サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

考える練習
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/04/17
  • 出版社: 大和書房
  • サイズ:19cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-479-39239-2
  • 国内送料無料

紙の本

考える練習

著者 保坂 和志 (著)

「自分の命が何より大事」というのは本当だろうか? 「論理的」イコール「正しい」とは言えないのではないか? 論理に縛られてテンプレート化した発想から抜け出すための12講。大...

もっと見る

考える練習

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「自分の命が何より大事」というのは本当だろうか? 「論理的」イコール「正しい」とは言えないのではないか? 論理に縛られてテンプレート化した発想から抜け出すための12講。大和書房ホームページの連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

保坂 和志

略歴
〈保坂和志〉1956年山梨県生まれ。早稲田大学政経学部卒業。「草の上の朝食」で野間文芸新人賞、「この人の閾」で芥川賞、「季節の記憶」で谷崎潤一郎賞と平林たい子文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.8

評価内訳

2013/06/29 07:16

投稿元:ブクログ

保坂さんの文章を読むようになってから、「考える」についてこだわるようになった。まだ小説を読んでいないので、この本にも書かれている「プレーンソング」「残響」「カンバセーション・ピース」も読んでみたい。”解釈するのではなく経典のようにまるごと暗記するような読み方こそが強い””正しく蹴り続ける”弱い響き合い”小島信夫/磯崎憲一郎/中井久夫「微候・記憶・外傷」

2013/05/06 10:43

投稿元:ブクログ

考える事が大事だと知らぬ間に刷り込まれたのか、はたまた自発的に思い立ったかはわからないけどまぁ重要だってことには変わりない。
で、『考える練習』です。
とは言っても小説を書くための心構えだったり読書の仕方だったり、収束させずに拡散しろとか答えや証明なんてものはいらないだとか不安定な世の中をい来る術的なことまで色々書いてありました。
最後は「理想を実現するために考える」とこに落ち着くんですけど、理想っつったらアレしかないよな。
つーことでしっかり考えて行きたいと思います。

2013/05/24 07:04

投稿元:ブクログ

私のような天邪鬼というか人生を斜に構えて生きている人間には、保坂氏の言葉はすごく勇気づけられるとコメントすると氏は閉口するのかな。(保坂氏が悪いのではなく、非は私にあるのですが。)でも、世間が信じていることをたまには疑ってみて、それを正々堂々と態度に顕すことって、人として美しいし強さを感じます。やさしい言葉で語られてはいるのですが、共感するところや考えさせられるところが多く、内容的には重量感たっぷりです。これからもへんこな親爺でいてやろうと意を強くしました。

2017/02/07 16:30

投稿元:ブクログ

面白い。
考えるとは全方向に向かうものではない、答えが出ないモヤモヤも引き受ける、そんな「考える」が面白い。

2013/10/25 12:03

投稿元:ブクログ

いいことがたくさん書かれてるんだろうなぁ,頭がいい人の本だなぁ,私にはかなり難しいなぁ,という感想。これがいちばん怒られるのだろうけど。

2013/08/27 16:48

投稿元:ブクログ

 考える練習と、うたっているが実際は何も考えない練習なのかもしれない。結局、本題的なものはなく著者の意見の押しつけがだらだらと続いている感じがするのだが気のせいか。

 頭から対談的に入っているのでところどころ矛盾するところが出てくる、そして、それが真だと作者は言いたいのかもしれない。

 物事はどうともとりうることができる。他社がとやかく言っても自分が正しい事を思えばそれで良いと

2013/06/17 21:37

投稿元:ブクログ

たとえば村上春樹に「何枚レコード持ってます?」って訊いて、「ずいぶんたくさんあるみたいだ。しかしまだ十分ではないとしか答えようがない」って云われて、「は?なに言ってんのおまえ」ってなったとします。
そんな村上春樹ってどんな思考回路してんのかを、噛み砕いて言語化してくれたような、そんなイメージの本です。

