サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 魔法科高校の劣等生 8 追憶編

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

魔法科高校の劣等生 8 追憶編(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 取扱開始日:2012/12/07
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/289p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-891158-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

魔法科高校の劣等生 8 追憶編 (電撃文庫)

著者 佐島 勤 (著),石田 可奈 (イラスト)

中学一年生の司波深雪は、自分の兄が苦手だった。一体何を考えているのか分からないから。家族でありながら使用人同然の扱いを受けているにもかかわらず…全く意に介さない。兄と目が...

もっと見る

魔法科高校の劣等生 8 追憶編 (電撃文庫)

594(税込)

魔法科高校の劣等生(8) 追憶編

594(税込)

魔法科高校の劣等生(8) 追憶編

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「魔法科高校の劣等生 8 追憶編」が含まれるセット商品

魔法科高校の劣等生 (電撃文庫) 21巻セット(電撃文庫)

魔法科高校の劣等生 (電撃文庫) 21巻セット

商品説明

中学一年生の司波深雪は、自分の兄が苦手だった。一体何を考えているのか分からないから。家族でありながら使用人同然の扱いを受けているにもかかわらず…全く意に介さない。兄と目が合えば、深雪の口からは、不機嫌な声が出てしまう。そんな妹に、『ガーディアン』として完璧に付き従う兄。そこには一切の油断もミスも無い。そして、一切の『感情』も。理不尽だとは分かっていても、深雪は兄に苛立ちをぶつけることしか出来なかった。自分の、ただの我が儘だと分かっていても。今とは全く異なる、達也と深雪の関係と、その心の中―。三年前、沖縄で起きた『出来事』によって、二人の心と、その運命が、大きく変わっていく。【「BOOK」データベースの商品解説】

中学1年生の司波深雪は、兄の達也が苦手だった。ガーディアンとして深雪に完璧に付き従う達也。そこには一切の油断もミスも感情も無い。だが、沖縄で起きた「出来事」によって、2人の心と運命が大きく変わっていき…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (9件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2013/02/26 09:26

投稿元:ブクログ

これまでのストーリーとは別に、少し前の時点の話。いくつかの伏線を拾っているので、これはこれで面白いと思う。やっぱりヒロインについての説明回は必要ということか。

2012/12/17 20:26

投稿元:ブクログ

サブタイ通り過去のお話。お兄様は昔からお兄様でした。深雪嬢のデレる様が見られるよ!今の達也を形作った経緯やら四葉家の壮絶な過去やら、ちょいちょい挟まれる本編の時系列に関わりそうな話題もありつつなかなか読みごたえがありました。桜井さんもうちょっと見たかったな…。まぁ思わぬ形の“再会”がありましたが。次は再び本編で大きな動きがあるようす。楽しみにしてます。

2013/01/02 10:44

投稿元:ブクログ

3年前の沖縄での事件を通して「あの人」から「お兄様」に変わるまでを深雪視点で。
web版とほぼ同じだが、深夜真夜の幼少期のエピソードを追加することで深みが増している。

2013/02/24 09:59

投稿元:ブクログ

成長がないとみるか、俺Tueeeeは昔から、と見るべきか。

でも、これじゃ派手すぎてバレバレだと思うんだけどなぁ。

2012/12/29 20:19

投稿元:ブクログ

深雪ちゃんと達也くんが今のラヴラヴに至る原因背景なお話。四葉の過去もあり主人公ずの裏付けやこれからの布石があったりで、ちょっと切ないですが、キャラが深まった感じがします。これはDVD欲しいかも…

2014/07/31 19:59

投稿元:ブクログ

中学一年生の司波深雪は、自分の兄が苦手だった。一体何を考えているのか分からないから。家族でありながら使用人同然の扱いを受けているにもかかわらず…全く意に介さない。兄と目が合えば、深雪の口からは、不機嫌な声が出てしまう。そんな妹に、『ガーディアン』として完璧に付き従う兄。そこには一切の油断もミスも無い。そして、一切の『感情』も。理不尽だとは分かっていても、深雪は兄に苛立ちをぶつけることしか出来なかった。自分の、ただの我が儘だと分かっていても。今とは全く異なる、達也と深雪の関係と、その心の中―。三年前、沖縄で起きた『出来事』によって、二人の心と、その運命が、大きく変わっていく。

