サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

すごい宇宙講義

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/06/27
  • 出版社: イースト・プレス
  • サイズ:19cm/401p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7816-0991-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

すごい宇宙講義

著者 多田 将 (著)

ブラックホール、ビッグバン、暗黒物質…。人類はいかに宇宙を知ろうとしてきたか。基礎となる理論から最新の実験・観測の方法まで、素粒子物理学者が写真やイラストを交えて解説する...

もっと見る

すごい宇宙講義

1,944(税込)

すごい宇宙講義

1,296 (税込)

すごい宇宙講義

ポイント :12pt / 紙の本より648おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「すごい宇宙講義」が含まれるセット商品

中高生にもわかる 最先端科学シリーズ 3巻セット

中高生にもわかる 最先端科学シリーズ 3巻セット

  • 税込価格:5,40050pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

ブラックホール、ビッグバン、暗黒物質…。人類はいかに宇宙を知ろうとしてきたか。基礎となる理論から最新の実験・観測の方法まで、素粒子物理学者が写真やイラストを交えて解説する。一般公開講座の内容をもとに単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

多田 将

略歴
〈多田将〉1970年大阪府生まれ。京都大学理学研究科博士課程修了。高エネルギー加速器研究機構・素粒子原子核研究所助教。著書に「すごい実験」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善丸の内本店

反物質なんて、SFに…

丸善 丸の内本店さん

反物質なんて、SFに出てくるような話かと思っていたが、実はすでに医療などで産業利用されているのだという。ちなみに1グラムの粒子と1グラムの半粒子をぶつけると、広島型原爆3発分という、とんでもない大きさのエネルギーになるそうだ。

著者の専門は素粒子物理学で、茨城県にある高エネルギー研究所(KEK)で素粒子物理学の研究をしている。著者が研究しているニュートリノは、パウリが予言してから26年後に見つかり、ブラックホールやビッグバンも予言されてから、それが実験で確認されるまでに、多くの時間がかかっている。

著者は言う。「科学においては、より重要なのは結果ではなく、過程のほうである。なぜか? 科学の歴史は今も現在進行形で書き換えられているから、結果はその都度修正されるが、そこに到る考えかたは応用が効くから」

この本では、人類が宇宙をどのように考え、それをどのように確かめてきたのか、その過程と結果が書かれている。


(評者:丸善 丸の内本店 語学書担当 工藤吉隆)

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

すごい

2014/01/07 09:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:宇宙人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本はドキドキがとまらなかった。
わかりやすい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/21 21:54

投稿元:ブクログ

素粒子物理論を専門とする著者が行った宇宙論についての一般向け講義を書籍に落としたもの。「ブラックホール」、「ビッグバン」、「暗黒物質」、「宇宙創成」の4回の講義から成る。

確かにわかりやすい。ローレンス・クラウス『宇宙が始まる前には何があったのか?』を読んだ後だとかなりすっきりわかった気がする。難易度からすると、読む順が逆かもしれないが。

本書含めて、いくつか最新宇宙論の本を読むと、科学者のひも理論に対する姿勢に大きな温度差があることが感じられた。直接的にそうとは書いていないが、著者の目にはひも理論はまだまだ仮説としても話せる段階にないと判断しているようだ。

ひとまず、今の宇宙論のパラダイムはわかると思う。もちろん、このパラダイムは将来変更を余儀なくされるかもしれないし、パラダイムの中でも様々な修正が加えられるのだろう。ただ、少なくともこの本の中でも言われているように、宇宙の中のある一点ある一時にいて観察できる範囲の仮説の積み重ねだけで人類はよくここまで持ってきたものだ。それはある意味感動してもいいことだと思うのだ。そういことが少し感じることができる本。

2013/08/15 10:50

投稿元:ブクログ

宇宙がどのようにしてできたのかを理解するのには、素粒子物理学の理解が必要なのでしょうが、これが全く分からない。(素人の私だから当たり前といえば当たり前なのだが)宇宙はとにかく目に見えるのでそれなりにイメージができるし、重力によって空間が歪むということもぼんやりと分かったような気にさせてくれるのですが、「スピンとは、粒子自身の角運動量のことですが、ここではとりあえず、高速でくるくると自転している姿を思い浮かべてください。」と言われてもなーぁ、って感じです。でもこの本は大いに楽しめました。

2013/12/08 23:14

投稿元:ブクログ

前回は高校生のための素粒子論講義だったが、今回は一般向けの宇宙論講義。ということでもっと遠慮なく話している。今回も解説はわかりやすいが、内容はかなり難しい。
見えないものを頭脳と実験で見つけてしまう物理学者たちに大いなる敬意をいだいた。

2015/10/28 16:31

投稿元:ブクログ

前作の「すごい実験」に引き続き軽いタッチで非常に読みやすかった。文系の宇宙好きの方でも楽に読めるのではと思う。内容も古代から現在に至るまでの理論を順序良くまとめられており、また現代物理の難しい理論も噛み砕いて説明してあり非常に分かりやすかった。
東京カルチャーカルチャーでの講演を基に本にしたようです。NHKの白熱教室でも宇宙論をやっていたが、こちらの講演も見てみたかった。

2016/06/22 16:27

投稿元:ブクログ

非常に分かりやすく楽しめた.特に相対性理論の説明はこれまで読んだ中で最も理解できた.また,イラストが簡潔でよく理解できるようになっているのも素晴らしい.簡単な事例をあげて説明する手法は特に良い.ただp299以下の「素粒子物理学で考える暗黒物質の姿」はやや難しすぎると感じた.