「考える」こととは、いつも決断を下すためにあるのではない。出来事をあるがままに一旦受け止める。本能的に感じた違和感を逃さない。いかにも正論だったり、あまりにも理にかなってたりすることに対して素朴な疑問を持つ。そもそも「意味」って何?みたいな疑問も持つ。ようなことをいうのではないかしらと思いました。

作家がべらべらしゃべくるタイプのこの構成は、普通に説明されたものが書いてあるよりかえって「考える練習」にもなる。

2013/11/15 14:03

投稿元:ブクログ

「考える」というよりは「見る」というか、論理より感覚・経験というか、全体的には近代合理主義批判的トーンで、スローライフ志向の人は共感しやすいのかも。
確かに回収作業やどんでん返しはある意味不自然で下品だとは思うし、言いたい事は理解できるんだが、意味を求めて解釈するのが人間だから、そこまで否定しちゃうのもどうかな?って気はする。わからないってのは不安だし、そもそも言語化作業が知性化であるわけで。文学に知性は不要と言われればそれまでだけど。
あと、書き手と読み手のところで、批評家はクリエイターにはなれないとの事だが、小林秀雄は反対の事を言っていたような。この辺はどうなんだろ?まだよくわからない。
それにしても50過ぎた芥川賞作家が掲示板の書き込みチェックして心を動かされているという現実にはちょっと驚いたな。そういうもんかね?

2014/03/30 19:50

投稿元:ブクログ

保坂氏の言う「考える方法」は「正解」を考えることではなかった。



正しさ、客観性、冷静を嫌い、すぐに回答を求めず、論理も否定する。論理や言葉は「枷」になって世界を限定している。朝起きて寝るまで我々は枠の中で枠に疑いを持つことなく動かされている。我々は経済活動にカウントされない時間を送れなくなっている。それをさせている相手を「やつら」と呼ぶ。やつらは強い力学である。そこから抜け出すにはまずそこに枠があることに気づかなくてはならない。iPhoneのような便利なテクノロジーなんていらない?

2013/06/27 00:34

投稿元:ブクログ

 ネットに情報が溢れ出る昨今。考えないでもわかった気になる時代である。そんな時代だからこそ読みたい一冊だ。第一講から、思考に「公式」は役に立たない、「わかった」と思わずに考え続ける、とくる。

 実に多くのテーマを論考しているが、一貫して流れているテーマは、『学問は「頭」でするものではない、本当は情緒でやるものだ』という岡潔の言葉に集約されていると思う。保坂和志の文章は実に論理的なのだが、一方で「文体とはペンの動きやためらいである」とか、「小説を書くことは、最初の何フレーズかのメロディが与えられればあとは即興を引き続けられるっていうのに近いようなイメージ」であるとか、「辺縁的な観念を大事にする」とか、頭で生まれた観念をもとに言葉を紡ぐのではなく、五感で掴むリズムや音と、そこから生まれるライブの情緒を大事にしているのだな、と思った。
 「文学は理屈ではなく芸術である」ということかなと。

 共感した点が2つほど。1つは「理系と文系を繋ぐような本を書きたい」というモティベーション。もう1つは、ドラマ「ER」のように、物語の中に大きな視点と小さな視点のものが同時に描かれる群像劇が面白いってこと。そこで起こる問題は、見る視点によって大きくも小さくもなる。物事を多面的に見ることの重要性は、それに尽きると思う。
小説では伊坂幸太郎が得意とするスタイル。「あまちゃん」や三谷幸喜の映画や舞台もそう。登場人物全てのキャラクターに「人生」を与え、読み手がいろいろな立場で想像できる。小説を味わう醍醐味の1つであろう。

