サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

銀河鉄道の彼方に
銀河鉄道の彼方に 銀河鉄道の彼方に

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/06/05
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/563p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-771436-4
  • 国内送料無料

紙の本

銀河鉄道の彼方に

著者 高橋 源一郎 (著)

「いつか、人間は、世界の究極の秘密を知ることができるんじゃないだろうか」宇宙船から突如失踪したジョバンニの父。「宇宙でいちばん孤独な男」の話と、最期に遺された「あまのがわ...

もっと見る

銀河鉄道の彼方に

2,376(税込)

銀河鉄道の彼方に

1,851 (税込)

銀河鉄道の彼方に

ポイント :17pt / 紙の本より525おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「いつか、人間は、世界の究極の秘密を知ることができるんじゃないだろうか」宇宙船から突如失踪したジョバンニの父。「宇宙でいちばん孤独な男」の話と、最期に遺された「あまのがわのまっくろなあな」という謎のコトバ。宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』が21世紀に!高橋源一郎の新たな代表作!【「BOOK」データベースの商品解説】

宇宙船から突如失踪したジョバンニの父。遺された「あまのがわのまっくろなあな」という謎の言葉。さあ、ジョバンニと一緒に「銀河鉄道」へ乗りこみ、運命の旅に出かけよう。『すばる』掲載に加筆・修整して単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

高橋 源一郎

略歴
〈高橋源一郎〉1951年広島生まれ。「さようなら、ギャングたち」で群像新人長篇小説賞(優秀作)、「優雅で感傷的な日本野球」で三島由紀夫賞、「日本文学盛衰史」で伊藤整文学賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.8

評価内訳

2013/11/20 20:12

投稿元:ブクログ

読んでるあいだ考えていたこと。
死者は祖霊となり普段は集合体として生者を見守っている。お盆のときは個として家に帰ってくる。柳田國男の『先祖の話』のこと。そんなようなことを考えていた。

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』の翻案?メタ小説?みたいだから、あながちおかしな解釈でもないんじゃないのかなぁと思ってるんだけど。銀河鉄道って死者が乗ってるわけだし。

2013/08/13 04:01

投稿元:ブクログ

宮沢賢治の各小説をモチーフにした連作短編集『ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ』の中に『銀河鉄道の夜』は含まれていない。『銀河鉄道の夜』は、著者の思い入れの深さから別出しとなってこの560ページもの小説に結実した。 日本経済新聞の書評にて「名実ともにこの作家の代表作となるだろう」とされた最新長編小説。分量は560ページなので、もちろん長いのだが、面白くてどんどん引きこまれる。長さを忘れるというのではないが、不思議にその長さを感じさせない。

銀河鉄道のモチーフは1997年刊行の同じく野心的な小説『ゴーストバスターズ』にも出てきている。本書では、『ゴーストバスターズ』で一度チャレンジしてうまく果たせなかったことを、もう一度チャレンジしているようにも感じられた。あの本では、よくわからなかった『ゴースト』の意味も、この小説を経て遡及的に読み返すことで「わかる」ことができるような気がする。

著者は、主観や時間など哲学的主問題について、その問いを小説の形を借りて開こうとしている。この小説が哲学的問いについての小説であるのは、例えば野矢茂樹の『哲学の謎』などを読んでみればよく理解することができるだろう。そこに「ある」ことを、小説にしかできない形で読者に差し出そうとしている。さらには読者以前に、すでに最初の読者でもある自分自身にその問いを差し出しているとも言える。

誰も読むことがない記録(「日記」や「図書館」)、「列車」と「車掌」、「死人」や「闇」、「記憶」と「流動」、「果て」と「中心」。それら括弧に包まれた語らをそのままに読むと同じ語であってもかつてその語に対して感じたこととは違う何かが頭の浮かび現れてくる。『列車』については、「列車」だけでなく「汽車」や「機関車」という表現もされる。括弧書きの『列車』と地の文の列車の違いもある。その違いが意図するものも感じ取ることができる。

第3章の後半から最終章までの文体的試行についても、実験的であるだけでなく、きちんと盛り上がりを見せている。改ページだけでなく、改行や句読点や空白についても意識的だ。正確に言うと、高橋源一郎に対しては、それが意識的であることを読者として信用することができる。すべてはわからないのだけれどもそこに意図があることを信じることができる。おそらくそれで十分で、数少ない選ばれた「小説家」だけが許される所作でもある。

いずれにせよ、われわれは『列車』に乗ってしまっている。「たくさんの人だちが、望んで、時には、望まず、『列車』に乗るのです。あなたやわたしが乗ってしまったように」

----
それにしても、正直に告白すると、G**がジョバンニをC**がカムパネラを指していることに読み終わるまで気が付かなかったのは迂闊だった。もう一度読むべきじゃないかとさえ思う...
『銀河鉄道の夜』もまた読んでみようと思う。きっとこの小説を読む前に読んでおくべきなんだろうけれども。

