サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 河合隼雄のカウンセリング講話

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

河合隼雄のカウンセリング講話
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/08/26
  • 出版社: 創元社
  • サイズ:19cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-422-11565-8
  • 国内送料無料

紙の本

河合隼雄のカウンセリング講話

著者 河合 隼雄 (著)

一人の人間として全力で一人の人間に向き合う−。河合隼雄が、「女性」「芸術」「禅仏教」「中世の物語」「病」の5つの題材を切り口に、カウンセリングの本質を語る。四天王寺カウン...

もっと見る

河合隼雄のカウンセリング講話

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一人の人間として全力で一人の人間に向き合う−。河合隼雄が、「女性」「芸術」「禅仏教」「中世の物語」「病」の5つの題材を切り口に、カウンセリングの本質を語る。四天王寺カウンセリング講座での講演記録などを書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

四天王寺カウンセリング講座での記録のほかに、一般向け講演会での記録を加えて一冊にまとめたもの。《河合隼雄の~》シリーズ最後の一冊。「女性」や「芸術」「禅仏教」「日本中世の物語」「病」など、およそ関連のないテーマを別々に取りあげながら、常に一貫しているのは、そこに「一人の人間」が「一人の人間」に全力をあげて会うというカウンセリングの本質が語られるとともに、「生きる」ということそのものを深く考えさせる点である。【商品解説】

目次

  • 刊行にあたって  河合俊雄 
  • 1
  • 第1章 カウンセリングと女性 
  • 15
  • 男女差ということ 17
  • 「母の時代」 18
  • 男性中心へ 19
  • 可能性に男女差はない 20
  • 女性からの新たな動き 22

著者紹介

河合 隼雄

略歴
〈河合隼雄〉1928〜2007年。兵庫県生まれ。京都大学教育学博士、同大学名誉教授。元・文化庁長官。日本人として初めてユング派分析家の資格を取得。著書に「ユング心理学入門」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

専門家ではなくても楽しめる

2015/11/08 21:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qoo - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは心理学の専門家に向けて、河合さんが講演した内容を書籍化したものです。私は心理の専門家ではありませんが、仕事の上で心に寄り添う仕事をしているので、気づくことがたくさんありました!後、単純に河合先生の話は面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/15 08:05

投稿元:ブクログ

河合隼雄先生がカウンセリングと世の中についてわかりやすい言葉で話してくれている本。
感想を書くのも恐れ多いけど、やさしいような厳しいような、一回読んだだけじゃわかってないよなあと自省する気持ちになった。
専門以外も勉強して、芸術にも触れて、人間性も高める。
すごい仕事なんだなあ。

2013/10/13 21:47

投稿元:ブクログ

体系的じゃなかったけれど、含蓄が深いな。

・非常におもしろい言い方をしますと、われわれは普通、生きている人間よりも、もう少し扱いやすい人間と接しているのです。みなさんも人と話をしているとき、よそゆきの声を出しているときがあると思います。お互いによそゆきの声で、「おじいちゃん、元気?よかったねえ」「ありがとうございました」とやっている。ところが、自分の家のおじいちゃんとではそうはきません。生きている人間と生きている人間が会うというのは、世界と世界がぶつかるほど大変なことなのです。

・普通は学校へ行っていないと言われたら、「行ったらええやないの」とか、「何、やってるの」とか言いたくなります。そういうふうに行って、みな失敗した。ところが、余計なことを言わずにただ聴いていると、その人が自分で考え、自分の力でよくなっていくので、型どおりのマニュアルどおりやっていても軽い人はどんどん治っていきました。私も不思議でした。
ところが、それをやっても全然治らない人がいます。それで、これではだめだ、こんなふうに言われたとおり、マニュアルどおりやっているだけではだめで、やはり人間と人間が会うことを大事にしないといけないのだと思うようになったのです。

・たとえば、クライエントのなかに、「先生のところへ来ても、何にもよくなりませんわ」と言う人がいます。そう言われると、「どうも、本当にすみません」というのと、「勝手なこと言うのなら、帰れ」というのと、返事が二つ浮かびます。
そのとき、二つの返事を同時に言えたらなあと思います。たとえば、「そんな気持ちなら、もう帰れ」というのと、「何とか私も頑張ります」というのと、二つが一緒に二重奏で出てきたら、ものすごくかっこいいのになあと、いつも思いますけれども、口は一つしかありません。
…だから、弦楽四重奏曲を聴いていて、四つの音が鳴ると、私は一つの口であれと同じように言わないといけないとよく思うのです。
…そのように思うと、クライエントの心の中でもオーケストラは鳴っています。口は一つですから「先生のところへ来ても、全然よくなりませんわ」と言ってみたり、「もう死にます。これが最後です」と言ったりしますけれど、心の中ではオーケストラが鳴っているのですから、そのすべての音を私が聴き取らなければ心理療法をやっているとは言えません。その人の口から出てきている言葉以外の、心の中に高鳴っている音を自分はちゃんと聴いているだろうか、とオーケストラの演奏を聴きながら、私はよく思います。

