サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 42件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:高校生 一般
  • 取扱開始日:2013/02/27
  • 出版社: 創元社
  • サイズ:19cm/397p 図版16p
  • 利用対象:高校生 一般
  • ISBN:978-4-422-30052-8
  • 国内送料無料

紙の本

本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」 (「戦後再発見」双書)

著者 前泊 博盛 (編著)

なぜ米軍は自国ではできない危険なオスプレイの訓練を日本では行なうことができるのか? なぜ日米地位協定は日本国憲法の上位法として扱われているのか? 基地問題だけでなく原発事...

もっと見る

本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」 (「戦後再発見」双書)

1,620(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜ米軍は自国ではできない危険なオスプレイの訓練を日本では行なうことができるのか? なぜ日米地位協定は日本国憲法の上位法として扱われているのか? 基地問題だけでなく原発事故やその再稼働問題、TPP参加問題など、現在の日本で起きている深刻な出来事の多くが在日米軍がもたらす国内法の機能停止状態に起源をもっている。ベストセラー『戦後史の正体』に続くシリーズ第二弾は「戦後日本」最大のタブーである日米地位協定に迫る!

日本はなぜこんな国になってしまったのか。現代の不平等条約である「日米地位協定」についてQ&A形式で解説し、その運用マニュアルといえる機密文書「日米地位協定の考え方」を紹介する。「日米地位協定」の全文も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

前泊 博盛

略歴
〈前泊博盛〉1960年生まれ。沖縄国際大学大学院教授。「地位協定取材班」としてJCJ(日本ジャーナリスト会議)大賞、石橋湛山記念・早稲田ジャーナリズム大賞などを受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー42件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

日本人なら絶対知らなければ

2016/03/17 00:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:高崎PAPA - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本人なら絶対知らなければならないことが書かれている。今の日本が置かれている状況と敗戦国であるという事実を如実に知ることのできる良書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「日米地位協定」「日米安保条約」の条文にがく然としました。

2016/06/12 21:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

前泊博盛著「本当は憲法よりも大切な『日米地位協定入門』」読了。
がく然とした。ええ~っ、こんな不平等が、そんな馬鹿な!・・・言葉にならぬ。

・米軍は、日本国内のどんな場所でも基地にする権利がある
・米軍関係者は、出入国審査を受けずに、基地に到着したり、基地から飛び立ったりしている。
・首都圏上空に、日本の制空権はない。一都八県の上空をおおう巨大な米軍の管理空域がある。
・米軍機には日本の国内法もアメリカの国内法も適用されない。アメリカ本国内ではできない危険な低空飛行も日本では可能。
・米軍に対して飛行差し止めを求める権限を日本政府はもっていない(第三者行為論)
・米兵が公務中(仕事中)の場合、日本でどんな罪を犯しても日本側が裁くことはできない。公務中でなくても基地に逃げこめば逮捕することはむずかしい。
・「在日米軍基地を提供する代わりに、日本全土を守ってもらう」というのは、幻想。正しくは、そのときのアメリカの国益にしたがって、守ったり守らなかったりする。

上記は、最初悪い冗談かと思いましたが、「日米地位協定」「日米安保条約」の条文を読むと、確かにそうなっています。

また、「イラク・アメリカ地位協定」と「日米地位協定」の条文を比較検討した章があります。
「現在の日本は、米軍に占領されていた時代のイラクよりもひどい状況にある」、そして今後もそれが続いていくことがよくわかります。
この本、お薦めです。60歳になって初めてまともに「日米地位協定」を読んだ。そんな私が言うのも不適切なんですが、多くの人に「日米地位協定」の中身を知って欲しい。

あらためて思う。
日本は、その実態としては、独立した主権国家ではない。
次の世代に「日米地位協定」をこのまま引き渡すわけにはいかない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私が無知でした

2016/07/07 17:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぼさぼさ頭 - この投稿者のレビュー一覧を見る

愕然としながら最後まで一気読みしました。

「日米の協力体制は堅持する」といいながら憲法改正をしたい安倍首相は、
大ダヌキでしょうか、はたまた、アメリカべったりのいそぎんちゃくでしょうか。
前者なら、直前までアメリカに警戒感を抱かせずにこの不平等な協定を廃止までもっていくでしょう。
後者なら…考えたくもありません。日本はもう独立国と名乗れない(今も実態は独立国とは言い難いけれど)。それどころか、アメリカにしたがって世界中どこへでも人と物とお金を拠出する国になるでしょう。

読み終わって、自分の国に対して情けない思いでいっぱいになりました。
つたない感想でも人に伝えたいと思います。
沖縄をはじめ、がんばって運動している人たちがたくさんいるのですから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

トランプ氏に読ませたい

2016/11/17 21:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ロン - この投稿者のレビュー一覧を見る

日米同盟の本筋を知るための最適な本です。トランプ氏もこの本を読んで、日米同盟の歴史を知るべきです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/05/28 16:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/17 18:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/24 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/23 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/07 12:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/08 20:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/20 11:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/29 02:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/07 06:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/03 10:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/30 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の外交 ランキング

日本の外交のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む