サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

魔女の絶対道徳 1(ファミ通文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/11/28
  • 出版社: エンターブレイン
  • レーベル: ファミ通文庫
  • サイズ:15cm/284p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-728506-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

魔女の絶対道徳 1 (ファミ通文庫)

著者 森田 季節 (著)

「束縛のない人生が一番だ」連続殺人事件の犯人を追っていた俺、水主頼斗は、逆に縛り上げられてしまった…。そのピンチを俺は「天狗」の少女、輪月に「天狗の血を引く」という理由で...

もっと見る

魔女の絶対道徳 1 (ファミ通文庫)

626(税込)

魔女の絶対道徳1

626 (税込)

魔女の絶対道徳1

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「束縛のない人生が一番だ」連続殺人事件の犯人を追っていた俺、水主頼斗は、逆に縛り上げられてしまった…。そのピンチを俺は「天狗」の少女、輪月に「天狗の血を引く」という理由で助けられた。いや、むしろ改めて輪月に拘束された。ところで、お前の手伝いをするのはいいけど、事件って解決してるの?俺、咒師っていう和製魔法使いで、事件が解決しなかったら実は死ぬんだけど…大丈夫?正義の和製魔法使いと不純少女の青春怪奇ストーリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

連続殺人事件の犯人を追っていた水主頼斗は、ピンチを天狗の少女・輪月に救われ、彼女の手伝いをすることになる。だが、実は頼斗は、事件が解決しないと死んでしまう咒師(のろんじ)という和製魔法使いで…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/12/29 20:19

投稿元:ブクログ

“この世界に、「輪月消音」ってボタンのあるリモコンないかな。俺にとってのマストアイテムっぽい。
「頼斗君、おなかすいちゃいましたから、そろそろ、どこかでお昼にしませんか?でも、カレーはダメですよ。夜は輪月がカレーを作りますからね」
「レトルトのな」
「包丁で指を切っちゃったら、ばんそうこう貼って下さいね」
「レトルトだから包丁の出番はない」
「それとも……頼斗君が傷口を舐めてくれますか?きゃっ」
「だから、レトルトだから包丁の出番はない」”[P.112]

輪月さんの台詞が色々危うい。
怪奇ダーク。
牡丹さんが可愛いです。

“「怖がらせてすまない。君たちに害をなすつもりはない。少なくとも、ボクは自ら何かを攻撃するようなことはしない」
口でそう言われても信用できないほどに、気味の悪い存在だった。災害が人の形をして、そこに立っているような、どうしようもなさがある。「むしの知らせ」なんて感覚的なものはもはや必要ない。考えるまでもなくヤバい。
俺たちは出会ってはいけないものに出会っている。
峠になんてとどまるべきじゃないのだ。ここは異界にあまりにも近いのだから。”[P.262]

2013/12/09 20:37

投稿元:ブクログ

妖怪退治の仕事人が天狗の末裔な少女と出会った.
そんな感じで.

ヒロインらしき少女と主人公らしき少年の会話が疲れる.
牡丹ちゃん可愛いわー.
「仲良くしない悪い子は首をちぎっちゃうぞ~」

2012/12/17 08:45

投稿元:ブクログ

歯茎が痛くなって頭が回らないので逃避(歯茎が痛いより、マチルドたんのクーデレぶりに頭が痛いという説も)。
森田季節で既読というと、不動カリンだけだったんだが、このひと、こういう話の方がずっといいですね。伝奇ってものは、やっぱりダークじゃないとだめだし、ダークなだけじゃ読者は陰々滅々なので、登場人物にはツッコミを入れつつ笑えるというような、そういう距離感も必要。つまり、バランス感覚ですよ。
しかし、天狗も吸血鬼もずっと血が薄まってて、たまたま、その代だけが能力発揮できてるみたいな雰囲気なのは設定として都合良すぎないか?主人公も父親なんかよりずっと能力高いっぽいし。加えて、先祖に天狗も吸血鬼も居るなんてのはねぇ。ええ、いいんですけどね、それで。だって、ニヤニヤ笑えればいいんだから。もう、歯茎が痛くてしようがありませんので。
読んでる間は、ロキソニンを飲まずに済みましたから。

2012/12/03 17:28

投稿元:ブクログ

青春と怪奇、緊迫感と弛緩した空気が絶妙に交錯して、とても楽しかった。ちょい下ネタだったり、割と血なまぐさい感じだったりもちょうツボでした。NOCOさんのイラストもとても素晴らしい出来で、大満足。続き、お願いしゃっす!

2012/12/05 00:39

投稿元:ブクログ

二言目には下ネタを振りまく奔放な天狗少女の輪月と、吸血鬼だけど全然怖くないし血も吸わないほぼただの人間な少女知理に、超ご都合主義な理由で三角関係にされる少年の話。
輪月が飄々としてて考えが見えないのが良い感じ。
あと天狗とか吸血鬼なのにどれもクソ強くないのが印象的。

みんなすんごい理屈っぽい喋り方するのが気になる。…いや、自分も理屈っぽいから気にならない。

輪月もうちょっと見たいなぁ。次出ないかなぁ…。

ファミ通文庫 ランキング

ファミ通文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む