サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マグダラで眠れ 2(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 取扱開始日:2012/10/09
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/335p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-886985-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

マグダラで眠れ 2 (電撃文庫)

著者 支倉 凍砂 (著)

異教徒最大の鉱山の町カザンに、近々入植があると気づいた錬金術師のクースラとウェランド。それは、工房のある町グルベッティが戦争の最前線ではなくなることを意味していた。二人は...

もっと見る

マグダラで眠れ 2 (電撃文庫)

616(税込)

マグダラで眠れII

616(税込)

マグダラで眠れII

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「マグダラで眠れ 2」が含まれるセット商品

マグダラで眠れ (電撃文庫) 8巻セット(電撃文庫)

マグダラで眠れ (電撃文庫) 8巻セット

商品説明

異教徒最大の鉱山の町カザンに、近々入植があると気づいた錬金術師のクースラとウェランド。それは、工房のある町グルベッティが戦争の最前線ではなくなることを意味していた。二人はなんとかカザン入植の波に乗るべく、手柄を立てようと画策する。そんな時、二人のもとに“伝説の金属ダマスカス鋼”の噂が舞い込んでくる。どうやら鍛冶屋組合の若き長である少女イリーネが、その金属の秘密を知っているというのだが―。眠らない錬金術師クースラと白い修道女フェネシスが紡ぐ、その「先」の世界を目指すファンタジー。シリーズ第2弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

異教徒最大の鉱山の町カザンに、近々入植があると気づいた錬金術師のクースラとウェランド。2人は何とか入植の波に乗るべく手柄を立てようと画策する。そんな時、彼らのもとに「伝説の金属ダマスカス鋼」の噂が舞い込み…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

目的を見失わないこと

2015/09/30 08:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

利子という意味の名を持つ錬金術師クースラは、同門の錬金術師ウェランドと共に、前任の錬金術師トーマス・ブランケットが殺害された事件にまつわる謎を解き明かし、グルベッティに理想の工房を得られたはずだった。しかし、アラン・ポーストの後任のエル・オトリスは、事件解決の報酬の一部を反故にし、悪びれない。
 それもそのはず、ウェランドが仕入れてきた情報によれば、前線は進行し、次の鉄火場はカザンに建てられることが決まったというのだ。つまり、グルベッティはもはや前線の街ではなくなり、二人の工房はろくに予算も回ってこない、ただの飼い殺しの場所になる。

 引き取ったウル・フェネシスをからかいつつも冶金を教えながら、いかにしてカザン第一次入植者になるべきかの方策を練るクースラたちの前に、鍛冶屋組合の組合長イリーナ・ブルナーがある特殊な金属の精錬方法を知っているというタレこみが入るのだった。

 クースラがフェネシスにイタズラする場面と、自分たちの夢をかなえるためになりふり構わず奔走する場面と、大きく二つに分かれて物語は進行する。今回その中核にいるのは、イリーナ・ブルナーという若き未亡人だ。彼女にいかにして秘密を吐き出させるか。緩急織り交ぜつつ追い詰めていくシーンは、緊迫感にあふれている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/24 19:38

投稿元:ブクログ

フェネシスのわん娘っぷりが可愛くて可愛くて。クースラが嗜虐心をそそられ、庇護欲にかられるのも若干分かる気がする。ちょいちょいやり返すことを試みだしたフェネシスだけど、それでもやっぱりあしらわれてしまう展開を所望します。今でもぶっちゃけやってることはほぼ終始イチャイチャだがな!ソペイテスさんに何ともいえない渋さ・かっこよさを感じた。

2012/11/25 14:52

投稿元:ブクログ

 この小説は舞台こそ中世風ではある。当然作中の技術もそれに基づいた(綿密な調査を踏まえたものであるのがよく分かる)程度のもの。けれど、登場人物たちが抱く求道者としての身を焦がすような思いは、現代の錬金術師である科学者・研究者が抱いているものと全く同じだ。技術や予算が集まる場所を求めること、スポンサーの気を引こうとすること、技術者連中と上手くやらなければならないこと、手の届かない夢を追い求めること、自分よりはるか優れた人間を見て歯噛みすること、実用性より真理を志向すること・・・この作品のファンタジー性というのはあくまで装飾であって、そもそもこれは科学者小説なのだろう。理系出身の筆者ならではだと思う。

