サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「悪」と戦う(河出文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/06/05
  • 出版社: 河出書房新社
  • レーベル: 河出文庫
  • サイズ:15cm/273p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-41224-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

「悪」と戦う (河出文庫)

著者 高橋 源一郎 (著)

少年は旅立った。サヨウナラ、「世界」―ある夜、突如ランちゃんの前に現れた謎の少女・マホさん。彼女はランちゃんにある指令を出した。「“世界を守る鍵”である、あなたの弟・キイ...

もっと見る

「悪」と戦う (河出文庫)

648(税込)

「悪」と戦う

648 (税込)

「悪」と戦う

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

少年は旅立った。サヨウナラ、「世界」―ある夜、突如ランちゃんの前に現れた謎の少女・マホさん。彼女はランちゃんにある指令を出した。「“世界を守る鍵”である、あなたの弟・キイちゃんが『悪』の手先・ミアちゃんに連れ去られたわ。『悪』からキイちゃんを救い出すのよ!」「悪」とは、「世界」とは何なのか?単行本未収録小説「魔法学園のリリコ」併録。著者最高の話題作が待望の文庫化!【「BOOK」データベースの商品解説】

「悪」と戦い、その代償に言葉を失った“キイちゃん”。キイちゃんを助けるために旅立つ“ぼく”。ぼくはただ落ちてゆく、何百年も、何千年も…。単行本未収録小説「魔法学園のリリコ」を併録。〔2010年刊に「魔法学園のリリコ」を収録〕【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

「悪」と戦う 7−239
魔法学園のリリコ 241−266

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.9

評価内訳

2013/07/31 00:55

投稿元:ブクログ

3歳児ランちゃんが「悪」と戦い「世界」を救う。
童話めいた語り口で、結構深い作品。

解説にあるように「悪」とは何か、最後まで明示されることはないが、作中で表現される「悪」は案外分かりやすい。

「悪」に(仲間とみなされて)引き込まれるのは、パーツは完璧なのに畸形の顔立ちに生まれた「ミアちゃん」。言葉の発達が遅い「キイちゃん」。そして、生まれてこなかった子供「マホちゃん」。
また、ランちゃんが見る「悪」のイメージは、極端ないじめられっ子であったり、性的虐待に遭い障害を持った子供であったり、完璧すぎる美人であるがゆえに自分の内面を誰にも見てもらえない(と思い込んでいる)少女であったりする。

「悪」とは即ちマイノリティであり、「世界」とは彼らにとっては生きづらい、かつ五体満足のマジョリティの価値観に支配された「世界」である。
「悪」は自分たちには決して果実を与えてくれなかった「世界」をは破壊しようとする。

それを止めようとするランちゃんは、幼さゆえにまだ「世界」から果実をたくさん受け取っていないからだろうか、「悪」を本能的に理解し受け入れ愛することができる。

「悪」を受け入れ「世界」へ連れ戻し一緒に暮らすことに成功したランちゃんは、「世界」を救ったことになるのだろう。

でも、そもそも「悪」なんて、「世界」の側から見た一方的な言い方にすぎない。「世界」はマイノリティを「悪」と切り捨てず、世の中には多様な存在や価値観があることを認め、「ふつー」だと思ってる自分にもそれがあると認め、すべてまるっと包含していく懐の広さがなきゃあならない。

まあ、素人の読みではこのへんが限界なわけだが、こういう子供の単純さは大人になるとあっさり失われるもので、子供の目線だからこそはっと気づかされる。

面白いとかいうわけじゃあないんだが、何だか「すごい」と思わせる小説。


ところで、何で登場人物の名前も「」で括られてるんでしょうね。

2013/07/21 09:19

投稿元:ブクログ

 マイノリティは同情を得やすい。マイノリティを責めることは批判されやすい。「イジメられる方にも責任がある」と、声高に叫ぶことは憚られるが、それだってマイノリティを責める結果になってしまうからだろう。「イジメられっ子」は同情されているわけだ。

 「悪」とはなにか。本書の中には明確な答えは書かれていない。「解説」の中で中森さんも述べているが、本書で語られているのは「悪」であって、悪ではない。「そもそも」のところで、「悪」とは何なのか、答えは明確ではないのである。その答えは読者それぞれが出すことを求められている。

 考えてみると、「悪」とはマイノリティではないか。たとえば『アンパンマン』という作品には「バイキンマン」という明確な「悪」が設定されている。それは「アンパンマン」や「ジャムおじさん」、さらには「カバオくん」といったキャラクターたちが営む平和な世界を害そうとする存在である。しかし、その計画は「アンパンマン」ら「正義」によって、いとも簡単に「潰される」。
 『アンパンマン』は、一部エピソードを除けば、圧倒的に「正義」の戦力は大きい。「バイキンマン」=「悪」はマイノリティである。「バイキンマン」は被害者、と見ることもできるのではないか。もちろん、「バイキンマン」にはそうなってしまう責任もあるのだが。

