるのは自分の存在だけ、しかもその存在感だけで自分が満たされる状態。もし、そんな状態が続くならば、それを幸福と呼んでもいいだろう。ここで言う幸福とは、日々の快楽にあるような不完全で脆弱な相対的な幸福ではなく、充足した幸福、完璧な幸福、魂の中に埋めるべき空白を残さない本当の幸福である。[...]こんな境地にあるとき、人は何を楽しんでいるのか。自分の外にあるものはまったく関係ない。自分の内なるもの、自分自身そのものだけで十分なのだ。この幸せな環境が続く限り、自分が自分であることだけで神のように満足できるのだ。あらゆる雑多な感情から自由になったとき、それだけで穏やかに満ち足りた崇高な気持ちになれる。

p.128 第六の散歩
つまり、自分のもって生まれた傾向に従うこと、気が向いたときだけ「良いこと」をし、満足感に浸るということは、徳とはいえない。本当の徳とは、義務によって命じられたときに、自身の性向に抗ってでも、なすべき善をなすことにある。

p.157 第七の散歩
個人に関するもの、肉体の苦痛や快楽に関するものに本気で心を奪われることはない。瞑想や夢想において最も甘美な体験は、自分を忘れるときにのみ訪れる。私が言葉にならないほどの恍惚と陶酔を感じるのは、生命の大きな体系に溶け込み、自然そのものと一体になるような気がする、まさにそのときなのだ。人間が皆、兄弟のように思えたころは、地上の幸福を求めていた。[...]個人の幸福に心を動かされたことはなかった。だが、私を貶めることこそ、自分たちの幸福だと思い込む彼らの姿を見て、私は変わった。彼らを憎まずにいるには、彼らから逃げるしかなかった。私は「万物の母」である自然に助けを求めた。

p.184 第八の散歩
無実の罪で迫害された者は、大したものでもない自分の高慢な心を、いや、これは正義に対する純粋な気持ちなのだといつまでも思いたがる。だが、不穏な気持ちの本当の源がどこにあるか分かれば、それをもとから断ち切ること、せめてもの流れの方向を変えさせることは簡単だ。自尊心は、誇り高き魂にとって最大の動機となる。利己愛は、さまざまな幻想をかきたて、ただ自分が可愛いのではなく自尊心の問題な��だと嘘をつき、信じ込ませようとする。だが、その幻想を見破り、ひとたび利己愛を自覚することができれば、もう心配はない。

p.193-194
渡しの場合、外からの刺激が一瞬ごとに更新されていかない限り、苦しみが長続きすることはない。ほんの一瞬でも間があけば、私は自分を取り戻すことができる。私の感覚が彼らの攻撃に反応している限り、私は彼らのなすがままになっている。[...]他人が何をしようと、私の平常の姿はそこにある。それによって、私はどんな不運に襲われようと、自分にふさわしい幸福を味わうことができているのだ。[...]今の私を動揺させるのは、彼らがこの先まだ何か仕掛けてくるのではと案じる気持ちぐらいのものである。だが、たとえ彼らが新たな攻撃を仕掛けてきても、それによって永続的に心が乱れることはないと確信しているので、私は彼らの邪な策略な笑い飛ばし、彼らのことは忘れてひとり楽しく暮らすのである。

2013/02/28 13:58

投稿元:ブクログ

ルソーは、理性の時代を生きる人間としては、優しすぎた。直感的で、情け深い(そして妄想癖のある)ルソー。そんな「人間」ルソーの魅力を、本書が余すところなく伝えている。

2013/04/12 04:19

投稿元:ブクログ

ルソーでさえ、こんなこと思うんならわたしなんてどうしたら良いんだろう。
うまく孤独にもなれなくて、自意識ばかりが肥大している他人を見て、「ねえ!?あなたは普通!普通なんだよ!!」って言いたくなる。それは自分自身に対しての言葉でもある。
とてつもなくいたくて辛い。
そんな惨めな思い、誰だってするのだろう。ただ、こうやってルソーのように明確な言葉になんてとてもじゃ、ないけどできない。