 物語の内容に関しては、フェネシスが解を導き出すところが1巻と同様に見事だった。そのキャラならでは視点とか感情が新しい発想につながる、そしてその発想はそのキャラ無しに生まれ得ない。そういう構造を作るのが上手いなぁと。
 あと人間の心理や行動の傾向に対する深い洞察が随所に感じられるのも素晴らしい。行動経済学や心理学の本をよく読んだ上なのか、それとも人間観察を積み重ねたことで筆者の内部から生まれたものなのか。おそらく両方なんだろうけれど、こういうのを人間が描けているというのだろう。
 個人的な話をすれば、目的が見つからずふらふらおぼつかない足取りで歩いて、時に自暴自棄なふるまいもしてしまうフェネシスが自分に重なってしょうがなかった。(ケモミミ美少女におっさんが自分を投影するとか気持ち悪いことこの上ないな!)科学者の卵として錬金術師2人に感情移入してしまうのは当然とは言えるのかもしれない。でもフェネシスにまで・・・。なんというか自分との親和性が非常に高い小説だなと思う。

2014/11/30 10:23

投稿元:ブクログ

マグダラの2巻。
普段行く図書館にはおいてないので、1巻からだいぶ経ってしまいました。

ロレンスとホロのペアより、クースラとフェネシスのペアの方が初めからラブラブ度が高い感じがしますね。
クースラがいろんなちょっかいを出すあたり、フェネシスが可愛くて仕方がない感じです。
これからイリーネが仲間に加わることになると、2人の関係の変化とかも出てくるのかしら?
3巻も一緒に借りてるので、続きを読むのが楽しみです。

2013/06/29 19:25

投稿元:ブクログ

一巻目がなかなか硬派で面白かったので、二巻目も購入。
一巻以上に地味です!とても!(笑)
一巻はまだ最後にアクション的な意味での盛り上がりがあったのですが、この巻にはそういう派手さはありません。
言葉と言葉、意地と意地のぶつかり合いがひたすら描かれ、動きという意味ではとても地味です。
でもだからつまらないのか、と言われたらそういうわけでもない。

クースラの『ありとあらゆる手段を持って、目的の為に邁進する』姿勢は好きです。
そのためには、『か弱い乙女』を利用することも脅すことも多少の乱暴をはたらくことも厭わない。
性格悪いなこいつ、とは思いますが、性格が良くては生きてはいけない世の中であり、職業なんでしょう。
その中で、フェネシスの頑固な素直さは清涼剤です。
ただ、彼女も生まれ育ちのせいで色々と難儀な性格をしているのですが、それも少しずつ成長しているのが見ていてほほえましい。
ウェランドの『ウルちゃん』って呼び方可愛いなって思いました(笑)

しかし、暗喩隠喩まみれで文章がわかりにくいのは個性としても、ところどころ、『意味がわからない』箇所があるのは頂けない。
よく考えればわかる、のかもしれませんが、『それ』とか『これ』とかが何を指しているのか分かりにくいので、そこで流れが止まってしまう。
持ち味です、と言われたら、そうですかあ……としか言えませんが。
ただ、基本的に『よく考えないとわからない』その文章が世界を構築する上で重要な要素になっているのは間違いないかな、と思います。
何でもかんでも明かしてしまう『安易すぎて無味乾燥』な文章よりはよっぽどかみごたえがあって美味しいです。
三巻がどういう方向に転ぶのかわかりませんが、読んでみようと思います。

2012/10/29 23:29

投稿元:ブクログ

中世の錬金術師をイメージしたライトノベル第二巻。

やっぱり、狼と香辛料に比べると、どこか物足りなさを感じる。
が、コンセプトにずれがなく、面白い。


以降、雑感。

時に、他人を蹴落とし、脅し、嵌めてでも、
自分の目的(マグダラ)を追い求める姿というのは、
憧れ半分、呆れ半分。

けれども、成功している人や魅力的な背中を持っている人の多くは、
子供じみたマグダラを目指していた・・・。

2014/02/16 19:04

投稿元:ブクログ

理想郷が崩れ、新たな地を目指すために奔走する話。
ちょっと身につまされる。

日本刀の刃紋を思い出した。

2012/10/21 17:18

投稿元:ブクログ

支倉さんの新作第2巻!

一言で感想を言うならば!・・・まだまだ様子見の段階かな汗

やはりまだ最初の段階なので、人物の設定など、大まかな下地を作ってる印象
ただ、この下地が出来上がったとき、どんな物語が展開していくのだろうと思うと、ワクワクが止まらないです♪
随所にみられる作り込みの丁寧さが、その期待をさらに煽ります!

