サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

〈株〉貧困大国アメリカ(岩波新書 新赤版)
〈株〉貧困大国アメリカ(岩波新書 新赤版) 〈株〉貧困大国アメリカ(岩波新書 新赤版)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 106件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/06/27
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/278p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-431430-1
  • 国内送料無料
新書

紙の本

〈株〉貧困大国アメリカ (岩波新書 新赤版)

著者 堤 未果 (著)

「1% vs 99%」の構図が世界にひろがるなか、本家本元のアメリカでは驚愕の事態が進行中。あらゆるものが巨大企業にのまれ、株式会社化が加速する世界で、国民が主権を取り戻...

もっと見る

〈株〉貧困大国アメリカ (岩波新書 新赤版)

821(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「1% vs 99%」の構図が世界にひろがるなか、本家本元のアメリカでは驚愕の事態が進行中。あらゆるものが巨大企業にのまれ、株式会社化が加速する世界で、国民が主権を取り戻す方法を事例を通して考える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

堤 未果

略歴
〈堤未果〉東京生まれ。ニューヨーク市立大学大学院国際関係論学科修士号取得。ジャーナリスト。「報道が教えてくれないアメリカ弱者革命」で黒田清・日本ジャーナリスト会議新人賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー106件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

大資本に牛耳られる米国

2013/08/20 14:08

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

読後の感想は、衝撃の一言です。 自由の象徴であるアメリカの真の姿(=裏の顔)が描かれています。この裏の顔は、日本で報道されることはありませんので、初めて知る話ばかりで、とにかく驚きました。
 
 内容は、第1章から第3章は遺伝子組み換え食品等の「食ビジネス」、第4章は「公共サービス」、第5章は「政治とマスコミ」の裏事情のルポとなっています。
 株主利益のためなら、何でも買い漁る大資本の実態が浮彫りとなっていて、国家がその大資本(=多国籍企業)に牛耳られていく姿は、まさに恐怖です。そこには国民の安心・安全等は全く視野に入っていません。視野にあるのは、大資本の利益のみです。
 「50州からなる合衆国は、究極の地域主権」(206ページ)であり、『レーガン政権以降、一貫して「自由市場」を掲げてきたアメリカ。皮肉なことに、規制を緩めつづけた先に行き着いたのは、少数の大企業による市場の独占だった(72ページ)。』とのこと。「橋下市長」が言うところの道州制(地方分権)は、バラ色ではないことが良くわかりました。

 ただし、本書に書かれている事柄が、どこまでが真実かを確認できる手段はありません。普段から新聞報道等を注意深く観察し、裏を読み取るくらいの洞察力でフォローするしかありません。
 そう言えばアメリカでは、「財政の崖」問題が今秋にも再燃する可能性があるとのこと。この論争の陰に隠れて、「真の問題から目をそらさせる(239ページ)」ような動きが、果たしてあるのでしょうか・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これがアメリカの実態である。

2014/12/19 17:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:命"ミコト" - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読むとアメリカが、危険で野蛮な国になっているかが分かります。
例えば、モンサントが世界の農業を破壊させる行為、
マスコミやネットを買い占め自分達の思う通りになるようにする行為などはかなり恐ろしいものです。
そして、自国だけでなくTTIPやTPPなどで日本や欧州を破壊する事をやろうとしているから恐ろしい。
だからこそ無知ではいけないし、権力批判の重要性と権力批判しながらアメリカに媚び売っている連中にもNOと言う必要があるのを忘れてはならないと気付く1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

高校生に是非読んでほしい。

2014/05/17 20:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くままる - この投稿者のレビュー一覧を見る

新自由主義からアメリカ型の貧困社会へ移行途中の日本。この流れは、止まらないのだろうけれども、知識としてしっかりと認識しておく必要がある。
内田樹氏や湯浅誠氏の言うように、私たちセーフティネットを持ってない原初的に弱者のものは、いつでも社会システムとしての貧困に落ちてしまいそうだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/09/10 00:14

