サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 薄氷あられ、今日からアニメ部はじめました。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

薄氷あられ、今日からアニメ部はじめました。(このライトノベルがすごい!文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

薄氷あられ、今日からアニメ部はじめました。 (このライトノベルがすごい!文庫)

著者 島津 緒繰 (著)

エッチな絵を描いているところを女子に見られてしまった。僕の高校生活は終わった。そう思った。しかし、なぜか生活に変化はない。僕の秘密を知った薄氷もぼっちだから、噂が広がらな...

もっと見る

薄氷あられ、今日からアニメ部はじめました。 (このライトノベルがすごい!文庫)

700(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

エッチな絵を描いているところを女子に見られてしまった。僕の高校生活は終わった。そう思った。しかし、なぜか生活に変化はない。僕の秘密を知った薄氷もぼっちだから、噂が広がらないのか?だが、ある日人気のない屋上に連れ出された僕は薄氷から「秘密をバラされたくなければアニメを作れ!」と脅迫され、アニメ部をつくるハメに…。アニメ美少女の概念を覆すヒロイン誕生!第3回『このライトノベルがすごい!』大賞・栗山千明賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【『このライトノベルがすごい!』大賞栗山千明賞(第3回)】ノートに描いたエッチなイラストを、クラスメイトの薄氷に見られてしまった。「その趣味をバラす」と薄氷に脅迫された僕は、アニメ部を作るハメになり…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アニメに集う仲間たち

2015/09/30 08:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

授業中の落書きで女子の裸体を描いてにんまりとしていたところを、隣席の薄氷あられに見られてしまった火狩隆史は便所飯をしながら、女子たちに白眼視される未来を恐れていた。だがそのときはいつまでたっても訪れず、代わりに薄氷あられの脅迫により、アニメ部を立ち上げることになってしまう。実はあられはアニメを作りたい人だったのだ。
 ところが学園は予算削減の嵐で、新規創部を認めてくれない。生徒会長の薄氷翠香の示唆で、既存部活との合併を試みることにした火狩隆史は、屋上で電波な発言をしていた宇佐美輝夜の所属する天文部に合併を持ちかける。

 幸い、先方も部員不足で悩んでいたため、顧問の式島榛名からの了承が得られたものの、部活として維持するためにはあと二人、部員を見つけなければならない。美術部から茂庭もみじを、漫研部から高波牡丹を引き抜くことになるのだが、それは平坦な道ではなかった。

 本当は美少女なのにグルグル眼鏡とかつらでモブに変装する薄氷あられと出会ってしまったことで、単なる美少女絵が好きな少年が、アニメ制作という指向性を与えられていく。そこに、姉妹の確執やら、なぜか妙に好かれてしまったことによるラブコメ要素やらが絡んでくる。
 ストーリーは添え物みたいな展開で、対立するヒロインを軸として、主人公の周囲に集まる人々の交流を描くことに主眼が置かれている。天才型のキャラクターが多いので、バトル漫画のインフレーション展開みたいにならないで欲しいところだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/04/12 04:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/21 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

このライトノベルがすごい!文庫 ランキング

このライトノベルがすごい!文庫のランキングをご紹介します一覧を見る