サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. なぜ猫は旅をするのか?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

なぜ猫は旅をするのか?
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/02/14
  • 出版社: 双葉社
  • サイズ:19cm/294p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-575-23808-2
  • 国内送料無料

紙の本

なぜ猫は旅をするのか?

著者 永嶋 恵美 (著)

人情と猫で知られる町の大学病院。医師の鳥羽裕太は事務の石倉夏海と、名誉の負傷がきっかけで親しくなった。車にひかれそうになった子どもを助けて事故に遭ったのだが、それが夏海の...

もっと見る

なぜ猫は旅をするのか?

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人情と猫で知られる町の大学病院。医師の鳥羽裕太は事務の石倉夏海と、名誉の負傷がきっかけで親しくなった。車にひかれそうになった子どもを助けて事故に遭ったのだが、それが夏海の甥だった。事故の衝撃で失われた記憶を求め、裕太は夏海に引っ張られる形で、いっしょに手掛かりを探し始める。ところが、どうも夏海は「人」と「事件(騒ぎ?)」を呼び寄せる天才のようで…。恋はゆっくり。謎はすっきり。チャキチャキッと明るい連作ミステリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

人情と猫で知られる町の大学病院。医師の鳥羽裕太は事務の石倉夏海の甥を助けた時の事故の衝撃で記憶を失う。夏海に引っ張られる形で、失われた記憶の手掛かりを探す裕太だが…。連作ミステリー。『小説推理』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

月曜日のヒーロー 5−54
極秘任務は火曜日に 55−96
油断できない水曜日 97−137

著者紹介

永嶋 恵美

略歴
〈永嶋恵美〉1964年福岡県生まれ。広島大学文学部哲学科卒業。著書に「転落」「記憶 ニライカナイより」「インターフォン」などがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (4件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

優しい小説

2016/02/27 11:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Fox - この投稿者のレビュー一覧を見る

ざっくりとした性格の医師と、「ジジババ吸引体質」のヒロインが謎を解いていくほんわかとした小説。猫が活躍するといったエピソードはないが、猫の描写はある程度出てくる。謎も過激な物はなく、優しい印象だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/04/25 22:58

投稿元:ブクログ

目が覚めたらヒーローになっていた。
交通事故で軽い高次脳機能障害と診断された精神科医と、同病院の受付事務職員・夏海が、猫が多い商店街のささやかな謎を解いていく連作。

ねこがもうすこし出るとよかったなあ…。
日常系ミステリ。軽いのでさらっとよめる。

2013/07/01 19:41

投稿元:ブクログ

交通事故で軽い高次脳機能障害と診断された精神科医と、同病院の受付事務職員が、猫が多い商店街で、日常的な謎を解いていく連作短編集。
ほんわか系、タイトルの「なぜ猫は旅をするのか?」はほとんど関係なく、物足りなかった。
(図書館)

2013/09/01 11:39

投稿元:ブクログ

全体的に優しい印象。
日常のちょっとした謎を解いていくミステリー。
各章のタイトルが好きだった。
そして何より夏海が素直で可愛い~。

2016/02/29 14:10

投稿元:ブクログ

大学病院の医師鳥羽裕太は、事務の夏実の甥を交通事故から救ったのをきっかけに親しくなる。裕太は事故により大怪我を負い、事故直前の記憶を失ってしまう。失った記憶を取り戻そうとする裕太と夏実の元にはなぜか騒動が舞い込むのだった。
所謂「日常の謎」に属する連作短編集。設定がすごくいいんです。事故の後遺症で高次脳機能障害となり、性格が変わりのんびり屋となった裕太。やたらと高齢者に好かれるお節介で慌て者の夏実。このコンビのやり取りが面白いですし、舞台となる商店街の昔ながらの人情設定もいいです。しかしそこに絡んでくる「謎」に魅力がないんです。謎が謎になっていないと言うべきかも。なので解決のカタルシスもなく、平板でのべーっとした印象になるのです。まあそのほんわかのんびりが魅力といえば魅力になるのですが。物語自体が楽しいものであるだけに、色々な設定も活かし切れていないのがもったいなく感じました。

2013/04/17 22:13

投稿元:ブクログ

一年前、男児をかばって交通事故にあって以来、軽い高次脳機能障害と診断された精神科医の裕太と、その男児の叔母であり同病院の受付事務職員である夏海が、猫が多い商店街のささやかな謎を解いていく連作短編集。

謎自体はほんとにささやかで、商店街にへべれけ猫が増えた理由とか老人ホームに現れるようになったダンディなおじいさんは誰なのかとか、商店街の日常の謎話。
裕太先生はおだやかだけど好奇心旺盛でかわいい。夏海は甥っ子大好きジジババに好かれやすい問題引き寄せ体質で二人の恋模様も微笑ましい。
全体的にふわっとしててさらっと読める。
だけどその分ひっかかるものもあんまりなかったな。
本文の中で繰り返し出てくる「猫は旅をするのか」って話も、なんでそこまで引っ張るのかいまいちわからなかった。