他のラノベのような派手さはないのかもしれないけども、安心して読める作品でした。

2012/11/10 12:41

投稿元:ブクログ

やはり狼と比べると…
狼の時は緊張感とその中でのホロ、ロレンスの本当に濃いやり取りが魅力的だったけど、マグダラではヒロインの弱さもあってやり取りも今一つ。
ストーリーもどうも分かりにくく、ヒロインの衣替えなど何の伏線にもなってないのでかえって混乱してしまった。

全体的に残念な感じ。次巻は読もうかどうか悩み中。

ところで、男性キャラクタのイラスト、顔の大きさと体がアンバランスで違和感を感じるのだけど。女性しか描き慣れていないのかな。

2012/10/28 20:54

投稿元:ブクログ

簡単にまとめると、現在の街が異教徒討伐の最前線であるがゆえに特権的な立場であったのに、その前線が別の街に移るためになんとかして主人公たちが騎士団に取り入る策を探る話である。

前巻では「錬金術が思ったよりも地味だな」と感じたが、今巻ではそもそも錬金術があまり登場しなかった。
それよりも街の人間とのやり取りがメインだったように感じる。
ともあれ次巻では舞台を移し、新たな仲間を迎え入れてのスタートになることだろう。
そして今後どのように物語が展開し、どのようにして主人公が「マグダラ」に至るのかが期待だ。

あと前巻でも思ったけど、主人公イケメンすぎるだろ…。

2013/02/15 23:25

投稿元:ブクログ

第2巻を読破。

前回のラストで順風満帆かと思われたクースラたち錬金術師ですが、世間はそう甘くなかった、と。

戦場の最前線だった町が、しばらくすると最前線ではなくなるかもしれない――という噂が届いて。

彼らが住む町が最前線でなくなると、クースラたちの研究もろくに出来ないわけで。

なので、クースラたちも新たな町へ入植するため、いろいろ試行錯誤するのです。

前任の錬金術師がかなりすご腕だったらしく、鉄の精錬もなかなかうまくいかなくて。

で、やっと見つけた“可能性”は伝説の金属・ダマスカス鋼を精錬する、というもの。

聖歌隊から引き取られたフェネシスも、すっかり錬金術師の見習いっぽくなってますねww

相変わらずクースラにからかわれているけれど。



でもなんかクースラの気持ちもわかるなあ、とか思ったり。

なんだかからかいたくなるよねww

真面目で素直だからなあ。

今回、クースラがちょっとうたた寝するシーンがありましたね。

ふむ、ということは別に眠らなくはない、ということか。

プロローグの灯りのやつ。

あれちょっと実物がほしいと思ってしまいました。

それくらい描写がすてきでした(*´▽`)

クースラとフェネシスのやり取りもすてき。

師匠と弟子というか、保護者と被保護者というか、恋人未満って感じもいいな、と。

ラスト方面では思わずニマニマ(・∀・)ニヤニヤしてしまいました。

さて、新しく鍛冶屋組合の組合長さんも仲間(?)になったことで、クースラたちは新しい町へ行けるのか。

第3巻の発売が楽しみですね。

2012/11/28 14:58

投稿元:ブクログ

2作目。

1作目ほどの緊張感はなかったが、それでも読ませる構成はなかなか。
最後はちょっと???だったが・・

また次作に期待。

2012/10/27 22:26

投稿元:ブクログ

第2巻。近々、戦争前線が移動すると聞きつけたクースラとウェランド。それは現工房の待遇低下を意味する。なんとかして新前線の好待遇な工房へと移動したい二人は、伝説の金属・ダマスカス鋼の秘密を暴き、それを手柄にチャンスをつかもうと画策するが――。
ダマスカス鋼の謎、フェリシスの成長(ほんの少しだけど)など、ハイライトも全部ひっくるめてまるまる一巻新天地への布石という感じでした。今後あの人はメンバーに加わるのか?いきなり新天地に移動するのか、それとも道中にもページを割くのか?まだまだ最終目標達成はなさそうだし、3巻を読んでみないと今後の方向性がつかめなさそうです。
そして、今巻では何よりクースラの非道っぷりとセクハラっぷりが印象に残りました(笑)間違いなく奴はドSだ。

2012/10/15 16:49

投稿元:ブクログ

錬金、製錬よりもドラマに重きを置いたかなと思った2巻です。
ダマスカス鋼の製造は個人的に知っていたこともあり、オチの予想はだいたいついてましたが、イリーネの人柄を見れたのは良かったです。

次巻も期待。

2012/12/08 12:33

投稿元:ブクログ

クースラひどい!!
手段のためとはいえ、イリーネさんをいじめるなーw

・・・・っていうのが、感想かな?

これからどうなのかかが、楽しみ。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む