サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

デーブ・スペクターの作り方
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/07/09
  • 出版社: 東京書籍
  • サイズ:19cm/239p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-487-80722-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

デーブ・スペクターの作り方

著者 京子スペクター (著)

外国人タレントであり、テレビ・映像業界の裏側でも活躍しているデーブ・スペクターの活動を支えてきた妻が、彼の素顔を伝える。また、事務所の経営者として心がけていることや、プロ...

もっと見る

デーブ・スペクターの作り方

1,512(税込)

デーブ・スペクターの作り方

1,210(税込)

デーブ・スペクターの作り方

ポイント :11pt / 紙の本より302おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

外国人タレントであり、テレビ・映像業界の裏側でも活躍しているデーブ・スペクターの活動を支えてきた妻が、彼の素顔を伝える。また、事務所の経営者として心がけていることや、プロデューサーとしての仕事術にも触れる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

京子スペクター

略歴
〈京子スペクター〉千葉県生まれ。レターデーセイントビジネスカレッジ卒業。タレント、エッセイスト。タイ国政府観光庁より「フレンズ・オブ・タイランド・アワード」を授与。著書に「エコにだまされない」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2013/08/15 08:54

投稿元:ブクログ

新宿ルミネのブックファーストでいい位置に積んであった。

前半、京子さんがデーブのことを深く愛してるし尊敬してるんだなと感じられた部分は、とても読後感がわかった。デーブの印象も変わった。
こういう夫婦関係、憧れるなーと思ったり。

ただ、後半の京子氏の仕事術の章は…ゴメンナサイ、蛇足かもと思ってしまた。。

東京書籍さん、興味深い刊行物が最近いっそう増えてる気が。教科書のノウハウって本の企画にどう活きてるのかな。