サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

原発ホワイトアウト
原発ホワイトアウト 原発ホワイトアウト
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 173件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/09/12
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/319p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-218617-9
  • 国内送料無料

紙の本

原発ホワイトアウト

著者 若杉 冽 (著)

日本を貪り食らうモンスター・システム。現役キャリア官僚のリアル告発ノベル。【「BOOK」データベースの商品解説】再稼働が着々と進む原発。しかし日本の原発には国民が知らされ...

もっと見る

原発ホワイトアウト

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本を貪り食らうモンスター・システム。現役キャリア官僚のリアル告発ノベル。【「BOOK」データベースの商品解説】

再稼働が着々と進む原発。しかし日本の原発には国民が知らされていない致命的な欠陥があった! ハニー・トラップ、エネルギー基本計画の罠、デモ崩し…。現役キャリア官僚によるリアル告発ノベル。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

若杉 冽

略歴
〈若杉冽〉東京大学法学部卒業。国家公務員Ⅰ種試験合格。霞が関の省庁に勤務。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー173件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

日本の本当の仕組みがようやく分かった!

2015/04/22 01:44

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:在外邦人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

殆どノンフィクション。
小説の面白さと言うよりは、事実を知りたい気持ちで最後までぐんぐん読み進んだ。
結果日本の社会構造を納得して理解できた。
最上位に居るのが、地域独占で潤沢な資金を自由に出来る電力会社。
次に君臨するのが電力会社の金で支配される官僚と有力政治家。
マスコミと検察・警察は彼らの使い走り。電力会社は日本の将来よりは、既得権益を守る事の方が大事と考えている。
大多数の無自覚な日本国民は、電気料金と税金を支払わされて上位の層を支えている。日本の有権者はこの本を読んで現実を知り、政治を我が事として考えなければ、分け前が削られるばかりですぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

フィクションだがリアリティ抜群!

2016/07/14 18:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YK - この投稿者のレビュー一覧を見る

あくまで架空のフィクションでありながら、著者が現役官僚であるという事に思いを馳せると、本書の新刊書の帯にも書かれているとおり「これは事実の告発なのか?」という思いを抱きながら読みきりました。原発と政治、電力業界との関係がもしもこの小説どおりなら、原発再稼動は規定路線となって突き進むのではないかと思わせられます。
原発をめぐる背景について物語られる様々な事象が事実かどうかは読者の判断に任せますが、原発再稼動の是非を考える上でこういう背景があるのか
も知れないという意味では、一読の価値ありと考えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/03/02 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/29 15:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/14 01:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/02 16:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/28 08:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/03 20:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/22 18:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/18 14:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/17 14:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/17 14:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/14 07:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/18 08:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/09 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る