2014/06/21 19:31

投稿元:ブクログ

素粒子論と宇宙の成り立ちをからめたお得な本。でも逆に言うと、扱う事象が幅広いのでひとつひとつの解説は薄いです。ある程度知識がある人が読まないと、なんとなく「へー」という感想しか持てないんじゃないでしょうか。想定している読者層がよくわかりませんが、私はS・シンの「宇宙創成」やNewtonの「素粒子論」、「相対性理論」ムックを読んだことがあるので、なんとなく知っている話を思い出しながら読みました。

2016/10/24 05:26

投稿元:ブクログ

佐藤勝彦さんの、「眠れなくなる宇宙のはなし」のレビューの一つで、「このほんの方がいい」とあったので、読んでみたいと思った本。

2014/02/25 18:40

投稿元:ブクログ

最終章を除くと、最新の宇宙理論をわかりやすく説明してくれている。NHKの白熱教室のウォルター・ルーウィン教授の番組を見ていたおかげで、より分かり易かった。ありがたや、ありがたや

2013/09/22 22:41

投稿元:ブクログ

はい,前作「すごい実験」に超感動して迷わず購入。一作目が素粒子物理,今作は宇宙物理ですが,言ってしまえばこの二つはセットですから。

前作の衝撃がでかすぎたのでアレですが,もしこちらを先に読んでいれば,同じような感動を覚えたことは間違い無いですね。

何よりしみじみと頷けるのが,締めの台詞。曰く

「どんどん書き換えられていくことこそ,科学本来の姿」

そうなんだよ。それが科学なんだよ。

2017/02/14 01:07

投稿元:ブクログ

なかなか難しい話なんやけど、おもしろい。わかったような気になるけど、もっかい読み返してみると、あれ?こんなこと言っとったっけ?なんてことも。
完全に理解したとは言えんけど、なんとなくわかったような気になったことで、よしとしようかな。
何度も読み返さんと理解できんかな。いや、何度読み返しても理解できんかも。
でも、こういう好奇心っていうの?満たしてくれるのはうれしい。

2015/09/30 08:12

投稿元:ブクログ

基礎から分かりやすくとても良い本。『すごい実験』ではガールズ&パンツァーが出てきたが,これにはまどマギ(キュゥべえ)が登場。
身近なモノ,コトを引き合いにした譬喩が軽妙でそこも魅力的なのだけど,一ヶ所ちょっと気になる記述が↓
「ラーメンをふーふーして冷ますのと同じで、口の中で圧縮した空気が圧縮から解放されて元の気圧に戻るとき、膨張して(息は)冷たくなるんです。圧縮しないで同じ気圧で吐き出しても(ハーハーしても)冷たくありませんよね。」p.142

2013/08/18 21:21

投稿元:ブクログ

「すごい宇宙講義」の「すごい」に惹かれて買ってしまいました。
本書は実際に講義された内容を本に書き起こしたものです。そして読了後に思った事は「この講義を聴講したかった」です。
著者の多田氏は宇宙の専門家ではなく素粒子の専門家です。ではなぜ宇宙の専門家ではない多田氏が宇宙について講義をしたのか。
それは宇宙の起源を追求することは、素粒子の成り立ちを追求することだから。なんのために高エネルギー研究所で素粒子の研究をしているのかは、裏を返すと宇宙の紀元を知る事でもある。
ということで物質と反物質の話からブラックホール、そして暗黒物質に話が展開され、最後に宇宙の紀元と素粒子の成り立ちや大統一理論までさかのぼる。
途中、難しい数式話にもなるのですが、理系、文系に限らずこの宇宙の話は我々人類が活きている「場」の話でもあり興味深いと思います。
でも宇宙を学問として勉強するには高度な数学と物理学の知識が必要なんだよな。まぁ、本書はそれがなくてもなんとなく今の最先端の宇宙の成り立ちについて知る事が出来ます。
私は重力による場のゆがみが、2次元の絵で表現されながら、実は3次元存在する、といったあたりが目から鱗が落ちました。

2013/07/31 22:32

投稿元:ブクログ

これは面白い。
講義から起こした本だからということも手伝ってるが、学問への入り口を意識して謙虚に書かれている。
何で高校の頃物理って嫌だったんだろうか、振り返って考えても全く分からないのだが、今更言っても後の祭りであることだけは間違いない。
ともかく今からでも身につけたければ本当はこの本を何度も読んで自分のモノにして次にステップアップしていくべき。勉強と同じで自分に合う本を数冊覚えきるのが頭の良いやり方だが、ついつい目移りするんだよな。
この作者の処女作は読むこと決定、こうして素人の漁りは続いていく、、、

2014/01/24 09:04

投稿元:ブクログ

非常に分かりやすく、確かにこれは「すごい」。だいたい知っている内容が多かったのですが、正確なイメージができていなくて、正確に理解できていなかった事が、分かりやすいイラストと楽しい説明により、「こういう事だったのか」というように、自然に頭の中に入ってきました。これで、子どもにも宇宙の事を説明してあげられそうです。