サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

生き物の描き方
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/12/12
  • 出版社: 東京大学出版会
  • サイズ:21cm/160p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-13-063335-2
  • 国内送料無料

紙の本

生き物の描き方 (自然観察の技法)

著者 盛口 満 (著)

デジカメの時代だからこそ、スケッチすることに意味がある。さぁ、フィールドノートとペンを持って、生き物たちの観察に出かけよう! 自然観察の達人「ゲッチョ先生」が生き物の見方...

もっと見る

生き物の描き方 (自然観察の技法)

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

デジカメの時代だからこそ、スケッチすることに意味がある。さぁ、フィールドノートとペンを持って、生き物たちの観察に出かけよう! 自然観察の達人「ゲッチョ先生」が生き物の見方、描き方をわかりやすく伝授。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

盛口 満

略歴
〈盛口満〉1962年千葉県生まれ。千葉大学理学部生物学科卒業。沖縄大学人文学部こども文化学科准教授。専門は植物生態学。著書に「僕らが死体を拾うわけ」「おしゃべりな貝」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2013/03/20 17:52

投稿元:ブクログ

ゲッチョ先生がご自身のスケッチの技法を披露!なんて贅沢な本だろう。先生の緻密なイラストに加え、下書きやペン入れ途中のものまで満載。イラストを堪能すると同時に、先生の生き物観察や理科指導に対する真摯な姿勢も垣間見える本でした。スバラシイ。

2013/11/04 23:24

投稿元:ブクログ

生き物の描き方は、生き物と自然の見方でもある。冒頭の骨の話からぐいぐいと引き込まれる。世界の秘密と不思議は、見る目がなければ秘密でも不思議でもない。気づかない。
ぼくたちは見ているようで、見ていないんだなあ。

2013/10/17 08:08

投稿元:ブクログ

絵心のない僕には無縁の本かな、などと思いながらも、サブタイトルの「自然観察の技法」に惹かれる。骨を例に生き物のれきしとくらしを見る、という導入部。メガネをかけよう、長靴をはこう、トーテムをつくろう。これらは比喩だが、なんとも期待が高まるではないか。
観察眼の準備ができたところで、スケッチの技法が出てくる。もともと著者は不器用だといい、絵心に自信がない人に、という風に書いてくれていて、もしかして描けるのでは、という気にもなってくる。心構えと技法の両面で素晴らしい。ありがとうございます。

2013/06/03 21:48

投稿元:ブクログ

スケッチをする事は「ウソをつきとおすこと」という冒頭の言葉にあるが、物を描く事は「自分はこれをこう見る」という発露であると思う。
その物に対する好奇心、探究心、深い知識、世界観などが、一枚の絵の中に込められていて、読み物としてもグイグイ引き込まれる面白さだった。
ロットリングのペンを駆使してるのも、親近感を抱くところ♬

2013/05/06 11:34

投稿元:ブクログ

盛口さんが小さいころからの経験を踏まえて、
生き物を書くことの意味から、どうやって具体的に書くか、
まで詳しく紹介してくれた本。
これまでの、身近な生き物のいろんな暮らしやびっくりを紹介というスタイルじゃないけれど、読み終わるとなんか、絵を描いてみたくなってしった。
詳しい紹介はこちら→http://monogatarigatari.blog.fc2.com/blog-entry-81.html

2015/02/13 10:17

投稿元:ブクログ

2015年2月新着
「絵を描くなんて」「絵心ぜんぜんないんです」「写メすればいいので」というカンジで、まったく絵を描く気がないなら別に本書はお呼びじゃないかもしれませんが、ちょっとだけ「描ければいいなぁ」と思っている方、それも「生き物」「植物」などを描きたいなぁ、と思っている方、しかも「習うとかはめんどくさい」という方、本書はオススメです。著者は「自分は不器用で、必ずしも絵がうまいわけではない」と最初に念押ししているようなタイプの方で、でもどうやって描いてきたか、それを披露してくれています。
小動物、植物、昆虫、鳥など、絵が好きな方は見るだけで楽しいかも。ロットリング(懐かしいな!)やトレーシングペーパーなどを使ったアナログな手法。それもまたよし。

2014/11/01 21:41

投稿元:ブクログ

生物スケッチが上手くなりたくて読んだ。自分もフィールドノートをつけたくなった。記録をつけることの素朴な重要性を教えてくれる1冊だった。
読み物としても単純に面白かった。

絵画の描き方 ランキング

絵画の描き方のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む