・(藤村美穂子さんについて)ドイツ人は、何の真似をしなくてもドイツ人です。本物のドイツ人が本場で歌っているのに、自分が真似をして同じようにしたところで、所詮は真似の域を出られない。こんなことをやっていても追いつかない。やっぱり、日本人がドイツの音楽、ワグナーをやるというのは無理ではないかと思ったと言われました。
思っているうちにふと気がついたのは、ワグナーはあのような大歌劇をつくっているのですが、ああいうものすごい歌劇によってワグナーが伝えたいと思っていることの根本、本当に言いたいことは、ワグナー自身にも分からなかったのではないかということです。
これはすごくおもしろいうと思いました。本当に、人間が「これだ!」ということは、誰にも分からない。ワグナーはそれを必死になって求め努力をしているうちに、ああいう大歌劇をつくって、みんなに聴いてもらうことになった。聴いている者はみな感激し、ドイツ人も彼らなりにすごいと思っているけれど、ワグナーのいちばん底にあるものは、ドイツもアメリカも日本もない、人間共通の「X」なんだと思い至るのです。

・「この世にたった一人ということを体験したことがない」という人は、残念ながらわらしべをつかんでもあまりよいことは起こりません。

・うつ病の人というのは元気なときはまったく元気で、颯爽としているので、どうして会社に出てこられないのか、なかなか周りの人たちにはわかりにくいところがあるのです。

2013/07/26 18:47

投稿元:ブクログ

【こころの窓】13.「断念無念」高石浩一(図書出版創元社 連載・読み物)
http://www.sogensha.co.jp/page03/a_rensai/kokoro/kokoro13.html

創元社のPR
「四天王寺カウンセリング講座での記録のほかに、一般向け講演会での記録を加えて一冊にまとめたもの。《河合隼雄の~》シリーズ最後の一冊。「女性」や「芸術」「禅仏教」「日本中世の物語」「病」など、およそ関連のないテーマを別々に取りあげながら、常に一貫しているのは、そこに「一人の人間」が「一人の人間」に全力をあげて会うというカウンセリングの本質が語られるとともに、「生きる」ということそのものを深く考えさせる点である。」

2013/09/20 01:30

投稿元:ブクログ

カウンセラーじゃなくても、役立つ話、面白い話がたくさん載ってます。
私は介護士なので、仕事上やはり多少カウンセラーのような事も必要になってくるので、ビジネス書としても読んでるし、自分をカウンセリングする気持ちでも読んでたりする。

2013/12/23 14:30

投稿元:ブクログ

人は全存在といえるもの、根源X、を賭けたときに、うまく生きられるというような話。だから、マニュアル通りにやっても、その人の全存在を賭けてはいないので効力がないということ。

2014/06/19 20:35

投稿元:ブクログ

20140617

誰の心の奥底にも潜むXの話、
絶対的な孤独を経験したからこそ掴めるものがある、
すなわち創造の病(クリエイティブ・イルネス)の話、が好きだった。
祭りはXの解放、現在ではあまりXの解放になっていない祭りが多い。
社会生活を営みながら自分のXをどのように表現していくか。
それは私自身の課題でもあると思った。

2015/12/08 23:06

投稿元:ブクログ

人間共通に持っているものにXというものがある
Xを生きるために金を儲けたり色々なことが行われる

人間の奥底にある根本的なものそれがX


心理療法を行う人は芸術、つまり音楽演劇文学などに触れるべき

それもXに関わるからである


言葉から出て言葉に出る、著者の考えの根幹

言葉から離れて、言葉に戻ってくる運動
クライアントの言葉に対する寄り添い方

いっぺんガシャンとつぶれて、もういっぺん作り直す
我々は大抵ある種の体系いわゆる人生観とか世界観を持っている

これがどうにもならなくなってやってくるわけだから、外から心理療法家が壊す契機を作ることが理想

沈黙の重要性、そこにクライアントの変化が生まれているのかもしれない。内省、自己対話、了解

創造の病

人間は誰しも広い解釈でみるとこれを経験している
思いがけない失敗、病気などなど

もつれた糸をほどくように今の問題をとらえる
端を引っ張れば、ある程度はほどけるが残りは切らなければいけなくなる
だが、一本糸を引っ張るだけでなく、全部残したいならふわふわっとほどく。

深いなああああああ

資格・試験・カウンセラー ランキング

資格・試験・カウンセラーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む