サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 教育・学習参考書
  4. 菊池先生の「ことばシャワー」の奇跡 生きる力がつく授業

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

菊池先生の「ことばシャワー」の奇跡 生きる力がつく授業
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/10/03
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/229p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-217911-9
  • 国内送料無料

紙の本

菊池先生の「ことばシャワー」の奇跡 生きる力がつく授業

著者 菊池 省三 (著),関原 美和子 (著)

ことばを育てると心が育つ。心を育てたら人も育つ−。豊かなことばを育む「ことばシャワー・メソッド」を実践する菊池先生。彼が担任した6年1組の子どもたちがどのように成長したか...

もっと見る

菊池先生の「ことばシャワー」の奇跡 生きる力がつく授業

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ことばを育てると心が育つ。心を育てたら人も育つ−。豊かなことばを育む「ことばシャワー・メソッド」を実践する菊池先生。彼が担任した6年1組の子どもたちがどのように成長したかを紹介し、そのメソッドを説明する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

菊池 省三

略歴
〈菊池省三〉1959年愛媛県生まれ。北九州市立小倉中央小学校教諭。学級崩壊したクラスをこの20年でつぎつぎと再生。福岡県市民教育賞受賞。
〈関原美和子〉1964年東京都生まれ。教育ジャーナリスト。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2013/02/10 13:49

投稿元:ブクログ

 荒れた学級を建て直す、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」という番組でも紹介された、福岡の菊池先生の本。前半はルポルタージュ形式で、いじめもあり、だらだらしていた学級が1年間でどこまで成長するかを、ジャーナリストが記録したもの。後半は菊池先生自身による、「ことばシャワー・メソッド」、人が成長するための「ことばの授業」の紹介、解説。
 実はおれも「プロフェッショナル」を見ていて、教師のあるべき姿、出すべき成果を教えられた。本を読んでいても、実践や経験がよく分かるので、説得力がある。教師として人を動かすことばの力を改めて理解しないといけないし、子どもにことばを豊かにすることの大切さを指導しなければならないと思う。
 小学校の実践を、どうおれの学校に活かすのかという点で考えていたが、企業や大学でも実践されていることらしいので、よく考えてみようと思う。(13/02/08)

2012/12/30 15:46

投稿元:ブクログ

「ことば」の大切さを改めて思い出させてくれる一冊。
人と人は、「こどば」を通して関わりを持つ。
まず「ことば」を自覚的に使うことが大事。
自分の「ことば」を成長させていくためには、人とのかかわるための「ことば」を大事にして、成長させていかなければならない。
そのために必要なことは、きちんと聞くことである。
「ことば」を発している他人ときちんと向き合うことである。
正しく「ことば」の意味をとること。
「ことば」に興味を持つこと。
新しい「ことば」を自分の中にとりこんでいくことを怖れずに。

そんな今までの自分は、ここで、“リセッ”トしましょう。今から、自分のもてる力を発揮し、全力で勉強やさまざまな活動を頑張だけたちる人だけが教室に行きます。最高学年としてこれから、頑張る、という人だけ立ちなさい。 いっしょに頑張りましょう。

ことばを大切にした授業とは=聞く力、話す力、話し合う力を高める。

話す力=技術(内容+声+態度)×相手への思いやりP27

“集団”と“群れ”は違う

「恥ずかしい」と言ってなにもしないことを「恥ずかしい」という

最後の一人になっても堂々とする

知恵がない物がいくら頭をしぼっても知恵は出てこない。だから本を読もう、人と会おう。P30

「なくしたいことば」「あふれたいことば」

子どもたちは「名言」は与えられる者、遠い存在の人がつくるものだという捉え方をしていたけれど、自分たちにもつくれる体験をとおして得たのはとても大きな意味をもっていたはず。なぜなら子どもたちは、言葉を自覚的使い始めるようになるから。ことばの力を実感し、ことばを大切に使おう、ことばは自分を成長させてくれるものだからもっとたくさん知ろうと受けとめるようになってくれた。コミュニケーションがたりず、今までぶつかってきた子どもたちが、ことばをとおしておたがいを認めあえる集団になった。これこそが、学校で学び合う最も大切なことなのた。P80

