サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ギッちょん
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.8 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/03/09
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/230p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-382020-0
  • 国内送料無料

紙の本

ギッちょん

著者 山下 澄人 (著)

四十過ぎてホームレスになった男。目の前を往き来するのは幼馴染み“ギッちょん”とひとりぼっちの父(「ギッちょん」)。毎朝同じ電車になる男が鬱陶しくて時間をはやめてみたら、や...

もっと見る

ギッちょん

1,674(税込)

ギッちょん

1,300 (税込)

ギッちょん

ポイント :12pt / 紙の本より374おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

四十過ぎてホームレスになった男。目の前を往き来するのは幼馴染み“ギッちょん”とひとりぼっちの父(「ギッちょん」)。毎朝同じ電車になる男が鬱陶しくて時間をはやめてみたら、やはり男と一緒になった。適当に話を合わせているうちに「わたし」は窮地に陥る(「水の音しかしない」)。第一部・街でゆきかう老若男女の様々な思惑、殺意。第二部・海辺のサバイバル(「トゥンブクトゥ」)。【「BOOK」データベースの商品解説】

40を過ぎ男は公園で暮らし始める。目の前を往き来するのは、幼馴染み“ギッちょん”とひとりぼっちの父。荒れた10代、放浪した青春は今も昨日のことのように−。表題作ほか全3編収録。『文學界』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

ギッちょん 5−75
水の音しかしない 77−159
トゥンブクトゥ 161−230

著者紹介

山下 澄人

略歴
〈山下澄人〉1966年兵庫県生まれ。富良野塾二期生。劇団FICTION主宰、作・演出・出演を兼ねる。「緑のさる」で第34回野間文芸新人賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価2.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (1件)

2013/05/14 16:06

投稿元:ブクログ

短編集3編。
『ギッちょん」時系列がバラバラで、ただ年齢が示してあるので分かる。男を女と思ってアメリカまで行った浮浪者の人生。
『水の音しかしない』3.11に触発されたような意味のない物語
『トゥンブクトゥ』支離滅裂、妄想なのか、死の前の走馬灯のような想いの羅列なのか、子供の夢なのか、、、

2013/08/29 22:24

投稿元:ブクログ

今までの小説の定義をひっくりかえされたというか、こうゆう奇想天外な作りのものって、どうしても読みづらかったりする気がするけれど、これは、さらっと読めた。肌に合っているのかもしれない。
「ギッちょん」の、死に向かっていく主人公の姿だとか、いいよなぁ。
それも悲壮感がなく、ちょっとクスってなってしまう感じが。

2013/04/15 22:37

投稿元:ブクログ

 時系列と空間にとらわれない流れにまずは戸惑う。普通に切なく、痛々しく、あるいは微笑ましい断片たちが、実験的であることすら拒むような変貌を遂げ続ける。
 久々に読んだこのような方法論の小説は、正直ちょっと苦手だ。

2013/06/21 16:03

投稿元:ブクログ

『ギッちょん』のみ読了。不思議な世界観。嫌いじゃないが、時系列を理解するのに時間はかかるし、ギッちょんとは何者たるや、そして著者が言いたいことを私の頭ではよく理解かできなかった。機会あれば違う作品も読んでみよかな。

2013/07/03 00:18

投稿元:ブクログ

男の子や、大きくなった男の子が、見たものをみた順番に、思い出したものを思い出した時に語っていく話。
…と思いきや、誰の、どこの視点からみたことなのかよくわからない部分もあるし…
むずかしかった。
とりあえず、一文は短い。次々変わる視点に、頭が追い付かない。
だからわからなかったし、頭が疲れたけど、嫌な文ではなかった…

いや、でもなんか怖かった。不気味だった。おそらく主人公は最後に死んでるし、"死"の怖さがどっかにある? ホームレスのこととか、この話全体として孤独な感じや死に近い雰囲気がなにかあって、最初からじわっと怖いのはそのせいではないか。死への漠然としたおそれ、っていうか。

はぁ。疲れるから、図書館でさんざん予約待って借りたけど、表題作だけ読んで返却する。読むならコンディションのいい時にしっかり読みたいもんだ(寝不足と頭の回転↓のため、今はむりぽ)。

2017/03/25 01:01

投稿元:ブクログ

時系列がバラバラで様々な角度から展開される物語に最初は戸惑うけれど、わかってくるとすんなりと読めた。なんともいえない読後感が残る作品で、再読必至。

2014/09/09 17:55

投稿元:ブクログ

【今年度野間文芸新人賞作家、注目の問題作】四十を過ぎ男は公園で暮らし始める。荒れた十代、放浪した青春は昨日のことのようにここにある。第一四七回芥川賞候補作ほか二篇。

2013/11/28 00:00

投稿元:ブクログ

脈絡のないおかしな夢を見たあとのようなヘンな読後感
おもしろくない短編小説をいくつか書いて、それを適当に混ぜ合わせて、文章を任意につなげると、こんな作品になるのかも知れません。最後の方でなぞを解くためのキーのようなものを見つけたような気がしますが、とてもそこまでよみなおす根気と情熱はなかったです。全体的に脈絡のないおかしな夢を見たあとのようなヘンな読後感でした。
きっとこの作者山下さん、忘れてしまってなければもう読まないんじゃないかな。

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む