サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

社会主義 その成長と帰結
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/12/16
  • 出版社: 晶文社
  • サイズ:20cm/355p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7949-6775-6
  • 国内送料無料

紙の本

社会主義 その成長と帰結

著者 ウィリアム・モリス (著),E.B.バックス (著),大内 秀明 (監修),川端 康雄 (監訳)

労働するものが、みずからの労働とその産物への管理権をもつ社会へ−。アーツ&クラフツ運動の主導者が、古代の共同体社会までさかのぼり、マルクス=レーニン主義の系譜と異なるもう...

もっと見る

社会主義 その成長と帰結

2,484(税込)

ポイント :23pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

労働するものが、みずからの労働とその産物への管理権をもつ社会へ−。アーツ&クラフツ運動の主導者が、古代の共同体社会までさかのぼり、マルクス=レーニン主義の系譜と異なるもうひとつのソーシャリズムを提起する。【「TRC MARC」の商品解説】

アーツ&クラフツ運動の主導者として知られるウィリアム・モリスは19世紀末、社会主義運動に精力を注ぐ。〈社会主義同盟〉を結成し、機関紙「コモンウィール」を創刊、学識に富む若き同志E・B・バックスとの共同執筆のかたちで「社会主義─その根源から」という長期連載をはじめる。そこでは「世直し」の思想を根源にまでさかのぼり、オウエンやフーリエなどの思想や運動を点検し、「科学的社会主義」としてマルクスの『資本論』を紹介……そのうえで独自の共同体社会主義のヴィジョンを提起した。マルクス=レーニン主義の系譜とは異なるもうひとつの「社会主義」の誕生である。【商品解説】

目次

  • まえがき
  • 序論
  • 第一章 古代社会
  • 第二章 歴史上の最初の社会、あるいは古代社会
  • 第三章 古典古代から中世期への移行
  • 第四章 中世社会─その初期
  • 第五章 中世の粗野な面
  • 第六章 中世の終わり
  • 第七章 ルネサンスと宗教改革
  • 第八章 近代社会─初期段階

著者紹介

ウィリアム・モリス

略歴
〈ウィリアム・モリス〉1834〜96年。イギリス・ヴィクトリア朝の詩人。装飾芸術家。社会主義運動家。
〈E.B.バックス〉1854〜1926年。英国の社会主義者。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/03/03 15:29

投稿元:ブクログ

柄谷行人さんの書評から読んでみました。

ウィリアム・モリスとE・B・バックスの共著でモリスさんはアーツアンドクラフト運動で有名な方だそうです。そしてそこに社会主義というものがあるのだということの証明の本であります。

モリスさんの社会主義というものはとてもいいものだと思いました。

人間の認識とは何かを説くこと、認識とは学問であります。認識とは人間が反省し都合の悪いこと嫌なことわからないことなどを全てを認識し比較吟味することで生まれる認識だと思います。それは反省による覚醒という認識です。そういう険しい道を人間は経過することによって遊侠と倫理の認識を得、現実を比較吟味する現実批判によってそこに不満を見出すなら改善の配慮が生まれるのだろうと思います。ユートピアはそういった改善の配慮の先にあるもので、それが社会主義だと書いてありました。

エンゲルスはユートピアから科学へと言ったとあります。しかし反省による帰納的認識は科学的です。そしてその先にユートピアを見る。それこそ社会主義だろう。それは科学的思考からユートピアをみることです。

この本は社会主義とはなんなのか教えてくれました。

社会思想・政治思想 ランキング

社会思想・政治思想のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む