サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 魔法少女育成計画restart 後

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

魔法少女育成計画restart 後(このライトノベルがすごい!文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

魔法少女育成計画restart 後 (このライトノベルがすごい!文庫)

著者 遠藤 浅蜊 (著)

ひたすらに激化していく、囚われの魔法少女たちによる生き残りゲーム。残酷かつ一方的なルールの下で、少女たちは迷い、戦い、一人また一人と命を落としていく。警戒すべきは姿の見え...

もっと見る

魔法少女育成計画restart 後 (このライトノベルがすごい!文庫)

710(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「魔法少女育成計画restart 後」が含まれるセット商品

魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい!文庫) 8巻セット(このライトノベルがすごい!文庫)

魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい!文庫) 8巻セット

商品説明

ひたすらに激化していく、囚われの魔法少女たちによる生き残りゲーム。残酷かつ一方的なルールの下で、少女たちは迷い、戦い、一人また一人と命を落としていく。警戒すべきは姿の見えぬ「マスター」か、それとも背後の仲間たちか。強力無比な魔法が互いに向けられる時、また一人新たな犠牲者が生まれる―。話題のマジカルサスペンスバトル、第二幕の完結編。【「BOOK」データベースの商品解説】

激化していく囚われの魔法少女たちによる生き残りゲーム。強力無比な魔法が互いに向けられる時、また1人新たな犠牲者が生まれる…。最後まで生き残る魔法少女は、いったい誰なのか!?【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2013/01/17 13:31

投稿元:ブクログ

前作があったことに読んでいる途中で気付いたが、前作のネタバレになっているところがあるんじゃないかなぁ…大丈夫かなぁ…と思いつつ前編読んでしまったし…ということで読んでしまった。
犯人(?)は途中からこの子だろうなーというのがわかってしまうし、ほとんどの子は死んでしまって気に入っていた子もいなくなってしまったけれど最後はちゃんと纏まっていて良かった。…と思う。

2013/01/30 02:36

投稿元:ブクログ

前作よりミステリ要素が高くラストは本当に予想外だった。
ただ後味が悪過ぎるのでお勧めしづらいですね…。

ラストは読者の私も魔法にかけられていたような感覚でした。

2017/01/04 14:20

投稿元:ブクログ

魔法少女育成計画 リスタート編 後編

ひとり、またひとりと仲間を失いながらも
魔王城へとたどり着いた少女たち
しかし、魔王の座には誰もいなかった・・・

魔王はどこにいったのか
少女たちの死は誰のせいなのか

サクサク進みすぎた前作に比べ
これは前後2巻のせいで、キャラもわかりやすく
感情移入したところで・・・死・・の繰り返し(汗

なんとも後味が悪いけれど、面白かった
まさか黒幕、魔王、殺人者がみんな違うとは!

2016/10/08 18:16

投稿元:ブクログ

シリーズ初めての星四つ。

前半は名前がゴチャゴチャしていて、主要キャラしか追えなかったけど。
後半はいい塩梅にキャラが減ったので、それぞれに感情移入できる長さになりましたとさ。

基本的にはプフレとシャドウゲール。
この二人の信頼関係がどう行き着くかというところは、スッキリ読ませてもらえて良かった。

個人的にはラズリーヌとベルの信頼関係も好き。
途中までラズリーヌが返り討ちにあわせるんじゃないかなーと思っていたのだけど、ベルの最期にとった行動にグッときます。

ペチカは準スノーホワイトにならなくて良かった。
戦わない魔法少女としては、これ以上ない幕引きだったのではないでしょうか。
サッカー少年はきっと泣いていると思う。
というか、プフレはサッカー少年と何か関係してると思ってたんだけど、特になかったんか。

スノーホワイトはやたら強くなっているけれど、結局今回のゲームを良い形には持っていけなかった所で、犠牲はあったけどラスボスは倒せたからオッケーってことになるのか?

地域単位での死亡者数を考えると、結構、バカにならんと思うんですけど。。。
魔法少女って一体何のために存在するのやら。
という所が、今後解消されることを望む。

オリジナルより、続編の方が深まって良かった。
続きも読みたい。かな。

2013/01/29 22:12

投稿元:ブクログ

ペチカが最後まで残れなかったのが残念。今回の魔法少女の中で一番成長したのは彼女。「戦わない魔法少女が弱いわけではない」というのは彼女にも当てはまると思う。
前回に続いて再登場のスノーホワイト、彼女も強くなった。彼女も最初は「戦わない魔法少女」だったはず。
今回のゲームは終わったけどまだ謎が。今回のマスターの後ろにはまだ誰かいるんでしょうか。