 「悪」とは何か。本書を読んで、そういった思索に思い巡らせて欲しい。


【目次】
「悪」と戦う
魔法学園のリリコ
解説 文学にとって高橋源一郎とはなにか  中森明夫

2013/06/28 22:44

投稿元:ブクログ

「悪」ってなんなのか。絶対的な「悪」ってなんなんだろうか。
そこまで言えるものってもう個人を超えて「世界」でしかないのだろうか。

2013/07/08 20:03

投稿元:ブクログ

簡単なようで、優しくない。
単純なようで、根っこが深い。

常に題名を念頭において、読んでください。
「悪」=?

2013/11/19 00:03

投稿元:ブクログ

3歳の男の子、ランちゃんの目の前に、マホちゃんが現れた。「世界を『悪』から救えるのは、あなたしかいないの」。ランちゃんは弟のキイちゃんと、世界を救えるのか?「悪」とは何かを問う問題作。

高橋源一郎、初めて読んだ。タイトルや前評判と、まったくちがう話でびっくり。こういう、SFっぽい話を書く人なんだろうか? もっとリアルな物語を書くのかと思っていた、勝手に。

こういう抽象的な話は苦手だ。悪って、結局なんだったのか。ミアちゃんの正体は? ハッピーエンドなの?などなど。うーん、この人の違う本を読んでみたくなった。

2013/07/25 22:31

投稿元:ブクログ

 今日(7/25)の朝日新聞の論壇時評を見て、最近読み終わったこの小説のことに思いが至った。
「悪」とは何か?ミアちゃんの母親が冒頭に発する「わたしは「悪」と戦っているのです」という高らかな宣言。

「風立ちぬ」と「チェルノブイリ・ダークツーリズム」に共通して描かれる、技術の「善悪二面性」。零戦と原子力発電。新しい技術を産み出すことは、同時に新たな事故の可能性を生む。そういう危うい技術革新によって、今の我々の生活は「便利」を手に入れている。

 人間は「善きものと悪しきもの」が混じり合った存在である。小説の主人公ランちゃんは、無邪気な子供という存在にも関わらず、さまざまな「悪」と対峙することになる。
 ランちゃんは「病」という「悪」に蝕まれている。しかし「悪」と対峙する中で、この世界には存在しない「マホさん」の力が彼を現実世界へ押し戻す。「悪」とたたかうことにより気付くことがある。存在しない者の後押しがあると分かれば、たたかうことはもはや孤独ではない。

 論壇時評の中で高橋は「ぼくたちは不完全な、善と悪が混じり合った存在だから、歴史を学ばねばならない」と主張する。歴史とは、先人が「悪」と戦ってきた時間の積み重ねである。そのような現場を目撃し、我々はエモーショナルな問いかけを得ることができる。悪と戦う歴史に思いを馳せること、それはすなわち悲しみを感じるための「ダークツーリズム」なのだ。

そして、存在しないものの働きというのは、僕らが普段「運」と言っているものと無関係ではない。自然や命の連鎖の中で今生きているという現実。歴史を知ることは未来を想像することと一体である。

2013/06/19 17:10

投稿元:ブクログ

心が洗われていく様な言葉、文、文章。現代思想的な観点から、語る事が出来る作品なのだと思うし、そういった具合に読んでみるとまた違った面白さがある作品なのだと思う。ただ、純粋に一つの作品として素敵だなぁと思いました。イッツ・ショー・タイム!

2013/05/08 12:57

投稿元:ブクログ

祝文庫化!

河出書房新社のPR
「少年は、旅立った。サヨウナラ、「世界」――「悪」の手先・ミアちゃんに連れ去られた弟のキイちゃんを救うため、ランちゃんの戦いが、いま、始まる! 単行本未収録小説「魔法学園のリリコ」併録。」

2013/08/21 12:40

投稿元:ブクログ

めちゃくちゃ読みやすいけど、わからなかった。
ただそれだけ。ただただ悔しかった。
解説で絶賛されていることが、まったく理解に追いつかなかった。

2014/01/29 08:35

投稿元:ブクログ

初の高橋源一郎。
もっと読みにくいかと思ったが、すごく読みやすく、面白かった。
悪とは何か、というテーマを読みやすい文体で重苦しく感じさせずに提起していて、教科書などに取り入れても良いんじゃないかな、と思った。

河出文庫 ランキング

河出文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む