2013/02/05 22:40

投稿元:ブクログ

追憶編という事で、達也と美雪の過去に何があったのかという話が中心となっていました。確かに美雪のブラコンと達也の何かを欠いたような言動の伏線を回収していたかと。これだけなら星三つですが、この後の短編のアンタッチャブルが更に濃い話だったので+1としました。後書で編集の方に呆れられたと書かれてましたがその方がラノベではいいかと思いました。

2012/12/11 19:22

投稿元:ブクログ

達也と深雪の始まりであり二人の全てが始まると同時に、世界と達也を取り巻く因縁が始まる三年前の話。深雪の兄へ向ける感情の原点、風間達『軍』との接点等の二人を取り巻く環境と同時に、描き下しされた四葉家の過去話は今に至る『四葉』の内部事情、真夜と深夜の異常性、それに大陸情勢の謎が解き明かされ、短いながらも内容の濃い話でした。また、今巻は普段の三人称と違い、深雪主観の一人称で描かれている為、達也に対する罪悪感や反感、葛藤といった内面事情が際立っておりより一層可愛く見えて仕方ない。次巻の来訪者編もとても楽しみです。

2013/02/17 10:32

投稿元:ブクログ

いちゃいちゃべたべたしない
兄妹が、すごく新鮮(笑)


初登場のお母様とおば様が
お綺麗なんですが、本気で怖いです…

2012/12/31 00:05

投稿元:ブクログ

主人公たちの深みが広がった話でしたー!前回までほど、じーんとする言葉がなかったのは残念でしたが、次の展開にも期待☆世界観が広がってるー

2015/09/16 19:06

投稿元:ブクログ

なんだか辛い話になってきたなあ
しかし深雪の意思はやっぱり不自然だと思うなあ
命をたすけられたことの対価ってほどかと言われてもんー
異常性があんまりないんだよね
んー
むしろ母と叔母のほうがきになるなあ
七草も

2013/02/28 18:28

投稿元:ブクログ

達也と深雪がどのようにあんなに仲良くなったのかといういきさつと、
四葉家の裏事情といったところでしょうか


兄妹の関係についていえば……

あれ、最初から深雪は達也のことが好きだったんじゃね?と思っちゃいましたがどうなんでしょう

2012/12/17 05:07

投稿元:ブクログ

追憶編および四葉の特別短編。

視点移動が多用されて読みづらく感じたのは、webと文庫本という媒体の違いか。

キャラクターをがっつり描いて、満足。
特に最後の短編はこのためだけに買ってよかったと思うほど。趣向が偏ってますね。

ドラマCD化されてるのは追憶編ということで、ちょっと心が動く。

2012/12/08 21:09

投稿元:ブクログ

司波兄妹の過去の話、深雪視点です。
追憶編だけど深雪のブラコン覚醒編でもいいと思う(笑
使用人な達也は結構好きだったりする
風間さんはイケメン希望だったがオッサンだった…

母親を恨んでいる訳でない達也が深雪の為だけに母親を助けたのはおかしいのではと思った
妹思いだけが強く大切に想えるだけで、その他の欲や感情は必要最低限はあるんでしょう?
四葉家はややこしい…
母親の説明だと達也は一応恋愛は出来そうだね
立場的に無理があるだけど。

今回の追憶編は前の横浜騒乱編のエピローグみたいな感じだった

2013/05/26 10:46

投稿元:ブクログ

横浜騒乱の後に本家に呼び出された達也と深雪。深雪の追憶の形で語られる3年前の出来事。さらに真夜に起こった悲劇と一族をあげての復讐、四葉がアンタッチャブルな訳を書いた短編。
深雪の達也への制限については語られてない。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む