サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 文藝春秋
  6. 文春文庫
  7. ナガサキ消えたもう一つの「原爆ドーム」

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ナガサキ消えたもう一つの「原爆ドーム」(文春文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/07/04
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/318p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-783868-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ナガサキ消えたもう一つの「原爆ドーム」 (文春文庫)

著者 高瀬 毅 (著)

【平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞(第15回)】被爆した浦上天主堂の廃墟は保存を前提に残されていたが、戦後13年目に突然取り壊された。その裏には何があったのか? 長崎...

もっと見る

ナガサキ消えたもう一つの「原爆ドーム」 (文春文庫)

702(税込)

ナガサキ 消えたもう一つの「原爆ドーム」

700 (税込)

ナガサキ 消えたもう一つの「原爆ドーム」

ポイント :6pt / 紙の本より2おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞(第15回)】被爆した浦上天主堂の廃墟は保存を前提に残されていたが、戦後13年目に突然取り壊された。その裏には何があったのか? 長崎原爆の隠された真実に迫る。東日本大震災の遺構撤去を巡る補記を附す。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

長崎にはなぜ原爆遺構がないのか

2017/08/11 19:21

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

池袋の新文芸座で、先日、熊井啓監督の「地の群れ」をみた。
冒頭に被爆した長崎浦上天主堂の無残な状況とその天主堂の取り壊しのシーンが象徴的に映されていた。
そのとき、広島には原爆遺構として、原爆ドームがあるのに対して、長崎にはなぜメモリアル的なものがないのか不思議に思い本書を読んでみた。
実は浦上天主堂を残そうという動きがかつてあったが、
一転、取り壊されることになってしまう。
本書はそのような決定がなされた背景、事情を、当時の文書、議事録、長崎の歴史等そして、アメリカに渡り調査し明らかにしていく。

事実を拾い上げていく描写は、ミステリーを読んでいるようである。
著者は長崎の原爆遺構の撤去はアメリカに巧妙に仕掛けられたものであるという仮説に行きつく。
著者の仮説の決定的証拠が発見できなかったことは、著者自身が認めている。
しかし、現在もアメリカの意向に沿った形で連綿と政策が決定される様を見るにつけ、仮説には説得力がある。文庫版のあとがきでは、福島原発事故にも触れ、第五福竜丸の被爆にアメリカへの批判が集まることをおそれて、原子力の平和利用としての原発が推奨されて、福島の事故につながっていることを指摘している。
「いい加減にしてくれ、アメリカ」ともう気がついてもいいのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/08/14 09:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/17 11:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/09 16:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/03 10:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/09 17:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/17 11:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/15 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る