サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 追悼者 Requiem

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

追悼者 Requiem(文春文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/04/26
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/457p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-745114-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

追悼者 Requiem (文春文庫)

著者 折原 一 (著)

浅草の古びたアパートで絞殺された女が発見された。昼は大手旅行代理店の有能な美人OL、夜は場末で男を誘う女。被害者の二重生活に世間は沸いた。しかし、ルポライター・笹尾時彦は...

もっと見る

追悼者 Requiem (文春文庫)

833(税込)

追悼者

829 (税込)

追悼者

ポイント :7pt / 紙の本より4おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

浅草の古びたアパートで絞殺された女が発見された。昼は大手旅行代理店の有能な美人OL、夜は場末で男を誘う女。被害者の二重生活に世間は沸いた。しかし、ルポライター・笹尾時彦はOLの生い立ちを調べるうち、周辺で奇妙な事件が頻発していたことに気づく。「騙りの魔術師」が贈る、究極のミステリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

大手企業のOLが絞殺死体で発見された。彼女は夜になると街で男を誘っていたという。事件に興味を抱いたルポライター笹尾が彼女の生い立ちを取材すると、周辺で奇妙な事件が頻発していて…。辿りついた意外な真犯人とは?【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

もうちょっとベーシックにしたほうがいい。

2013/06/23 22:46

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BACO - この投稿者のレビュー一覧を見る

中盤までは事件の発端に対する期待感を持たせた感じがしたが、中盤以降はグダグダした説明が多い感じがした。
取材対象者が多く、しつこさを感じ、結果として犯人に結びつく筋が理解できなく、わけが分からないまま終わってしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/03/07 23:52

投稿元:ブクログ

「東電OL事件」の設定のみを扱い、著者が作り上げたミステリです。
今だったらインターネットの掲示板なんかで散々なことが言われそうな事件。フリーライターが被害者のことを調べていくうちに、誰が味方で被害者とどんな関係があったのか分からなくなってきます。被害者はなぜ二重生活を送っていたのか。複雑な家庭環境もあり、優等生ではあったけれど計算高さも感じさせる小学生時代に原因があったのか。それとも早熟を噂され身辺で不思議な事件が起こり始めた中学生時代?高校時代には娼婦になってもそれほどおかしくないという意見も出てきたり、その一方で身近に起きる事件に敏感になって人と距離をとるようになったり…。全てが人伝に、場合によっては複数の人を介しての話になるのでますます被害者像が掴めない。インタビューを進める過程でも、ライターに近づいてくる人が怪しげかと思えば、インタビューを受けている人も何か隠してそうだし、となるとその人の話はどの程度正確なのか。読み手が「こうじゃない?」と想像してしばらくするとライターの同じ結論にいたり、その線で詰めようとしたところ予想を裏切る展開になってまた一からやり直し、ともどかしさを感じつつどんどん読まされる。
真相は気持ち悪くなるようなもので、意外な人の活躍が唯一すっきりするところですが、さらに引き起こされた悲劇にどうしようもなく救われない気分になります。ここまで追い討ちかけなくたって。

2013/05/24 23:46

投稿元:ブクログ

東電OL殺人事件をモチーフにしたミステリー。
ノンフィクションライターが、関係者にインタビューをしながら事件を追う。
最後のどんでん返しはいつもの折原流。
ちょっとややこしかった。

2013/10/25 22:17

投稿元:ブクログ

【No.199】東電OL殺人事件をモチーフにした作品。後半がどんでん返しすぎて、わけがわからなくなった。トリックとか構成が複雑すぎ。

2015/09/10 21:49

投稿元:ブクログ

折原一の作品は昔一つだけ読んだ記憶が。「~者」シリーズとしてくくられているが、登場人物は別らしい。そして、シリーズの多くが、実際の事件をモデルにしているよう。本作は、東電OL事件がもとだが、展開はまったく違う方向へ行っている。ラストが予想できなかった。あと、無駄のない簡潔な文章が私は好きだ。
(登場人物メモ)
笹尾時彦…ノンフィクション作家。本作の主人公。事件を追う。
高島百合子…ノンフィクション作家。笹尾と共に事件について調べる。

