サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

妻が椎茸だったころ
妻が椎茸だったころ 妻が椎茸だったころ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 53件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/11/22
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/172p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-218513-4
  • 国内送料無料

紙の本

妻が椎茸だったころ

著者 中島 京子 (著)

「人」への執着、「花」への妄想、「石」への煩悩…ちょっと怖くて愛おしい五つの『偏愛』短篇集。【「BOOK」データベースの商品解説】オレゴンの片田舎で出会った老婦人が、禁断...

もっと見る

妻が椎茸だったころ

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「人」への執着、「花」への妄想、「石」への煩悩…ちょっと怖くて愛おしい五つの『偏愛』短篇集。【「BOOK」データベースの商品解説】

オレゴンの片田舎で出会った老婦人が、禁断の愛を語り始め…。「人」への執着、「花」への妄想、「石」への煩悩。ちょっと怖くて愛おしい、5つの「偏愛」を描いた短篇集。『小説現代』掲載をまとめて単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

リズ・イェセンスカのゆるされざる新鮮な出会い 5−32
ラフレシアナ 33−72
妻が椎茸だったころ 73−102

著者紹介

中島 京子

略歴
〈中島京子〉1964年東京生まれ。東京女子大学文理学部史学科卒。出版社勤務、フリーライターを経て、「FUTON」でデビュー。「小さいおうち」で直木賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー53件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

虚実の間の揺らめきに味わいを醸し出すストーリーテラーの技

2014/11/20 20:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ががんぼ - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつの頃からか耳にする名前ではあるものの、
この作家のことはよく知らない。
はっきり意識したのは、黒木華がベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞したときで、
その映画『小さいおうち』の原作者がこの作家だという。
そちらは未読だがちょっと興味を惹かれたところへ、
短編集があってそれも評判がいいというので、
本書の方を読んでみた。

作者は何やら新聞の、けっこう純文学系の鼎談のようなものにも参加していたから
もしかしてそういう作家なのかもしれないにしても、
少なくともこの短編集は、どちらかというと娯楽小説だろうと思った。

驚くのは読みやすさ。
文章もそうだが、話の展開も興味をそそるもので、
あっという間に引き込まれてしまう。
これは相当なストーリテラーなのではないか。

表題作は題(これはインパクトがある)のわりにリアルな話だと言っていいと思うし、
ほかにもそういうのもあるものの、
いずれも本当なのか幻なのか、
現実と幻想の淡い境界線上で微妙に揺らめくのが特徴ではないかと思った。

結局どちらとも決めかねる曖昧なまま、あるいは不思議なままの話もある。
そうした奇妙な揺らめきの中に、
ときに怖さを、ときに笑いを、ときに優しい情感を醸しだしてみせる。

植物をはじめとして、何か博物学的な?とでもいえる細かさがあるのも個性だろうか。

とにかく読ませるからこの手の小説が好きな読者ならかなり楽しめると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かなり変わった雰囲気に満ちている。

2015/09/11 09:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者の作品の中でも群を抜いて奇抜なタイトルだと思う。そして内容もかなりキテレツである。妄想ギリギリラインだったり、ブラックユーモアを通り越した歪み系のオチだったり。あまり好きな雰囲気ではないが、インパクトはある。
例えばある話では、主人公が知り合いになった男を変だと思っていて、そのうちラフレシアと付き合っている姿を見始める。ところがそれは主人公のほうの妄想なのだ。妄想の主客が転倒する感覚に、ぞっとする気持ち悪さがあった。
表題作はそれに比べればまだまともで、椎茸はあくまで料理していたらその素材だった頃の記憶が甦ってくるという、非常に観念的な話。わけがわからないようでいて、この感覚はありかなとも思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/10/13 12:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/17 17:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/17 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/13 12:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/23 20:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/05 16:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/17 15:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/12 13:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/09 17:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/16 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/18 14:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/29 14:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/24 18:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る