投稿元:ブクログ

うーむ、大国なりの考えや流れがあったのか?と、思いきや、早くもアメリカ自身がコントロール不能な状況にあると、納得。また、今までの流れや状況に関しても、民主主義(お金主義)が行き過ぎた結果を招いたことを知らされました。

2013/10/18 17:38

投稿元:ブクログ

フードスタンプ SNAP supplemental nutrition assistance program
GM作物 モンサント

2014/01/15 11:44

投稿元:ブクログ

筆者は、1%VS99%の報道について、たぶん何となくそんなことがあるかもしれないという認識の方が多いかもしれないが、食・農・医療・政治・司法・メディア等諸々について、はっきりと侵攻していることを再度警鐘している。
もう遅いかもしれないという絶望感も漂ってしまう程、現実は危機的状況だ。

2013/08/04 07:22

投稿元:ブクログ

「貧困大国アメリカ」の1、2を読み、アメリカという国はどうしてしまったのだろう、これでアメリカは自壊していくに違いない、と感じました。いやいや、現実はさらにヒートアップしていました。

1,2でとりあげられたものというと、サブプライムローンは貧困層に金を借りさせそれを金融商品に仕立てることで金融会社が収益を上げる仕組みのもの。その後、「学資ローン」(破産しても免責しないことで回収を確実なものに)、「民間の健康保険」(保険会社が支払うものが事実上診療の限界となる)、「刑務所の民間委託」(なんと囚人から管理費を徴収する。出所するときには支払いが溜まっている)など、貧困層からカネをとる、貧困層を今いる場所にくぎ付けにするモデルが確定します。

 そしてこの完結編。今、アメリカは貧困の輸出を始めているのです。一例がモンサント社による遺伝子組み換え作物の種子の輸出です。これが入ると「特許権の侵害」を盾に在来種の作物が作れなくなるのです。結果として農民は高い種子を買わされ貧困にあえぎ…繁栄するのは食物メジャーのみ。イラク進攻で国土を蹂躙されたイラクはメソポタミア文明以来、多様な小麦が栽培されていることで有名でした。しかし巧妙なやり方で遺伝子組み換え小麦をあてがわれ、その豊かな農業の知恵が壊滅の危機に瀕しているそうです。今後、決して豊かと言えないイラクの農民は毎年高額な種子と農薬を買う負担を負うことになります。(過去、メキシコ、カナダでも同様なことが起きている、と)

アメリカ国内でも養鶏、養豚などでは末端の生産者を借金で縛り付け低廉な買い上げ価格設定で疲弊させる。(初期投資を借入で賄っているので逃げられない。また企業との約定は一方的な内容になっており解約できない)そして利益はやはり食肉メジャーの手に落ちる仕組みになっています。この辺りの事情は映画の「フードインク」でも取り上げられていました。

また遺伝子組換はすでに動物のレベルに達していて、成長が自然種の2倍早いというサケがすでに特許申請されているそうです。

公共部門でも学校や刑務所の運営受託を名目に着々とビジネス化が進む。

TPPはそのアメリカ独り勝ちのための貧困ビジネスの輸出をカッコ良く表現したものに過ぎない。TPPが合意にこぎつけられなかったにしても別の名前で同様な提案があるだろう。

…読んでいてイヤになってくる本。次は日本に貧困ビジネスを輸出するのか。

2015/12/19 21:25

投稿元:ブクログ

アメリカは二大政党の国だと思っていた。この本を読むまで…。共和党は自由主義、民主党は平等主義??そんなのは微々たる違いで、実際はどちらにせよ政策に代わりはないのではないか…?あるのは上位1%の多国籍企業の利益だけ…。どうして他国の国民を迫害し歴史を破壊し、それどころか自国民の健康を損害、自殺に追い込むほど苦しめてまで金儲けをしなければいけないのだろうか…。アメリカの白人には「自国民」という感覚もないんだろうか…??