「子どもがいるところに行くのが先生だ」P120

聞く力で身につけたい6つのこと
1相手の顔を見て話を聞ける
2笑顔で聞こうとする
3うなづいたり、あいづちを打ったりできる
4相手と意見が違っても最後まで聞こうとする
5相手に失礼がないような姿勢で聞く
6気配りができる
話す力で身につけたい6つのこと
1ちょうどよい声の大きさで話すことができる
2相手の聞きやすい早さで話すことができる
3短文で話すことができる
4詳しく話すことができる
5相手に合わせた話ができる
6楽しい話をしようとする
態度で身につけたい6つのこと
1明るい表情で会話ができる
2気持ちのいい態度で人と接することができる
3身振り手振りで伝えようとする
4握手などのスキンシップを進んでしようとする
5きもちのいい拍手をすすんでしようとする
6目線を合わせて会話しようとする

人が育つ「ことばの授業」基本編
1みんなの前で話せるようになるための準備
 楽しい雰囲気になる簡単な問いから
 最初は はい、いいえだけでもよい
 少し慣れたら、理由を三つ以上書きましょう、三分以内で5つ以上をめざしましょう
 短くてもよい
 声を出す練習~自分の名前を叫ぶ

2誰でもさくぶんが書けるようになる
 書けない子どもには代わりに書いてあげる
  具体的にしめす(テーマ)
 作文の基本は「事実+意見」=「したこと+思ったこと」~この1+1を増やしていく
 「3つあります」の書き出し形式
 
3自分らしい自己紹介ができるようになるまで
 自分を○○に例えると~

4なくしたいことば あふれたいことばの影響

なぜ子どもたちは粗暴なことばを使うのか、私は親がことばづかいに無関心だからということが大きな原因のひとつ
美しいことばづかいがよいということは「知識」としてしっているが、それが子どもの人間関係や生活態度、学習態度にどのように影響しているか、とまでは想いがいたらないのではP165

5ことばを増やす練習
なくしたいことばを多用するのは、語彙が少ないから。
自分の気持ちや感情を的確に表すことばが自分の引き出しの中にないから
 辞書を活用
 「今日のことば」を語りかける
 ~「幼いことば」を使うことがなくなりあたかも、ことばが本人を育てているという感じがするP170

応用編
1「ほめことばのショワー」が生み出す力
2「価値あることば」をみんなで考えよう
 子どもたちはことばへの興味や関心を高めていく
 *ことばが違えば意味が違うことを知った
 *自分の伝えたい感情に合ったことばを探そうとし始めた
 *適切でないことばの使い方を注意し始めた
 *新しいことばを獲得しようとする意識が高まった

3公と個をともに育てる「成長ノート」「私の本」
成長ノート=学級に共通の価値を育てる
私の本=個の表現力 価値観を育てる
私の本」は成長ノートが軌道に乗り始めたころから始める
  学習発展派
  新聞活用派
  テレビ活用派
  学級向上派
  イラスト活用派
  ~派

「今、読んでもいないのに、人に合わせて座った人がいるでしょう。恥ずかしい行為です。最後になっても、一人になっても正しいことをする。藤間さんのような『一人が美しい』人になるべきです」P183

4こどものつくった事典が出版された

5ディベートで体験した黄金の一分間
勉強には二種類ある
1与えられたことをきちんと理解して覚える勉強
2ディベートのように相手の意見
を予想して、無駄になるかもしれないけれど自分から調べて準備する勉強

一回戦で心が折れなかったこと
役に立たないかもしれないけれど自分から準備をしたこと

無駄になるかもしれないけれども勉強する。これは大人になってから大切なことです。正解がないことを相手とともに考えることがたくさんあるからです。

6新しい気付きが得られる「子ども熟議」
熟議=ディベートのような激しい議論ではなく、おたがいの意見の重ね合わせて新しい気付��や発見をしていく話し合い~ただ、意見を言えばいいのではなく、そこにいる人がみんな参加者になり、おたがいのよさを引き出し合い、新しい考えや納得した意見を導き出し合うことが大切

