サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

インフェルノ 下
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 191件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/11/28
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:20cm/329p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-110594-8
  • 国内送料無料

紙の本

インフェルノ 下

著者 ダン・ブラウン (著),越前 敏弥 (訳)

医師シエナとともに、ヴェッキオ宮殿に向かったラングドンは、監視カメラにダンテのデスマスクを盗み出す自分の姿を見いだし、驚愕する。昨夜自分はいったい、何をしでかしたのだ?マ...

もっと見る

インフェルノ 下

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

医師シエナとともに、ヴェッキオ宮殿に向かったラングドンは、監視カメラにダンテのデスマスクを盗み出す自分の姿を見いだし、驚愕する。昨夜自分はいったい、何をしでかしたのだ?マスクの所有者であるスイスの大富豪ベルトラン・ゾブリストには、壮大な野望があった。生触細胞操作の分野を一から築いたゾブリストは、人類が人口爆発のせいで滅亡するという説を唱え、黒死病(ラ・ペステ・ネーラ)に着想を得た過激な方程式を提唱し、危険視されていた。デスマスクに残されたメッセージ、仕組まれた世界の破滅。ラングドンは医師シエナとともに、ヴェネツィアに飛ぶ。次々現れる追っ手をかわし、巨大な野望を食い止められるのか―!?【「BOOK」データベースの商品解説】

ヴェッキオ宮殿に向かったラングドンは監視カメラにダンテのデスマスクを盗み出す自分を見いだし驚愕する。マスクの所有者ゾブリストは黒死病に着想を得た過激な方程式を提唱し危険視されていて…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ダン・ブラウン

略歴
〈ダン・ブラウン〉1964年米ニューハンプシャー生まれ。アマースト大学卒業。英語教師から作家へ転身。著書に「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー191件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

とにかく面白い

2015/09/13 08:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sika - この投稿者のレビュー一覧を見る

やっぱり、ダンブラウンの小説は面白いです。
スリリングかつ歴史や謎解きが最高です。
あっという間に読み終えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

引き続き追跡劇が続きます。

2014/03/15 19:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiro190 - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻とは場所が変わりますが、同様な追跡(される)劇が続きます。
建物や通など具体的な名前が出てくるので、googleのstreet veiwを見ながら読んだら
もっと臨場感が沸きそうです。(まだ実行していませんが)
とにかく、どんでん返しと謎解きの連続で飽きさせないので下巻もいっきに読み終えました。
また、血なまぐさい場面がほとんどないのも好感が持てました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これまた「さすが!」としか言葉がない

2015/08/31 13:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

「天使と悪魔」「ダ・ビンチコード」「ロストシンボル」に続く、ロバート・ラングドンシリーズの最新の本作。前の三作も面白かったけれど、本作品もそれらに勝るとも劣らない面白さ。最初から最後まで、飽きることなく読み切りました。何しろこのシリーズの面白さは、「リアリティ」がある事だと思います。宗教と科学の共通点と進化論がテーマだったり、現実の芸術作品やかのフリーメイソンを取り上げたり。まずベースに「事実」を持ってくるので、物語に信憑性と迫力が出てくる。その結果、気が付けば物語に入り込んでしまっているという。
今回のテーマは、ずばり「人類の滅亡」。その最たる原因は、地球温暖化でも核戦争でもない。実は爆発的な「人口増加」にあり、結局全ての問題はそれに起因しているという。そこである遺伝子工学の科学者が全く新しい「疫病」を作り、世界にバラ撒こうとする、というのが物語の骨子。記憶を失ったまま、この事件に巻き込まれたラングドンが、その阻止に挑もうとするが・・・。
冒頭は、何だかぼんやりと霧の中から物語が浮かび上がるような感じ、そこから輪郭がはっきりしてくると、一気に加速していきます。また物語中盤にほぼ180度ひっくり返る展開も、さすがとしか言いようが無い。ミスリーディングもお見事だし、布石の打ち方と回収の仕方も素晴らしい。また最後にもう一度物語はひっくり返り・・・と、本当に読む側を飽きさせない。物語はイタリアの旧跡を飛び回るように展開するので、画像を検索しつつ読み進めるのも、何だか現地を旅行しているみたいで非常に興味深かった。
オチこそ、人によっては賛否あるかもしれないけれど、私的にはこれまたさすが!と感じました。次回作が、非常に楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/06/25 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/28 14:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/10 17:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/08 11:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/04 18:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/04 19:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/18 02:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/19 10:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/06 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/21 16:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/18 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/04 20:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る