2013/09/15 21:08

投稿元:ブクログ

 東電OL殺人事件をモデルにしたミステリー。

 とはいえ、それは導入だけでどんどんはずれていくのでむしろ安心しましたww

 殺されてたOLの周りでは、子供のころから事件がおこっていた。
 それを雑誌記者が調べて行くのだが、生まれてからを丁寧に描いているから、どうしようもなくいつも間にか歪んでいく彼女の人生が切ない。
 
 面白かったけど、この手のモデル小説は…。
 折原氏は、普通にとっても面白いから、こういうのって<蛇足>だと思んだよな。

2015/06/12 12:13

投稿元:ブクログ

結局何が本当なのかよく分からなくなってしまった…。
エピローグはどういう意味??

一人の嘘から噂が広がり「丸の内OL」という虚像が作られていくのは、怖くも興味深く感じた。

2015/09/01 22:27

投稿元:ブクログ

東電OL事件を連想させる作品だけれど内容はかなり事実とはかけ離れた謎解き物となっている。
嫉妬という文字には「女」という文字が含まれている。
嫉妬が女性特有の物とは思わないが、いかにも女性ならではと思わせる人間関係が引き起こす犯罪を描く。
いつもこの種の作品を読むと男っていうのは女性に比べて単純で弱いなあってことなのですけど。

2013/05/17 22:15

投稿元:ブクログ

『東電OL殺人事件』をモチーフにしたサスペンス。
取材ノートでストーリーが進み、最後にどんでん返し……という、いつもの折原一サスペンスと同じ構成になっている。

2013/06/13 12:56

投稿元:ブクログ

入り組んだプロットはいいが、プロットにおぼれ過ぎてる感じがしていていまひとつ物語の世界に入り込めなかった。

2014/08/09 23:07

投稿元:ブクログ

最後犯人が明かされて、それはいいけど、、
ほかの人物がはっきりしない点がすっきりしない。
でも、面白く読めました。

2014/09/09 17:55

投稿元:ブクログ

【丸の内OL絞殺事件、「昼と夜」2つの貌が呼び寄せた悲劇】浅草のアパートで見つかった丸の内OLの遺体。「昼はOL、夜は娼婦」、取材したノンフィクション作家が辿りつく意外な真犯人。

2017/02/28 18:43

投稿元:ブクログ

この物語を読み始めたとき、最初に頭に浮かんだのは「東電OL殺人事件」のことだった。
実際の事件はまさにこの物語と同じような経緯をたどった。
被害者であるはずの女性は私生活を暴き立てられ、メディアによって晒し者にされ、悪意ある好奇心の的にされた。
メディアが伝えた被害者女性の私生活の描写には捏造ともいえる情報が多く含まれており、被害者遺族にとっては耐え難い出来事だったろうと思う。
折原さんの作品を読み終わると、いつも「ん~」と思ってしまう。
裏の裏を読もうと、ついつい疑いをあちこちにはさみながら読むのだけれど、結局いつも見事に「してやられた!!」と思うのだ。
中盤以降に登場した殺害されたライターの残した謎の言葉。
いったい誰が犯人なのか。犯行の動機は?
すべてが被害者・大河内奈美を中心に起きていることは間違いない。
しかし、本人が死亡している以上、残された容疑者は限られているはずなのに犯人像がまったく見えてこない。
読み応えがあった。
物語としての面白さだけでなく、考えさせられる(考えなければならない)ことも多かった。
たったひとりの短い証言。メディアが喜んで飛びつきそうな悪趣味な話題。投げ込まれた悪意のこもった餌。
この世で何より怖ろしいのは人の心だとつくづく思う。
すべての謎が明らかになったとき、いろいろな意味でゾッとする。
唯一笑えたのは、腰がほぼ直角に曲がっている(と形容されている)煙草屋のおばあさんだろうか。
女はいくつになっても侮れない。