サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

魔女と猫の話

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発売日:2013/03/11
  • 出版社: 少年画報社
  • ISBN:978-4-7859-5007-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

魔女と猫の話 (コミック)

著者 四宮 しの

魔女と猫の話 (コミック)

648(税込)

魔女と猫の話

540 (税込)

魔女と猫の話

ポイント :5pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー29件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (15件)
  • 星 4 (11件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

少女な方と、かつて少女だった方へ

2013/04/13 01:35

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Queen-Anne - この投稿者のレビュー一覧を見る

読後、心がほんわりします。
主人公の少女たちに感情移入してしまい、胸がギュッと苦しくなったり、泣きたくなったり…そしてねこの存在によって迷いや悩みを解決する『はじまりの瞬間』…これらが凝縮されています。
少しネタバレですが、魔女のねこは人語を話します。しかしイラストは写実的でねこらしいねこの姿をしています。それこそ自分の飼っているねこが、実は人語を話せるのではないかと思うほど!
繊細な絵とリアルな少女たち、話すねこ…ファンタジーが嫌いでもねこが嫌いでも、「どんな大人になりたいんだろう」と悩んだ経験のある方には是非読んでいただきたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

猫と魔女っこ

2013/03/17 16:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たんぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

猫がかわいすぎてかわいすぎて、猫好きな人には好まれると思います。魔女の女の子たちは13歳で、将来のことやコンプレックスに悩んでいて、少しずつ自分たちで歩みだしていくので、感動します。それぞれの大事にしていくべきことにちょっと自分を重ねてしまって、大人になって忘れていたことをまた思い出させてくれるきっかけになりました。
オムニバスで1話完結なのでとても読みやすく、充実感があります。
すごく好きな作品だったので、これで終わってしまうのが悲しい~!2巻、3巻と続いて欲しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

男の視点から

2015/04/07 09:21

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:でんしゃずき - この投稿者のレビュー一覧を見る

他のレビューを拝見する限り,本書のレビュー投稿者は全て女性の印象がある。
ここは,男の視点から書いてみる。まあ,私が一般的・平均的な男性ではないことは,自分自身,理解してはいるつもりではあるが。
「魔法学校」が舞台である。ストーリーとの必然性は自分には感じられなかったが,「女子校」だ。無国籍性の印象を受ける空間だが,名前から主人公ら生徒たちは,国際色豊か,という気がする。
第4話では1コマ目で,その回の主人公は「魔女」という理由で束ねた髪を少年に引っ張られた上に,言葉で挑発される。作り話だが,私はこの少年の行為を憎む。少女の髪を引っ張るなどという行為はしてはならない。このことは書いておきたい。
本作における「猫」とは,文字通り魔女の「パートナー」だ。だから思うのだ。「結婚したら男の立場は」と。いや,それ以前から彼女たちの「猫」と熾烈な争いをせねばならない。彼女たちと恋愛対象としてつきあうのならば。「猫」にも「こいつなら僕以上のパートナーになれる」そう選ばれねばならないのである。でも,そうして「選ばれたら」男としても幸せな生活が待っている,そんな気がする。
読みごたえのある漫画だ。出会えて良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

可愛らしいお話

2014/04/13 09:17

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Calico - この投稿者のレビュー一覧を見る

魔女の学校に通う女の子たちと、その守護霊の猫たちのお話。繊細なデザインの細かい小道具や精霊たちがとっても綺麗。優しいエピソードばかりで、癒されたい人におススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/04/30 10:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/07 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/20 15:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/10 09:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/29 06:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/17 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/16 15:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/19 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/13 19:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/20 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/20 02:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

その他 ランキング

その他のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む