2013/01/09 01:17

投稿元:ブクログ

前半は少々退屈だったが、後半にかけて面白くなっていった。やっぱり魔法少女たちは殺し合ってなんぼなんですよ。
予想通りだった場所もあったり、うまくミスリードされてしまった場所もあったりで、どんでん返しも含めて楽しめました。

2012/12/30 19:39

投稿元:ブクログ

先の読めない展開で楽しめた。最初の魔法少女育成計画の説明で魔王の真実がわかって、正体を予想しながらワクワクしながら一気に読めた。
ただ、いろいろと報われないキャラが多くで後味はけっこう悪かった。
ベルとかラズリーヌとかペチカとかのっこちゃんとか好きだった。

2015/08/30 09:40

投稿元:ブクログ

今回は異能+RPG。基本は協力プレイでときどきPKという展開と前後編という分量増のおかげで、前作と比べてキャラの掘り下げが深くなっていて良かった。ただ、冒頭の紹介で異能どころか犯人までネタが割れてしまうのは残念な感じ。

2013/02/20 23:19

投稿元:ブクログ

残酷で悲しく理不尽で……逃れられない囚われてしまった魔法少女たち。   
音楽家クラムベリーが残した負の遺産。  

哀しすぎる物語。

2012/12/29 23:58

投稿元:ブクログ

今回もバトロワ。誰が脱落するか分からなくてドキドキハラハラするのも相変わらずで良かった。
ただ、前作の白黒みたいなブレイクスルーは特に起きない為肝心な部分が物足りない気がした。

一応今回スノーホワイト信者がやらかしており、本格的にスノーホワイトがアウトローになってきているのは変化かもしれない。
魔法少女界隈の事情が変化しつつあり、これからどうなっていくか、という繋ぎ巻なのかもしれない。
が、そんなこと何も考えていないのかもしれない。

2012/12/18 19:18

投稿元:ブクログ

魔法と犠牲と自省の話。前作の登場人物のサイドストーリーがWebで公開されているようだがそちらは未読。左から前作・restart前・後と三冊並べるとシンメトリー風になる、風ね。魔法のルール、ゲームのルール、知力、膂力をフル活用して繰り広げられる騙し合いに次ぐ殺し合いは予想通り悲壮な最期を迎えることになったものの前作よりはしっくりくる。しかし男なのでどうしても二ノ宮君に同調してしまって物語の後のことを思うとやるせない。ページ数の都合からかだいぶ駆け足に見えた場面も多かった前作に比べれば日常とゲーム世界を三日毎に行き来する今作はそれぞれのバックボーンが描かれ感情移入もしやすかったのではと思うものの、リオネッタとかアスカとか、よく分からなかったキャラもいるのでweb短編で補完してもらえれば幸い。次は(あるとすれば)レンガ本なんてどうでしょう

2013/02/01 19:41

投稿元:ブクログ

5つ星じゃないのは、好きなキャラが早々に死んでるから。
あとメルヴィルの訛りがひどい。
前作に比べ、バトルが肉弾戦力重視で、魔法がバトルにはあまり活きてない気が。

ただrestart(後)導入の1ページで惹きつけられたのは確か。

各キャラのバックグラウンドをもう少し掘り下げてほしかった。
アカネとかリオネッタとか。

前作特にアニメ化とかしたらいいのに。
フィギュアとかも出たら絶対買うのに、スノーホワイト、ジェノサイ子他。

続編もでないかな。長いとだれるから、3,4部作で完結が理想的。

2012/12/22 08:26

投稿元:ブクログ

上巻でSAO要素を取り入れたと思ったら、下巻では六花の勇者要素を取り入れてきた。
思えば1巻からしてまどかマギカ&バトルロワイアル。
流行りのものを取り入れることは悪いことだとは思わないし、この作者はそれらを自分のものとして昇華できるだけの力量があるからむしろいいんだけど、この作品がそれらの劣化コピーを産み出すきっかけとならないかがちょっと心配。
それらの要素入れときゃ売れるでしょ!みたいな。
ラノベ界ってそういうこと多いからね…。

中身については、俺の好きなキャラが生き残ったー!ってことで満足ですw

2013/01/09 21:39

投稿元:ブクログ

犯人…というかまず首謀者が前巻にキャラ紹介にすら居ない!これじゃわかるわけない…。犯人当ても後だしジャンケンのようで言わばコナンの謎解き形式で後で一気に明かして最初に何もヒント無し。犯人探し系入れる場合はヒントとか置いた上で読者に当てさせないとって思うんだけどな…。内容は好きな系統。

2013/01/14 09:42

投稿元:ブクログ

おもしろかったぁ。波乱の下巻っ。まさか、下巻であんなに…。プフレとシャドウゲールが残ってうれしかったです。話がこっています!