サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. ママまた離婚するの!? 離婚家庭で育った子どもの気持ち

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ママまた離婚するの!? 離婚家庭で育った子どもの気持ち
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/05/02
  • 出版社: 東京シューレ出版
  • サイズ:19cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-903192-21-5
  • 国内送料無料

紙の本

ママまた離婚するの!? 離婚家庭で育った子どもの気持ち

著者 新川 明日菜 (著)

私のママは3度の結婚と3度の離婚をした…。離婚・再婚家庭の子どものサポート活動をする著者が、親の離婚と再婚を体験したときの思いや、小さい頃から20歳前後までのできごと、子...

もっと見る

ママまた離婚するの!? 離婚家庭で育った子どもの気持ち

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

私のママは3度の結婚と3度の離婚をした…。離婚・再婚家庭の子どものサポート活動をする著者が、親の離婚と再婚を体験したときの思いや、小さい頃から20歳前後までのできごと、子どもから親に伝えたいことなどを綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2013/09/09 12:32

投稿元:ブクログ

離婚、再婚の問題を子供の視点から考えた本

著者の個人的な体験を大人になってから振り返っている点では必ずしも一般化出来ない部分もあると思って読んでいたが、特に女の子については一般的に敷衍できそうな部分も意外と多かった。気づかされる点の多かった良い本だと思う。

多感な時期の楽しくない体験を文章にするのは決して愉快な作業ではなかったはずだが、よくぞここまでまとめた。著者のこれからの活動に期待したい。

2013/06/09 16:45

投稿元:ブクログ

ひとり親家庭や再婚家庭、そのような家庭の子どもの支援をしておられるNPO法人WINKの理事長新川明日菜さんの著書です。

3度の離婚と3度の結婚をした母を持った子どもが、何をどのように感じるのか、何が悲しいのか、親がどういう言動を取ると嬉しいのか、などについて、新川さん自身の経験を踏まえて描かれています。

また新川さんがそのような境遇で成長する中で、何をどう考え、最終的にNPOでひとり親家庭の子どもの支援をするようになったかについても書かれています。

すごく悲しかっただろうし、辛い思いもしただろうし、大変な目にもあっただろうけど、この本を読んでいて救われるのは、新川さんがとても明るく、あっけらかんと書いておられることです。明るく自分の人生を振り返れたからこそ、冷静に客観的に自分とお母さんとの関係を分析的に説明できるんでしょうね。

全3章あるうちの第2章は、「離婚を経験した子どもの気持ち」や「離婚を経験した子どもから(親に)伝えたいこと」などの、具体的なアドバイスがたくさん書かれています。

例えば、『子どもは大人以上に頑張っている 母をほめる前に私をほめて』だとか、『「お母さんを守ってね」は 子どもが弱音を吐けなくなる言葉』、『子どもにとって異性の大人のふれあいは必要 外部の力を借りながら』など、どれも非常に具体的・現実的で、参考になるのではないでしょうか。

本書に書かれていることで、私が特に印象に残った点は、次の3点です。
・離婚していようがしてまいが、親子関係を良くも悪くもするのはやはり、「コミュニケーション」
・親が離婚して親子関係がうまくいかなくなった場合でも、祖父母が子どにしっかり関わり、安定した居場所だと、子どもは変な道に走らないで済む。(必ずしも祖父母でなくて、安定的に見守ってくれる大人の存在でもいいのかは、著者に聞いてみたいところ)
・母子家庭の場合、子どもにはやはりお父さんが欲しい時もあるので、疑似体験でもお父さん的存在がたまにあると良い
・自分の人生経験を活かして社会的起業をしようと思っても、やはりそんな簡単にそれだけで食べていくのは困難であり、事業のフレームワークをよく考えることが大事。

知り合いの本だからホメるわけではなく、とてもいい本だと思います。ひとり親家庭の保護者さん、そういう環境に育った方、ひとり親家庭に関心のある方、親子関係に関心のある方にお勧めです。

恋愛・結婚 ランキング

恋愛・結婚のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む