サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 金井美恵子エッセイ・コレクション 1964−2013 1 夜になっても遊びつづけろ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

金井美恵子エッセイ・コレクション 1964−2013 1 夜になっても遊びつづけろ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/08/22
  • 出版社: 平凡社
  • サイズ:20cm/515p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-582-83606-6
  • 国内送料無料

紙の本

金井美恵子エッセイ・コレクション 1964−2013 1 夜になっても遊びつづけろ

著者 金井 美恵子 (著)

批評とユーモアが全方位に炸裂する、当代一のことばの使い手・金井美恵子。半世紀にわたる膨大なエッセイの中から、批評をテーマに作家自身がセレクトし、新たに編んだベスト・コレク...

もっと見る

金井美恵子エッセイ・コレクション 1964−2013 1 夜になっても遊びつづけろ

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

批評とユーモアが全方位に炸裂する、当代一のことばの使い手・金井美恵子。半世紀にわたる膨大なエッセイの中から、批評をテーマに作家自身がセレクトし、新たに編んだベスト・コレクション集!【「BOOK」データベースの商品解説】

当代一のことばの使い手・金井美恵子が、半世紀にわたる膨大なエッセイの中から自らセレクトしたベスト・コレクション集。1は「批評」をテーマにした作品、インタヴュー、16歳での『美術手帖』への幻の投稿原稿等を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

金井 美恵子

略歴
〈金井美恵子〉1947年高崎市生まれ。小説家。19歳の時「愛の生活」が太宰治賞候補作となり作家デビュー。「プラトン的恋愛」で泉鏡花文学賞、「タマや」で女流文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2013/09/17 14:04

投稿元:ブクログ

私が金井美恵子さんの小説やエッセイを楽しめるようになったのは、そんなに前のことではない。あの取っつきの悪い独特の文章に途惑いながらも読んでいくうちに、いつ頃からか一番好きな書き手の一人になっていた。

だから、ここに収録されているもの、特に年代の古いものはほとんど未読だった。なんといっても驚かされたのは、金井さんは十代にして既に金井さんだった、ということ。巻頭の「処女作の頃」は十九歳の時書かれたもの、巻末には「美術手帖」への投稿が載っているのだが、このときはまだ高校生。それでもこれらは紛れもなく「金井美恵子」の文章なのであった。

「辛口」なんぞという言葉が裸足で逃げ出す徹底した批判意識、にもかかわらず思わず笑い出さずにはいられない可笑しさ、いやまったく、そもそものはじめから金井さんのスタイルは完成されていたのだと感嘆のため息が出る。

背筋がヒヤヒヤするような鋭い言葉に震え上がりながらもワハハと笑う、これぞ金井作品を読む醍醐味だ。もちろん、真正面から「批評」として書かれたものも数多く収録されているのだが、不出来なファンとしては、他では読めない著者ならではの毒気たっぷりの文章に「待ってました!」と声をかけたくなってしまう。

そういう意味でのお気に入りをいくつか。

「グラスに顔があってもいいじゃないか!と岡本太郎はいう。グラスに顔があってはわるい、とはだれもいってないじゃないか!」 岡本太郎を「時代に遅れてしまった、かつてのアヴァンギャルディスト」と呼ぶその舌鋒は鋭い。

「すばる」の特集で、開高健の「衣食足りて文学は忘れられた?」という問いに答えて曰く、「まず思ったのは、これはある種のデブの発想だな、ということ」。ひぇ~。

「読んで面白くて笑ったマンガについて、思想的なり批評的なり、ともあれそうあるべきために習得した言葉では語れないものについて、とりあえず、くだらない、という言葉はつかわれるのココロ。そういうのは、やっぱり、頭がタリラリラーンなのだ」 これは「クーダラナイ、クーダラナイのココロ!!」と題されたもので、全編この調子。こういうところが金井さんの格好いいところ。「こまわり君が好きっ!!の巻」というのもあるよ。

「浪曲子守歌」を聞くと「わたしは胸がいっぱいになってしまう」そうだ。「むろん、わたしがこの歌に感情移入をするやり方は、女房に逃げられた土方渡世のおとっつあんの背中に背負われた赤ン坊の立場になって、歌を聞くことなのである」。なんかおかしい。ただ、この一文は次のように締められていて、うーんと唸らされる。「ない物ねだりをすれば、歌謡曲の子守歌には、”子を呪う”という情念が欠如していることが不満で、日本の子守歌の、ほとんどが“子呪い”の黒い底流を潜めていることを思えば、そういう歌が作られてもいいはずだ」



「金井美恵子インタビュー」が掲載されていて、これがまた読み応えがある。略年譜も嬉しい。満足満足。続く2は「猫、そのほかの動物」だそうで、トラーにまた会えるのが楽しみだ。 

2013/07/04 18:56

投稿元:ブクログ

全4巻ですって!

平凡社のPR
「第1エッセイ集『夜になっても遊びつづけろ』から始まる、社会/メディアへの遠慮なき批評が大炸裂!『美術手帖』への高校時代の幻の投稿原稿も発掘・収録。痛快な言葉のパンチ力に抱腹絶倒、間違いなしの巻! 対談=上野昂志/解説=中島京子(全4巻) 」

2013/08/22 22:39

投稿元:ブクログ

エッセイ・コレクションの第1巻。
映画評が多いように感じたが、その他の話題も豊富で飽きない。
初期のエッセイは若書きというか、書き方がやや荒々しいものも散見されたが、徐々に金井美恵子の文体になっていく様子が面白かった。
これでもう少し小説の刊行ペースが早ければなぁ……。

2014/06/27 20:36

投稿元:ブクログ

第1エッセイ集『夜になっても遊びつづけろ』から始まる、社会/メディアへの遠慮なき批評が大炸裂! 高校時代の幻の投稿原稿も発掘・収録。痛快な言葉のパンチ力に抱腹絶倒! 対談=上野昂志/解説=中島京子

日本のエッセイ ランキング

日本のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む