サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

今日
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/02/14
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:20cm/53p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8340-2781-5
  • 国内送料無料

紙の本

今日

著者 伊藤 比呂美 (訳),下田 昌克 (画)

赤ちゃんを育てている母親たちを励ます詩。【「BOOK」データベースの商品解説】赤ちゃんをいつくしんでいるのなら、部屋が散らかっていても、窓が薄汚れていても、人になんて言わ...

もっと見る

今日

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

赤ちゃんを育てている母親たちを励ます詩。【「BOOK」データベースの商品解説】

赤ちゃんをいつくしんでいるのなら、部屋が散らかっていても、窓が薄汚れていても、人になんて言われても大丈夫−。ニュージーランドの子育て支援施設に伝わる詩に、やさしい絵を添えた詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/01/24 22:29

投稿元:ブクログ

地元の支援センターのオムツ替えスペースに、この本の内容と翻訳者の言葉が添えられた朝日新聞の記事が貼られていました。
すぐ目は釘付けになり、不覚にも涙腺が緩んでしまいました。

2013/05/24 15:16

投稿元:ブクログ

(2013.05.24読了)(拝借)
かみさんが買ってきた本です。何のコメントもなしに、渡してよこしました。
ニュージーランドの子育て支援施設の壁に貼ってあった詩、なのだそうです。作者は不詳とのことです。
伊藤さんが友人からこの詩訳せますか、といって送ってよこしたので、10分ほどで訳して送り返したのを、友人がネットに掲載したらしいのです。それがネット上で出回っていた…。今回その詩に、絵を添えて本にして出版。
赤ちゃんの相手を一生懸命していると、掃除、洗濯、皿洗い、窓ふき、等、手が回りきれません。その状態を他人が見たら、「今日一日、何をしていたの?」というかもしれません。
そんなお母さんに、「すごく大切なことをしていたんだって」励ましてくれる詩です。
おまけとして、「虹の橋」という、飼っていた犬を亡くした人のための詩がついています。
(2013年5月24日・記)
内容紹介 amazon
「今日、わたしはお皿を洗わなかった」・・・
ニュージーランドを中心とする英語圏に、赤ちゃんを育てている母親たちにエールを送る詩が伝わっています。子どもの世話に大わらわで、余裕をなくしているお母さんに、“いま、かけがえのないこの子をいつくしんでやれているのなら、それで大丈夫だよ"とやさしく寄りそう詩行は、世界中の養育者を励ましています。その英詩にふさわしい日本語訳と、優美な絵により、たしかな形が与えられました。
毎日を一生懸命送っているすべてのお母さんに贈る、小さな美しい本です。

2013/07/31 23:08

投稿元:ブクログ

元職場の図書室へ行った時に「これ、知ってる?」と元同僚さんに訊かれ、知らないですと借りてみる。表紙には、英語が書いてあって、洋書か?という風情。巻末に、英語の原詩も収録されているが、メインのところは伊藤比呂美による訳詩と、下田昌克の絵。

原詩は、気がついたらネットに出回っていましたという"よみ人知らず"の詩。伊藤の旧知の編集者、関口香がニュージーランドの子育て支援施設に行ってみたら、壁にこの詩が貼ってあったそうだ。

伊藤自身がそうだったように、「子どもはかわいいと思うし、かわいがりたいと思うけれども、生活に疲れはてていて、ときどきそれどころじゃない…という母親たち」(p.49)に、関口はこの詩を伝えたいと思ったそうだ。

これもできなかった、あれもしなかった、もうぐちゃぐちゃ…と思ってしまう「今日」を、こう考えてみたらいいんじゃない?と、詩は伝える。

「この子のために すごく大切なことをしていたんだって」(p.38)と。そうだとしたら、「わたしはちゃーんとやったわけだ」(p.42)と。

(7/23了)

2013/07/28 15:43

投稿元:ブクログ

絵本仕立てで、一ページずつ短い文章がつづられています。
なんてことのない文章かもしれないけど、子育て中のお母さんたちには、心強い言葉と感じるのではないでしょうか。
子どもを産んだ後、もう一度読み返したいです。

2013/08/01 13:16

投稿元:ブクログ

「今日、わたしはお皿を洗わなかった…人に見られたら
なんていわれるか…今日一日、何をしてたの?…」詠み人知らずの詩を伊藤比呂美さんが訳してくれました。優しい鉛筆画と少ない言葉。何度読んでも目頭が熱くなってきます。全ての頑張るお母さんへ。

2013/02/20 07:54

投稿元:ブクログ

名前のない詩人に乾杯・・・
『今日』  訳 伊藤比呂美 画 下田昌克  (福音館書店・1470円 ) - 西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/nlp/book_child/article/38630

福音館書店のPR
「すべてのお母さんに贈る、はげましの詩
 ニュージーランドを中心とする英語圏に、赤ちゃんを育てている母親たちにエールを送る詩が伝わっています。子どもの世話に大わらわで、余裕をなくしているお母さんに、たびたび打ちよせる自己嫌悪の波……。その背中に、この詩のことばは、"たしかに、いろいろ完璧にはできないかもしれないね"と、そっと手をあてます。"でも、いま、かけがえのないこの子をいつくしんでやれているのなら、それで大丈夫なんだよ"と。子を育てるひとにやさしく寄りそう詩行は、作者未詳のまま、口コミでひろまり、世界中の養育者を励ましています。その英詩を、詩人の伊藤比呂美さんが日本語に訳した「今日」も、いつのまにか、知る人ぞ知るものとなっている。公共空間のなかでそっと息づく詩というのも、おもしろい在りかただったかもしれませんが、それにいま、ふさわしい絵によって、たしかな形が与えられました。すべてのお母さんに贈る、小さな本です。 」
http://www.fukuinkan.co.jp/detail_page/978-4-8340-2781-5.html

2016/02/08 16:27

投稿元:ブクログ

本当に素敵な詩です

赤ちゃんを育てることは大変で、
家のことは見た目にはやれていないかもしれないけど

子供がすくすくと育つために 毎日頑張っているんだよ
それは とっても大切で 素敵な時間

ちょっと 疲れたママたちに読んで欲しいです。

2014/04/16 06:27

投稿元:ブクログ

子育てに奮闘しているお母さん方の一服の清涼剤。汚れた台所、散らかった居間、仕事と育児の狭間で焦る気持ち、子育てと旦那さんとの間で溺れそうになっている気持ちをすっと楽にしてくれる。一番大事なのは小さな命を大切に育むこと。罪悪感に苛まれることなど一切ない。赤ちゃんを育てるのは地球より重い。お母さん方には自信をもって日々を頑張ってもらいたい。

2014/01/27 09:35

投稿元:ブクログ

親になる方となられた方へ

子育てには人それぞれの大変さ、大人として一人の親として大きく変わらなければいけない、乗り越えなければならないことが発生します。そんな心が折れそうな辛い時、頑張らないといけない時、それが過去でも、この本で自分を認めてあげられると思います。

育児 ランキング

育児のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む