サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

消しゴム(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/08/03
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/456p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75275-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

消しゴム (光文社古典新訳文庫)

著者 ロブ=グリエ (著),中条 省平 (訳)

殺人事件発生の報せを受けて運河の街にやってきた捜査官ヴァラス。しかし肝心の遺体も犯人も見当たらず、人々の曖昧な証言に右往左往する始末。だが関係者たちの思惑は図らずも「宿命...

もっと見る

消しゴム (光文社古典新訳文庫)

1,378(税込)

消しゴム

1,296(税込)

消しゴム

ポイント :12pt / 紙の本より82おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

殺人事件発生の報せを受けて運河の街にやってきた捜査官ヴァラス。しかし肝心の遺体も犯人も見当たらず、人々の曖昧な証言に右往左往する始末。だが関係者たちの思惑は図らずも「宿命的結末」を招いてしまうのだった。“ヌーヴォー・ロマン”の旗手、ロブ=グリエの代表作。【「BOOK」データベースの商品解説】

殺人事件発生の報せを受けて運河の街にやってきた捜査官ヴァラス。しかし肝心の遺体も犯人も見当たらず、人々の曖昧な証言に右往左往する始末。だが関係者たちの思惑は図らずも「宿命的結末」を招いてしまい…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.7

評価内訳

2013/11/09 09:16

投稿元:ブクログ

話の進行につれて、主人公がどんどんと疲れていき、読み手も疲れていく。どんどん話が理性的でなくなっていく。
神話を題材にしている
という点が、ミシェル・ビュトールの『心変わり』と似ている。これはヌーヴォー・ロマンの特徴なのだろうか。

心変わりのほうが好み。

2013/08/27 22:14

投稿元:ブクログ

カフカを分かりやすくしようとするとこうなるのかなー。
消しゴムのくだりは好き。
これはこれでいいけど、解説が納得いかないな。
安部公房や保坂和志がこの作品の影響を受けている?!うーん。

2013/12/09 23:00

投稿元:ブクログ

ギリシャ時代の戯曲『オイディプス王』が悲劇を書いたものならば、その遠い反響である本作はさしずめ「書かれてしまった悲劇」とでも呼べば良いのだろうか。「この小説が語るのは、銃弾が三、四メートルの距離を通過するのに必要とした時間―すなわち〈余分の〉二四時間なのだ」という著者の言葉は、本作の主体とは〈物〉であり〈物化された主体〉であることを的確に示している。つまり、機械仕掛けの物語。それは人間の主体を主題とする実存主義の反動として書かれたのだと指摘する解説は60年代フランス作品が持つ小難しさを解きほぐしてくれる。

2013/09/14 18:11

投稿元:ブクログ

ロブ=グリエといえば、昔『去年マリエンバードで』は観た、
が、その脚本を書いた人だという以外、知識なし、でも、
某誌を捲っていて、この本の広告が目に留まったので購入。
脚本も手掛けた人――という先入観のせいかどうか、
小説なんだけど、何だか台本を読まされている気分だった(笑)
いろんな人物が出てきて、時間が前後に行ったり来たり。
構造主義だのヌーヴォー・ロマンだのと言われても難しいことはわからないけど、
これは倒叙ミステリの一種かもしれない……ぐらいに考えて読んでいったら
そこそこ面白かった。
被害者と犯人が序盤で明らかにされており、
探偵役がいかにして「正解」に辿り着くか、あるいは辿り着けないか
――を、楽しめばいいのだな、と。
ちなみに、タイトルは主人公の捜査官が身分を明かさず聞き込みを実行するため、
文具店で繰り返し、要りもしない消しゴムを購入することに由来。
尚、訳者の解説を先に読んでしまうと、若干ネタバレ感があって興醒めしかねないので、
本編読後に読んだ方がいいかも、です。

【付記】
 抽選で、タイトルにあやかって高級消しゴムをプレゼント……
 ということで、応募したら当たってしまいました(笑)

2013/08/02 22:57

投稿元:ブクログ

夏にクラクラし過ぎるとヤバイかも。。。

光文社のPR
「奇妙な「殺人事件」の真相を探るべく馴染みのない街にやってきた捜査官ヴァラス。 人々のあやふやな記憶や証言に翻弄されるうち、事件は驚くべき結末を迎える……。 20世紀後半の文学界に衝撃を与えたヌーヴォー・ロマンの代表作。 」

2013/08/21 20:07

投稿元:ブクログ

ミステリ小説の構造を利用した、ヌーヴォー・ロマンの代表作。
解説によると、ロブ=グリエの作品は一部のSF小説にも影響を与えたそうで、確かに『消しゴム』にもニューウェーヴSFに通じる雰囲気があった。
ねっとり描かれる細部の描写が気持ちいい。難を言うなら訳文がややアッサリ系なことか。もうちょっとねちっこい文章でも良かった気がするな。

2015/06/27 00:20

投稿元:ブクログ

ヴァラスはなぜそうせざるを得なかったのか?
キーワードは運河。腕時計。そして「計画もなく、方針もなく、不可解で、おぞましい、初冬の一日」……

2017/02/17 13:15

投稿元:ブクログ

『覗くひと』より数倍読みやすい。
ヌーヴォーロマンの先駆けとしても実験的な探偵小説としても素晴らしい作品。