「成長」

http://plaza.rakuten.co.jp/kikuchis/

http://www.nhk.or.jp/professional/2012/0716/index.html

2013/12/12 17:24

投稿元:ブクログ

「ことばを使った活動」というと、読み書きといった基礎的な学力の上に成り立つと思っていた。しかし、そうではない、ことばの力が人間関係、学力の基礎になっていることに気付かせてくれた。

2013/02/04 12:56

投稿元:ブクログ

子どもたちの「伸びる力」と、
先生の「導きの力」、
そして学級という「場の力」の
大きさを、感じることができた一冊でした。

子どものコミュニケーション能力をどのように育てていくのか、「指導」という立場から丁寧に紹介されています。

「導き、育てる」とはこういうことなのかと、ただただ頭が下がる思いでいっぱいになりました。

私はソーシャルワーカーなので、この「指導」のあり方をそのまま用いることはありませんが、ソーシャルワーク的にアレンジして活用していきたいと思います。

学校って、すごいですね。

2012/11/26 08:23

投稿元:ブクログ

菊池先生は、話す力をこんな公式にあてはめて考えている。
話す力=技術(内容+声+態度)×相手への思いやり 
「相手への思いやりが」0だったら、話す力は0になってしまう。

良いことばであふれた教室が、相手のことを思いやり、自信のあるこどもを育てる。子供たちが成長していく姿を通じて、「よい言葉」の大切さを再度認識した。これは、学校だけじゃない、家庭でも、職場でもできること。

と思いつつも、いつもは「悪い言葉」ばっかり吐いてないか?>自分 あちゃ~(+_+)
いやいや、今日から変えて行こう(^^)

2014/08/27 23:04

投稿元:ブクログ

教育書を読んでいて、はじめて泣きそうになりました。喜びで涙を流す子どもの気持ちを想像し、教室は素晴らしいところだと再確認しました。
だれにとっても素晴らしい場所にするためには、教師の本気にかかっていると思いました。どれだけ子どもを大切に思い、信じ、導いてあげられるか。教師の本気が子どもの心に届いたとき、凄まじい成長のエネルギーが生まれるのでしょう。
精神論+方法論 のバランスを大切にして、子どもたちと向き合いたいと思います。
・価値語を増やす。
・テーマを与え、語彙自体を増やす。
・ほめる。事実+意見
・認め合える集団に。
・聞く・話す練習ゲームを。
・正しい叱られ方。

「昨日より今日、今日より明日」という項目があった。これに近い言葉で「昨日より今日、今日より明日へのふくらみを」という言葉がある。これは、わたしが小学生のときの学校の標語である。卒業して10年近いが、この言葉を久しぶりに思い出した。この考えは、わたしが小学生のころに出会った価値語である。これからはもっとこの言葉を大切にしていきたいと思います。

2012/10/06 13:15

投稿元:ブクログ

ずっと読みたいと思っていた本。まだ途中までしか読んでませんが、一行ごとに感動しています。学生の成長のための教育、指導であったか、子供の成長のための関わりだったか、自分の言動を振り返りながら、じっくり読みたいです。

2012/11/21 17:48

投稿元:ブクログ

 この本には、六年生に進級したある生徒が六年一組からなくしたい言葉があり、そのなくしたい言葉をなくしてあふれさせたい言葉を増やし、荒れた教室を立て直すという実話が書かれています。言葉の持っている力を理解することが出来ますし、また言葉の大切さを考えさせられる本です。
(匿名希望 外国語学部 外国語)

2013/06/08 14:29

投稿元:ブクログ

こんな先生に小学校で教われたら人生変わるんだろうな。個人を認めあった上での集団。素晴らしいです。息子の担任になって頂きたい!!