日本経済新聞の書評だけでなく、帯にも「新たな代表作」とあるようにこの本が含み持つ射程も含めて後期の代表作と言えるだろう。

----
----

なお巻末の「主な引用・参照文献」に次のWeb上のエントリがある。

勝瞬ノ介「イェドヴァブネの闇 ―ユダヤ人虐殺とポーランド住民」
http://www.polinfojp.com/kansai/jedwabne.htm

どこに引用されているかというと、P.279に「イ××××××の町で生まれた」少年の話としてこっそりと挿入されている。町の人がレンガで殴り殺されたり、目玉をくり抜かれたり、穀物倉庫に閉じ込められて火を付けられる、と描写されている。小説上の作り物のように見せて、実際に起きた事実をひっそりと置くことで、現実と虚構の境界を混じり合わせている。Webサイトへのリンクを主な引用に置くという、ちょっとした仕掛けを施している。ほとんどの読者は気が付かないかもしれないが、もちろんそれでもいいのだ。

同じくジャン・ジュネの『恋する虜 ― パレスチナへの旅』も引用文献として挙げられている。こちらはどこにあるかはわからないが、どこかにまたひっそりと置かれているような気がする。『非常時のことば』で取り上げられた『シャティーラの四時間』の内容を見ると、たぶんそういうことではないか。

もちろん、イェドヴァブネの話もパレスチナの話も、多くの人が理不尽に死んでいく話で、死者やまだ見ぬものら対する倫理を意識する著者がこれらの引用を選択した「意味」があるはずだ。そのメッセージをどのように感じるのかは読者にゆだねられている。

2013/06/16 00:19

投稿元:ブクログ

読み終わったあと、まず混乱があった。こんな小説でも、終わることができるのだという驚き。正直なところ、最後はただ疾走(失踪)する言葉を這々のていで追いかけることしかできなかった。
光速に近づき、やがて質量を失って完全なエネルギーになる。その感覚を再現(というか想像)しているんじゃないかと思われるほどのスリルだった。

なにせ550ページをこえる本だから、読んでいた過程をいろいろと思い出す。列挙してみる。

・先が読めない、著者自身も先を読めていなさそうな感じに、ぐいぐいと引っ張られた。とにかく、人が書いたもののパロディが物語を進行させる(この矛盾! はっきりとは書かれていないが『となりのトトロ』に言及してある箇所もあり、さすがパロディの名手と思いつつ笑った)。

・『国民のことば』や『さよならクリストファー・ロビン』の内容が、細部にまで形を変えて響き合っている。

・私小説的な要素もにわかに現れ、それが宮沢賢治その人の人生と絡み合う。おまけに天文学と詩も絡み合う。「宇宙」、「時空」、「死」、「老い」、「子ども」、「記憶」、「宇宙」、「無」、「身体」、「小説」、「物語」、「詩」、「セックス」、といったトピックが交錯している。

2013/12/29 19:03

投稿元:ブクログ

壮大な思わせぶり。
不必要な言葉の羅列。

僕はもう高橋さんの作品を感じることができないのだと知り、とても悲しかった。

2013/07/17 20:18

投稿元:ブクログ

はじめは純文学かと思い手に取ってみるや、複雑な物語が絡み合っては「世界の崩壊」を描くハードSFになったり、高橋本人と思しき作家やその息子のランちゃんキイちゃんが脈絡もなく出てきたり(From『悪と戦う』)とかなりカオティックなものになっている。

560ページにわたる銀河鉄道の旅を堪能するつもりで読んでいたら、高橋の脳内トリップに連れていかれてしまったようだ。

あまりにも壮大で、この本に入っているメッセージやコンテクトをすべて(というかほとんど)拾いきれてはいないが、一つ言えることはこの物語は「喪失感」と向き合うための小説であるということだ。
主人公のジョバンニは父を、ランちゃんはキイちゃんを、3章の人物たちは「流動」によって「記憶」を、それぞれ失っている。

そしてその喪失と向き合う手段の一つとして提示されている「ある行為」が、読む人間の胸をほんのりと暖かくする。
震災前に文芸誌への連載自体も終わっていた本作だが、大幅な改稿を経てこの時期にリリースされたということはつまりはそういうことなのだろう。

2014/02/05 23:00

投稿元:ブクログ

200ページ目あたりから、どこまでが本編でどこからが虚構なのかもうわからなくなる。そもそも小説だから虚構なのだが。

300ページを越えると世界がズレていく。あっちの人物とこっちの人物が融合し、流動する。書き手さえも物語に降りてくる。もはや物語の枠も超えている。

何百ページからかは覚えてないが、事態はただ闇に向かって進んでいくのを感じるようになる。進んでいるのか戻っているのかもわからない。書き手に宮沢賢治が憑依していることもある。いや違うかもしれない。
もしかしてさっきまで読んでいたページをもう一度読み返すと何も書かれていないんじゃないか。そんな気さえする。


