サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ドゥルーズの哲学原理
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/06/19
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:19cm/273p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-029101-9
  • 国内送料無料

紙の本

ドゥルーズの哲学原理 (岩波現代全書)

著者 國分 功一郎 (著)

哲学史研究から出発したドゥルーズは、晩年には映画論や芸術論に取り組んだ。その多彩な相貌を貫くものは何か。20世紀最大の哲学者の方法と対象を精緻に分析し、その核心と実践的意...

もっと見る

ドゥルーズの哲学原理 (岩波現代全書)

2,268(税込)

ポイント :21pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

哲学史研究から出発したドゥルーズは、晩年には映画論や芸術論に取り組んだ。その多彩な相貌を貫くものは何か。20世紀最大の哲学者の方法と対象を精緻に分析し、その核心と実践的意義に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

國分 功一郎

略歴
〈國分功一郎〉1974年千葉県生まれ。パリ第10大学およびパリ社会科学高等研究院DEA取得。博士(学術)(東京大学)。高崎経済大学経済学部准教授。著書に「スピノザの方法」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店池袋本店

ドゥルーズの解説書では…

ジュンク堂書店池袋本店さん

ドゥルーズの解説書ではあるが、今をときめく國分氏の熱意を持った、しかし本当に丹念で丁寧な文章で、思想書とは思えないほどのリーダビリティを持つ本である。(しかし内容は簡単ではない)
ドゥルーズに興味がなくとも、ぜひ「まえがき」と「はじめに」、せめて「あとがき」だけでも読んでいただきたい。國分氏のこの本にかける真剣さが存分に伝わってくる。

良い本は、多くの気付きを与えてくれるというが、この本もまさにそうで、我々はドゥルーズの特徴的な文体である自由間接話法についての文章を読んでいるのに、「哲学とは何か」という命題についての一つの答えを知ることになる。
曰く「哲学者は問いを批判することによって問いを発見し、概念を創造する」。
哲学者はいつだって既存の物を疑い、そこから新たな問いをたてることによって自分の概念を造り上げてきたのだ。ぜひそのドラマティックな営みをこの本を通じて知っていただきたいと思う。


(評者:ジュンク堂書店池袋本店 人文書担当 森暁子)

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2013/10/21 09:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/21 02:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/10 15:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/15 10:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/04 20:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/17 14:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/04 13:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/07 02:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/09 08:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/06 20:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/17 00:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/23 02:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/22 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/29 02:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/21 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む