2013/07/06 21:52

投稿元:ブクログ

芥川賞作家が考えるとはどういうことかを若手編集者からの質問に答える形で書くエッセー。
経済的なものの見方を否定する形を取っており、それに対して当初は反発を覚えた読み進めるうちに確かに自分が毒されている部分も大きいと思えて来た。経済的な合理性が正しいとするのは概ね人が金銭的インセンティブになびくケースが多いということだが、当然それ以外の最後通牒ゲームに現れる公平性の問題も重視される訳で、あくまで個人の判断の問題。著者はそこを重視しており、多数の人がどう思うかではなく、自分がどう思うか、どう有るべきかを考えろと説く。

2014/06/29 00:29

投稿元:ブクログ

読み終わったあとの感想を一言でいうと、衝撃です。これまでの自分の思考は一体なんだったのか、こんな風に世界を考える人がいたのか。…少しカフカを読んでみたい気持ちになりました。

2014/03/25 09:03

投稿元:ブクログ

小説家・保坂和志氏によるエッセイのような本。いちおうインタビュー形式をとっており、おそらくわたしとほぼ同年代の若い編集者が適宜軌道修正しながら、現代を生きるわたしたちにお説教をするという体裁になっています。今週の日曜日、横浜・山手のとある高台に座って黙々と読みました。

本書はどうしてもその議論のプロセス、「考える」過程というものを読み取るために努力が必要な本です。結論として出てくる白人悪玉論や野田元総理批判、ならびに経団連やアメリカが賛成することは基本反対しておけばいい、といったことは、本書のポイントではない。そもそもこれらは、わたしごときが新聞を読みながら常々思っているレベルの話でもあって、意見はわたしと「たまたま」一致するものの、ここで止まってしまっては本書を読む意味がありません。

本書ではひとがものを「考える」なかで、論理的な思考を重視すべきでない、という指摘が目立ちます。それでは論理に従わないで、直感ベースでものを考えるべきなのか。しかし、生きとし生けるもの即ちこれ多様、というドグマを信仰するわたしにしてみると、論理に従わない思考を突き詰めていけば、もはや何でもありになってしまい、収拾がつかなくなってしまう。そもそも本を書いたり、ブクログに投稿したりする意味がなくなってしまう。

冒頭から「お説教」モード全開なのであまり気に入らず、長いこと積読していた本ですが、読んでみると止まらない上に、一度だけ通読しても上記のような袋小路に入り込む。読みやすいけれど、なかなか一筋縄ではいかない本です。ただしゆっくり再読すれば、おもしろいアイデアがザクザク出てきそうな気がします。良い本です。

2014/02/16 10:33

投稿元:ブクログ

なぜか保坂和志という人物が気になっていた。でも小説を立ち読みしても特に感じるものはなく、この本の帯に惹かれた。「『論理的』イコール『正しい』とは言えないのではないか?」の言葉だ。人を超えるのは論理ではなく情緒だとつねづね思っていた私にはグッと来て読んだが、全体的に自分を鼓舞してくれる本だったと思う。著者はとにかく革命を夢見ている。既に出来上がってしまった論理に支配されたこの社会と闘い、ほんとうの幸福が得られる世の中を。最終章の「考えるとは、理想を考えること」という言葉にそれがいちばん現れている。

2015/08/15 23:24

投稿元:ブクログ

小説、小説論、エッセイなど、この作家の本はわりと読んできたと思うが、この対談形式の、話し言葉で書かれたものは、今までの私の持っていた作家のイメージとは、ちょっと違っていて、最初慣れるまで違和感があった。

わかりやすい言葉で書かれているが、どんどん読み進むというわけではなく、いちいち読むのを止めては「考える練習」をしながら読んだ。そういうふうに読むようにできていたと思う。
ハッと気づかされることが、たくさんたくさん書いてあった。目次を抜き出そうかと思ったが、どれもこれも抜き出したくなり無理。そばにいつも置いて、たまにチラチラ見たい感じだが、これは図書館の本であった。購入するべきだろう。

一番印象に残ったのが、ペットショップの話というのが自分でもどうかと思うのだが。

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む