2015/08/25 06:22

投稿元:ブクログ

自分を表現し、相手を理解するコミュニケーション力は、人が生きて行く上で絶対に必要な力です ことばを大切にした授業とは、一言でいうと「聞く力・話す力・話し合う力を高める」授業のこと。”ことばのキャッチボール”をとおしておたがいを認め合い、「ことばシャワー」をたっぷり浴び、温かい人間関係を築いていくことを目標としている みんなの前で話せるようになるための準備は、簡単な問いに、答えをノートに書き留め、それを声に出して読むことから始まる

2014/01/04 20:17

投稿元:ブクログ

NHKのプロフェッショナルで紹介されて興味を持ち購入した本。しばらく本棚で眠っていたが正月休みに手をとってみた。学級崩壊に近い小学生に対し、先生から、生徒同士、お互いが言葉で自分の思いを伝える、それも前向きな言葉で。そうすることで生徒が自信を持ち、クラス全体が前向きに変わっていく。
まだ、小学生だからこそできる芸当なのかなと思いつつ、言葉を大切にして、教育を進めていく姿は、学校だけではなく、会社内のマネジメントにも活きるものだと思う。
ただ、この本では大前提として、直接的には触れていないが、この「ことばシャワー」をするためには、生徒一人一人の性格、家族環境、それまでの学校生活などなど、先生がツブツブに把握することが必要で、ここには膨大な時間と努力をこの菊池先生は傾けているのだと思う。
この本をテクニック論として読んでしまうと間違えてしまうと思う。

2013/08/18 23:03

投稿元:ブクログ

 荒れた教室をつぎつぎと立て直す…そんなまるで金八先生のようなことが、本当にできるのだろうか。そんな疑問をもちつつ、この本を手にした。

 そんなに特別なテクニックがあるわけではない。キーワードは「ことば」。ことばを通して子どもたちのコミュニケーション力を高めていく。例えば、第四章の「ことばシャワー・メソッド」入門の目次には、次のような言葉が並ぶ。
なぜ、コミュニケーション力が子どもたちを変えるのか。
子どもがいるところに行くのが先生だ。
自己紹介すらできない子どもたちの心の内。
まず、子どもに教えるのは「正しい叱られ方」。
「聞く力」で身につけたい六つのこと。
「話す力」で身につけたい六つのこと。
「態度」で身につけたい六つのこと。
 このあと、基本編、応用編へと続いていく。

 もうすぐ2学期も始まります。学級づくりで悩んでいる先生、ぜひ読んでみてください。

2013/06/30 18:32

投稿元:ブクログ

ことばシャワーの奇跡
菊池省三

教室からなくしたい言葉
あふれさせたい言葉
週の終わりにできたかを確認

名言

作文の書かせ方
・カレーが好き、ラーメンが好き?
理由も書きましょう。
・理由を3つ以上、書きましょう。
・3分で五つ以上を目指しましょう。
・作文は1+1。
事実:したこと、意見:思ったことや気持ち。
2+1,2+2,3+2にしよう。
・なぜかというとで書き出す。

とき 谷川俊太郎

自己紹介
動物、食べ物に例える
どうしてかというと

笑顔で聴く
アイコンタクト

正しい叱られ方

価値レベルの高い言葉:相手軸で考えたこと、あきらめない態度を表す、自分からの行動を示す

声が出せない子:大声大会

ほめ言葉のシャワー
事実1文+気持ち1文

成長ノート
運動会に輝いていた友達、○○さんから学んだこと、「一人が美しい」人になるために。

群れではなく、集団に

2013/03/13 22:46

投稿元:ブクログ

菊池先生は情熱大陸で始めて知った小学校の先生。
褒め言葉のシャワーという取り組みをしていて有名な先生で、軸は言葉、言葉は言葉でも美しく、強い言葉を大事にされている。
プラス言葉、アクティブ言葉とあるが、少し違う。
相手に軸がある言葉を大切にする。あいてありきの自分だから、気配りして言葉を選ぶ。
大事なこと。そしてほめて子どもの成長を促すということに大きく賛同!
自分自身もできてないところだらけである。
明日からも日々実践!

2014/02/02 09:17

投稿元:ブクログ

小学校の「言葉の授業」を通したクラス改革のドキュメント。
ほめて伸ばす・・・が実践されています。
ぜひ、小学校の先生を目指す大学生に読んでもらいたい。
また
家庭でも生かせるキーワードがたくさんあるので、子育て中のママにもお勧めです。

学級運営 ランキング

学級運営のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む