2013/07/21 14:34

投稿元:ブクログ

シリーズ三部作。
いつも驚かされている気がする。
告発・・・というのなら、アメリカ企業を告発している本でしょうか。
それにしてもGM(遺伝子組み換え)食品の表示がされていないのはアメリカだけなんて・・・・・。
中国ばかりに気を取られていましたが、のアメリカという国も似たような最低の国だなぁ。
ただ、アメリカに「悪意」を感じないと、なかなか書けないとも思います。
それにしても、著者の文章とかわいい容姿とはなかなか結びつかない。

2013/08/10 13:55

投稿元:ブクログ

アメリカの政治が大企業に牛耳られ、さらに世界中に輸出されている現況が理解できた。恐ろしいことだ。日本でも貧困ビジネスといって、生活保護費をだまし取ったりする商売がはやっているようだが、アメリカでは堂々と政府を巻き込んでやっているのである。豊かな者は、ますます豊かに、貧しい者は、ますます貧しくなっていくのである。

2016/02/08 20:34

投稿元:ブクログ

TPP推進しているアメリカで、実際に国民が口にしているものの正体を知ると、ぞーっとする。
そして、改めて、原産地表示アメリカのものは買いたくないと思う。
でもこの実態をアメリカ国民が知れば、やっぱり買いたくないと思うだろうが、所得を考えると買わざるを得ないのだろう。99%のひとは。
TPPを推進してアメリカ原産のものがどどっと入ってきて、日本でこつこついいものを安い値段で提供している第一次産業の方々が廃業に追い込まれ、日本国民の「食の選択自由」も奪われることになるんじゃないか。
おそろしいー。
TPP調印式での副大臣の舞い上がりっぷりとあわせて、心底震え上がりました。

結局、アメリカ国民は壮大な実験室に市場経済という名のもと押し込められているのだ・・・

2013/10/31 08:46

投稿元:ブクログ

2013年6月発売。
アメリカのことが中心だけれど、どうやって大企業が世界を(もちろん日本を含めて)浸食しているかよくわかる。
こういう内容の本なのに、途中会話形式だったり、搾取される方のインタビューが入ったりして読みやすくてわかりやすい。お勧めです。

特に、インドに今の日本とのTPPのような条件をのませるときに「マイナンバー制度」をまず作り、反対派は軒並み逮捕したという文章には、あまりにも秘密保護法と内容が似通っていてぞっとした。

それ以外にも知っておいた方がいい(知らないとやばい)現実が盛りだくさん。さて、自分になにができるかな〜。とりあえず近くの農家さんから野菜を買うことかな…。

2016/03/01 21:46

投稿元:ブクログ

グローバリゼーションによる多国籍企業がいかにして自分達の利益を確保していくかを詳細にレポートしたすごい本。
献金やロビイストの力で政治家、議会、法律を自分達の商売がしやすいように作り変えていく企業達。
そこには、その地域や住民に対する長期的な視点はほとんど見られない。
効率化、コスト削減による徹底的な利益至上主義により、地域の同業者や労働者は潰され搾取されていく。
その結果、儲かるのは企業だけで、残りの99%は貧困のスパイラルに陥り二極化が進行していくのだ。
本書では農業、公教育、警察などが民営化された結果、99%に取っての惨状が克明に綴られている。
日本も多国籍企業が活動しだすとこのような社会になる可能性が高いのだ。
経済優先の社会を突き詰めると二極化の進んだ貧しい社会を見ることになるだろう。

2013/08/12 15:34

投稿元:ブクログ

アメリカに住んでいなくてよかった……としみじみ思ってしまう。いやでも、日本もそうなってしまうのかも、TPPの締結で。読んだ後、背筋も凍る真夏の怖い読み物でした。

2016/09/19 18:35

投稿元:ブクログ

豆乳や豆腐を買うと「遺伝子組み換えではない」という文字をよく見かける。
それがどんなに素晴らしいことなのかを本書を読んで初めて知った。
堤さんの主張のひとつに「当たり前に得られていたものが、当たり前に得られなくなってからその価値に気がついても遅い」的なものがある。
TPPによって「遺伝子組み換え」表示が無くならないように、政治から目を離さないようにしなければいけない。
この国では、重要法案が決まる前後に必ず芸能人が不倫するのだ。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む