サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

インビジブル
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

インビジブル

著者 KEMU VOXX (原案),岩関 昻道 (著),hatsuko (イラスト)

かつての親友・聖の手によって教室で孤立していた草平は、共に暮らす叔母ともうまくいかず、唯一の理解者だった晴香も、草平の手が届かない存在に。居場所を失った草平は、自分の身体...

もっと見る

インビジブル

1,080(税込)

ポイント :10pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

インビジブル

821(税込)

インビジブル

ポイント :7pt / 紙の本より259おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

かつての親友・聖の手によって教室で孤立していた草平は、共に暮らす叔母ともうまくいかず、唯一の理解者だった晴香も、草平の手が届かない存在に。居場所を失った草平は、自分の身体が他人の瞳に映らず、声が他人に届かなくなったことを知る。草平は透明人間になったのだ。実力派クリエイトユニット発200万再生突破の超人気ボカロ曲がファン待望のノベル化!!【「BOOK」データベースの商品解説】

かつての親友の手により教室で孤立し、居場所を失った草平は自分の身体が他人の瞳に映らず、声が他人に届かなくなったことを知る。草平は透明人間になったのだ…。クリエイター集団・KEMU VOXXの人気楽曲をノベル化。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

インビジブル

2014/05/18 15:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:NORA - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白かった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マキちゃんぱない

2013/09/29 13:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シャドーベルリッツ - この投稿者のレビュー一覧を見る

インビジブルの歌詞をしっかりと考えています。でもちょっとバットエンドの感じが薄いです。しかし、それ以外はよいと思います。最高です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/01/15 01:34

投稿元:ブクログ

楽曲を聞いた時点でのイメージでは「何かの拍子に間違って透明人間になってしまった男の子が、それを利用して(煩悩・妄執も溌剌と)女子更衣室を覗いたりやりたい放題やろうとしたけど、それよりも気づかないところで陰口を言われていていたり実はいじめの標的になっていたことを知り、ショックを受ける。自分のことを嫌いになったけれども段々達観・楽観してそれに慣れていく。文句も少なくなって、爪を噛む悪い癖もなくなったけどやはり自分の姿と存在感なく回る世界は寂しくて孤独に耐えかね始める。最後はまたふとした拍子で姿が戻って、ああ自分は今ここにいるんだ!と実感をかみしめる」という話かと思った。
が、あとがきにも述べられていたようにこの小説は楽曲の要素の取捨選択をして“学校で苛められている草平が居場所が欲しいと願ったことで透明人間になり、街にある唯一の掟を破ったことで元の世界に戻ってくる”という筋書きになっている。「とんでもない現象どうやら透明人間になりました」から始まる楽曲とは違って、最初の100ページくらいはひたすらその草平の学校でいじめられている状態、家に帰っても唯一の家族・叔母とまともに会話できない可哀そうな状況描写が続く。なので結構重い話のように感じた。ここで回収されている楽曲の歌詞は「聞きたくなかった陰口と焼きついたキスシーン」くらいじゃないだろうか。少なくとも「万々歳は呑みこんで」は捨てられている気がする。(草平あんまり喜んでないし)
この小説の面白い所は透明街に入ってからだと思う。楽曲を聞いているときは上記のようなイメージを持っていたのでまさかこのような街の存在が出てくるとは予想外だったし、それゆえにその自由に暮らす人々の世界観に魅了された。セイジとジロウを始めとする人々の透明街での生き方、外界で活躍した調達係、里稲の超人的な跳躍の美しさなど楽曲を聞いていた時と違うイメージが描かれているのが小説として純粋に引きこまれた部分だった。
kemuノベル化シリーズに共通して出てくるマキちゃんに関しては、前作の人生リセットボタンと比較すると大分幼い口調だった。彼女の言っていた「草平のために大昔に戻ってこの街を作った」というのは他の作品で活かされてたりするのだろうか。まあマキちゃんはきっとイカサマライフゲイムで何か明かされることだろうしそこに期待をしておこうと思う。
「しゃがれた老父は笑ってた」の老父というのはおそらく葉一のことなんだと思うけど彼は随分孤独な存在だった。しかも最後まで草平に父親たる姿を殆ど見せずに現実に戻っても孤独を貫き通す選択をしていて、草平自身も彼の父の姿から何かを学び取るよりも自立していく道を選んでいる。そして物語の最後は、里稲との会話で締めくくられているので草平の透明人間からの復帰よりもそちらに目が行く。これも小説ならではの手法といったところだろうか。
この小説、確かに面白かったがオリジナリティが高く楽曲の歌詞にはそれほど依存していないのでは?というのが正直な感想だ。厳密に数えたわけじゃないがもしかしたら回収された要素よりも捨てられた要素の方が多いかもしれない。ただ、300ページオーバーの文章量と、透明街の世界観設定は非常に読みご���えがあり透明人間のファンタジー小説として読むには楽しめる作品だと思う。草平・晴香・聖の三角関係は王道中の王道だと思うし。
それにしても聖はいろいろと自分の失敗を他人に押し付け過ぎだw

2014/12/03 17:38

投稿元:ブクログ

内容はすごく面白かったです。
ただハッピーエンドと思って良いものかどうか、、、

オチは読者の想像ですね。

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む