もしfacebookで昨日投稿した記事が、今朝見ると消えてたとしたら。それはまあfacebook側の何らかの問題だろうとふつうは思う。
もし自分が描き上げた絵が、次の日まっさらなキャンバスになっていたとしたら。それは誰かの悪ふざけなんだろうとまず思う。
しかしそれが同時に起こったならどうだ。同じようなことがもっと同時多発的に。自分が認識しているすべてのことが初期化されたとしたら。

そんなことがあってもこれを読んだあとなら、なんとなく受け入れられるかもしれない。あらゆる物理法則が通用しない世界もあるのだと。

すべての存在は、そこに在って、そこには無い。無数の星ほどあって、ひとつしかない。
言語化できる限界ギリギリの世界観を圧倒的筆致で描く。まいった。

2013/08/16 11:56

投稿元:ブクログ

夏休みに集中して読み切って良かった。通勤電車で読んでいるとあまりのめり込めなかったので。宇宙船に一人で乗って、外を見てもずっと真っ黒くて、季節も時間も分からない…という心境に寄り添うには、はやり休みの期間中がいちばん。しかしながら、この本のように、ことばをあやつることさえ、意味を失い、自分の存在が不安定な状態になり、なお残るものを見付けだすには、夏休みは短過ぎるのでした。

2016/02/16 22:41

投稿元:ブクログ

高橋源一郎が宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」にインスパイアされて生まれた小説。我々はどこからきてどこへ行くのか、その壮大な問いに小説の形で答えようとした。しかし、残念ながら未成熟。謎はさらに「彼方」ね遠ざかったようだ。

2013/10/05 00:30

投稿元:ブクログ

感想なんか書けない。ミニマルな音楽を聞き続ける理由のような小説。流動のところが好きだ。そして、村上春樹の文体になっている部分だとか(いや、確かめたわけじゃあないんだけど、村上春樹の小説読んでるみたいだなあと感じる部分があったり、スタイルの冒険は一時期の筒井康隆だし。

2013/09/07 20:12

投稿元:ブクログ

563ページのボリューム感は、まるで昼寝の枕になりそうな分厚さ。重さに恐れおののきながらひもとけば、そこは賢治の世界へのオマージュ。雑誌「すばる」に2005年3月号から数回に分け不定期に掲載されてきた各章全面的に加筆、改訂。

マクロとミクロの想像力を駆使して、あり得べき物語を賢治の物語の上に作り上げるなら、こんな風になるんじゃないかという一つの試みだ。

途中は退屈、実験的といえば誉めすぎで、原稿料稼ぎといわれてもしょうがないような無茶の文章の繰り返しも多い。

2013/04/22 07:20

投稿元:ブクログ

「ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ」に続き、宮澤賢治。どんな風に料理されているか楽しみです。。。

集英社のPR
「宇宙船から突如失踪したジョバンニの父。最期に遺された「あまのがわのまっくろなあな」という謎の言葉。さあ、ジョバンニと一緒に「銀河鉄道」へ乗りこみ、運命の旅に出かけよう! 」

2013/11/24 11:18

投稿元:ブクログ

高橋源一郎の文章はスピード感があって、長くてもすらすら読めてしまう。
「銀河鉄道の彼方に」はとっても複雑で1回目は感じるだけで終わってしまった。第一章、二章の宇宙飛行士の話については、グレーテストヒッツと近いテーマだな(存在とか、消えるという概念)と感じたが、3章目からは怒涛の視点の移動や、展開に、いろんなものが入り組んでいる感覚だけを感じることができた。
疲れたから、もうしばらくは手に取れないかもしれないが、また日を経て代みたいと思う。
感じ取ったものとしておもしろかったのは、作者の問題でもある書くというテーマが垣間見えるところだった。作者?と思われる存在が登場したり、次元の移動と思われるものが度々行われたり、そういう意味で難しいがダイナミックな作品だったと思う。
加速と流動性のところにおもしろみと恐怖を感じたが、最終章でジョバンニが、戻れなくてもしっかりとこれを感じていようと再び思うところに爽快感を感じた。

2015/05/05 13:10

投稿元:ブクログ

闇にも何かある、いや、なにもないのか?
なくても進まなければいけない。
とどまることはできないらしいから。

2016/10/08 16:01

投稿元:ブクログ

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」に関係のある部分もあるが、SFなのか哲学小説なのかといった感じでしょうか。
途中までは読者は「傍観者」ないしは「観察者」でいられると思いますが、後半は無理やり小説の世界に引きづり込まれます。文章を読んでいるだけなのに、主人公(だれが主人公だかわからないが)の感じたことを同時体験させられます。
その意味では成功していると思いますが、難解なテーマは消化不良を起こすかもしれません。
読み終わってすっきりはしませんでしたが、楽しめました。

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む