サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. やっぱり世界は文学でできている

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

やっぱり世界は文学でできている

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/11/16
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:19cm/364p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-97759-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

やっぱり世界は文学でできている (対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義)

著者 沼野 充義 (編著)

亀山郁夫、野崎歓、都甲幸治、綿矢りさ、楊逸、多和田葉子を対談ゲストに迎え、文学について様々な角度から話し合う。イベント「続・世界は文学でできている−10代から出会う翻訳文...

もっと見る

やっぱり世界は文学でできている (対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義)

1,944(税込)

やっぱり世界は文学でできている~対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義2~

1,080 (税込)

やっぱり世界は文学でできている~対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義2~

ポイント :10pt / 紙の本より864おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

亀山郁夫、野崎歓、都甲幸治、綿矢りさ、楊逸、多和田葉子を対談ゲストに迎え、文学について様々な角度から話し合う。イベント「続・世界は文学でできている−10代から出会う翻訳文学案内」などの講演をもとに再構成。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

世界は言葉でできている 9−12
あらためて考えるドストエフスキー 亀山郁夫 述 13−57
「美しいフランス語」の行方 野崎歓 述 59−117

著者紹介

沼野 充義

略歴
〈沼野充義〉1954年東京都生まれ。文芸評論家。東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授。専門はロシア・ポーランド文学。「ユートピア文学論」で読売文学賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/10/05 16:59

投稿元:ブクログ

前作よりも沼野さんの立ち位置がこなれてきた感じがする。それぞれの対談者の持ち味が感じられるから。

くり返される部分は編集の段階でなんとかできなかったのだろうか。くどい。

今回の「おわりに」は浅薄な感じがした。ただし、ブロツキーの引用はよかった。

・「もののあはれ」は、もっとダイナミックな、主観と客観の出会いを含んでいる。
・逃避というと悪い意味で使いがちだが、逃げることは必ずしも悪い事ではない。逃げ道がないと人間は生きていけないと言うだけではなくて、それによって出会えるはずもなかったものに出会ったり、新しいものを知るという積極的な意味がある。
・英語を学ぶのではなく、英語で学ばなければならなかった。
・英語圏に限らず、特に現代文学の場合は、翻訳者の名前が表紙に大きくフィーチャーされることはめったにない。
・バイリンガルがスティグマになる場合もある。尊敬どころか軽蔑される。
・「にほん」「にっぽん」という二通りの読み方が国名にあるのは日本ぐらい。
・言語にはそれぞれ限界があって、日本語はお行儀のいい言葉。
・言語を言語にしているのは穴の部分。話しを聞いていないのに子どもが何らかの形で親の記憶を受け継ぎ、心が病むことがある。それはどうしてかという研究の中で、話されていない部分が話しているということがわかってきた。
・われわれが支配者を選ぶ時に、候補者の政治綱領ではなく、読書体験を選択の基準にしたならば、この地上の不幸はもっと少なくなるでしょう。:ヨシフ・ブロツキー

2014/01/23 00:36

投稿元:ブクログ

これは第二弾らしいがなんとなくこちらから手に取った。

翻訳ものを読むときは、何となく地に足が着いていない感じがいまだにあるので、たまにこうしてよく知っている人の話を聞くことでちょっと安心をしてみたりする。

楊逸さんとの対話はなんとなくちぐはぐなところも見受けられたような気がする。多和田さんの作品の舞台裏がわかるような話があって面白かった。

2014/01/19 21:25

投稿元:ブクログ

読書が逃避ではなく、限りなく現実と地続きだと二重に実感させられたような。
<でも、客観的なんてありえるんでしょうか。放射能物質に対しても、こんなにと思う気持ちがわいてくるだけでなくて、研究者の細胞も侵されるかもしれないというときなのに。客観って何でしょうね。>多和田さんのとりわけ印象に残る言葉。

2013/11/02 16:21

投稿元:ブクログ

「沼野教授と読む世界の日本、日本の世界」2013年度 参加者募集中!
~10代から出会う翻訳文学案内~
<新・世界文学入門> 「沼野教授と読む世界の日本、日本の世界。」

2010年から開催し、好評をいただいた<新・世界文学入門>。
2013年度、3回のゲストが決定いたしました!

11月9日(日) 加賀乙彦さん
12月7日(土) 谷川俊太郎さん、田原(デンゲン)さん
2014年2月2日(日) 辻原登さん

若い読者から熟練の読者まで、より刺激的な文学の魅力に出会いたい方、お申込をお待ちしております!いずれも会場は東京都内です。

参加費無料、先着順で受付中です。
詳細はJPICイベント情報をご覧ください!
http://www.jpic.or.jp/topics/2013/10/#entry-948

カフェ光文社古典新訳文庫 Blog
http://www.kotensinyaku.jp/blog/

2016/07/24 16:59

投稿元:ブクログ

沼野充義対談講義集「やっぱり世界は文学でできている」読んだ http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334977597 … 1冊目より断然おもしろかった。こなれたのか、対談相手に翻訳家がいて、小説そのものだけじゃなく言語世界についても話題が広がったからかも。言語と地域は一致しない(つづく

綿矢りさとの対談は、沼野充義に全くやる気がなく、綿矢りさの返答も知性を感じないもので、会話は記者会見的な一問一答からどこへも展開していかない。なぜ実施したのかナゾ、学生集めのためだったのかな。あと被災もしてない人々が震災に影響されていて驚く。あまりにナイーブすぎないか?(おわり

2014/02/03 00:17

投稿元:ブクログ

「W文学」を提唱する著者の対談集です。翻訳の問題がクローズアップしています。原作を読む語学力があればいいのだけど、著者のように多言語の文学を自在に読めない私にとっては、研究者・訳者・作家のそれぞれの翻訳の問題を掘り下げてくれます。
また、日本語の文学言語としての問題も、扱われています。やはり余計なことばが多すぎるようです。講義で、学生に英訳と中国語訳を見せた時、この方がわかると言われたことがあったのですが、その時に思ったことをさまざまな角度で検討しているのがおもしろかったです。