2013/09/20 21:36

投稿元:ブクログ

事故に遭い、一時的な記憶喪失になった
精神科医が看護師とともに、
事故に遭った際の記憶を探しつつ
病院内外で起きる謎を解いていく。

2013/04/19 19:30

投稿元:ブクログ

「なぜ猫は旅をするのか?」に対する答えは出るのか出ないのか、そんなことを考えながら読み進めた小説。

中身は、とある交通事故に巻き込まれたお医者さんとその周りの人々との日常を描いたミステリー。

こういうストーリーもなかなか面白いなあと思いながら、合間合間で描かれる猫の描写を楽しみつつ読みました。

ドラマ化しやすいお話ですが、ドラマ化して面白いかどうかはよくわかりません。

(以上、ブログ全文です。)

ブログはこちら。
http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4440063.html

2013/01/11 18:37

投稿元:ブクログ

タイトルに「猫」がつくだけで、読まなきゃって思ってしまうのは病気?

双葉社のPR
「同じ大学病院に勤める、医師の鳥羽裕太と事務の夏海はある事故が原因で親しくなった。
裕太が夏海の甥をかばって車にはねられたのだ。
病院は「猫の町」として有名な下町にあり、芸能人が取材に来たり、謎の老人が出没したり、「日常を突き崩す」事件が次々に起こる。
夏海と裕太の推理が冴え渡る、チャキチャキッと明るい、人情系ミステリー連作短編集。 」

2015/06/05 11:51

投稿元:ブクログ

2015.6.5 読了

精神科の先生である
裕ちゃん先生こと 鳥羽裕太。

1年前に 交通事故で
やや軽目の高次脳機能障害と診断され、
几帳面だった性格で どっちかというと
とっつきにくい性格だったのが、
事故後は やや ゆるい考え方ができるようになる。

交通事故は 子供を助けたことで、
その子供は かすり傷。
裕ちゃん先生が 重症。

目が覚めたら 事故前1時間の記憶が
なくなっていた。

その謎も含みつつ、
6話の短編になっています。

そのそれぞれの短編に
ちっちゃい謎があり、
ささやかに 謎も解ける。

なかなか 面白かったです。

ただ 完全にタイトルに惹かれて
借りたのですが、
そんな感じにはネコは
登場したわけではなかった。

けど、それはそれで 面白かった!
もし 続編があるなら、読みたいレベル!

2013/04/08 17:38

投稿元:ブクログ

事故で記憶が一部飛んじゃった、でも人との付き合い方がまあるくなった主人公、というのは読んでいてとてもおもしろかった。
ただ、気になったのはなっちゃんの無神経さ。正直、素直というのはいいけれど、あまりに思った事をすぐ言葉に出しすぎで、読んでいてちょっとイライラしてしまった。

2014/02/01 09:25

投稿元:ブクログ

結論としてあまり猫は関係なかった。しかし、読みやすい文体とTVドラマの様なストーリー展開で、サクサク読み進められた。また、高次元脳機能障害と言う言葉が手に入った。

2014/04/11 15:41

投稿元:ブクログ

なぜか、おじいちゃんやおばあちゃんに好かれる夏海と交通事故以来性格が変わってしまった医師の鳥羽。そして夏海は事件を引き寄せる天才でもあります。そのうえ、この町の商店街に住む人は個性豊かな人々ばかり。町に多くすみついているというノラ猫と商店街の人々が事件に複雑に絡まりながら…。二人は事件を解決することができるのでしょうか?

2013/05/11 10:29

投稿元:ブクログ

▼もっと猫猫してるお話かと思っていたら、
そうでもなかったです。
(ちょっと私の期待が大きすぎたようです。残念…)

▼高齢者を「ジジババ」と書かれていて、それがちっともイヤな
言い方じゃなくて、あぁ、普段から親しく接しているから、
そういう呼び方できるんだぁと。
ここに出てくる「ジジババ」呼びは愛情表現。
とても親しみを感じました。

▼エスニック料理店『ボラボラ』のドレッシング、
そんなに絶品なのかぁ…すご〜く興味ある。
1瓶100円でゆずってもらえていいなぁ。食してみたいなぁ。
せめてレシピがあれば自分で作るのに…。

と、ほのぼのなお話でした。

2016/04/22 00:15

投稿元:ブクログ

 ミステリーと言うにはあまりにも物足りなかった。2人の解く“日常の謎”が、「で?」と問いたくなるようなどうでもいいものである上に、推理はガバガバ。保険金殺人という穏やかならぬ題材も、「うちの人ったらもう・・・」で明るく締められていることにツッコミが止まらない。告知義務違反ダメ!絶対!(元保険会社社員より)

 そして何より許せないのが、タイトルに反してねこねこしさが足りなすぎる!!!ちょっと猫登場させたくらいで、こんなタイトルつけるなよ!ねこねこ詐欺かよ!!何かしらの条例で定めてほしいくらいだ。「本のタイトルに猫を含む場合、猫好きを5億%満足させること」。

 やたら言ってた「猫は旅をする」に何か隠されたメッセージがあったのだろうか。うーん、謎のままである。