サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 統計の9割はウソ 世界にはびこる「数字トリック」を見破る技術

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

統計の9割はウソ 世界にはびこる「数字トリック」を見破る技術
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/02/19
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:19cm/245p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-863706-4
  • 国内送料無料

紙の本

統計の9割はウソ 世界にはびこる「数字トリック」を見破る技術

著者 竹内 薫 (著)

思わせぶりな数字にだまされるな! 身近に溢れるデータを示し、陥りやすい間違った読み方や、統計的目線での正しい読み方を解説する。世界の本質を見誤らないための統計学超入門。【...

もっと見る

統計の9割はウソ 世界にはびこる「数字トリック」を見破る技術

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

思わせぶりな数字にだまされるな! 身近に溢れるデータを示し、陥りやすい間違った読み方や、統計的目線での正しい読み方を解説する。世界の本質を見誤らないための統計学超入門。【「TRC MARC」の商品解説】

『半沢直樹』は本当に日本人の4割が見たの? 携帯電話キャリア「つながりやすさダントツ1位」って言いすぎでは? ダイエット食品の広告「96.5%がヤセた」の根拠って? 世の中にはこうした「思わせぶりな統計数字」がはびこっています。そして私たちは、これらの「トリック」にだまされがち。そこで本書は、実際に発表された具体的な数字を例に挙げながら、トリックのタネを明かしていきます。まったく新しい「統計エンタメ本」の誕生です!【商品解説】

著者紹介

竹内 薫

略歴
〈竹内薫〉1960年東京生まれ。マギル大学大学院博士課程修了。サイエンス作家。『サイエンスZERO』にナビゲーターとして出演。著書に「99.9%は仮説」「体感する数学」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/04/03 11:38

投稿元:ブクログ

この時流に逆らう感じがいいですねえ。
ウソというよりは、誤解を誘導している、がより適切な表現だと思うけど。

2015/01/14 23:28

投稿元:ブクログ

実例のセレクションが、最近の日本の注意すべきケースになっているのが非常に良い。詳しい人には食い足りないかもしれないが、全く知らない人には本書から読んでもらうのが良いと思う。

2014/03/17 20:54

投稿元:ブクログ

この本は、統計学は「正しく」使いましょうということを教えてくれます。(統計データにおける)数字の奥にある「本当の意味」を読み取ることが大切です。

2014/04/17 00:01

投稿元:ブクログ

読んでいて、「ウソというより印象操作だよなぁ。むしろ、この本のタイトルが一番のウソ」と思いながら読んでいたら、『おわりに』で書名の9割はウソというのはウソということが書かれていた。99.9%は仮説というのも嘘なんだろうなと思う。
レーシックって最近は自分もあまりいい印象がなかったのだけれども、どうも印象操作っぽい。まあ、だからといっていい印象をもったわけではないけど。
男性向け化粧品の話はこの本の中でも特にひどいと思った。調査人数より点数が高いけど、どういう基準の点数かはわからないという。後、出生率データも。分母は外国人を含んでいるのに、分子は日本人だけなんだとか。いったいなぜそんな計算方法になってるんだ・・・。

2014/07/28 15:24

投稿元:ブクログ

 あっという間に読めるほど、簡単に書かれているけど、結構興味深い。
 平均値だけではだまされるとか、母集団がどういうものか考えろとか。そんな中で、誤差の簡単な計算が為になる(・・・ような気がした) (標本数のルートが大まかな誤差。それをもう一度標本数で割ると大まかな誤差率)

2014/07/12 18:35

投稿元:ブクログ

世の中には多くの種類の統計数字が溢れています、その数字を使って振り回されることもありますが、私はそれが計算された根拠を知りたく思うことが多くありました。

この本は、世界にはびこる「数字のトリック」を見破る技術を解説してくれています。生データを表で纏めるだけでは分かりにくいので、グラフ化することは大事です。

従って、データの真実を尊重しながらも自分が伝えたい内容をこの本に書いてあることを参考にして、わかりやすいグラフを作成することが出来るようになれば嬉しいと思いました。

以下は気になったポイントです。

・縦軸の目盛りの間隔を意図的に変えると、数値の見え方が変わる(p30)

・誰がグラフを描いたかに注意する(p33)

・2番目のデータ(棒グラフ)を太めの枠で囲んで目立たせることによって、一番目との差は縮まって見える(p54)

・視聴率の誤差はプラスマイナス4%あるとされている(p68)誤差を知りたければ、調査世帯(実験データ=400)の数の平方根をとると良い(p70)

・グラフを読むときに、誰を対象に調査されたものかを読み間違えてしまうと、誤った感想を抱くことになる(p108)

・サプリメントの効き目を証明するためには、被験者たちを、本物サプリメントと偽ものサプリメントを飲むグループに分けて観察すべき(p114)

・フェルミ推定では、答えをピタリと当てるのではなく、「どんなヒントを知っていて、そこからどのように考えたか」という過程で、過程が重要視される(p124)

・過去のデータや今分かっている情報を前提条件としていくつかの仮説をかけ合わせ、概算することが大事(p125)

・平均値だけで見るのではなく、中央値や最頻値も見る必要がある(p135)

・対数正規分布、べき分布は、私達をとりまく社会や自然現象の中に多々現われる分布である、この場合、最頻値<中央値<平均値である(p139)

・アンケートを飲み込むのではなく、誰に対して調査したのか、そして、どんな質問をしたのかに気をつける(p179)

・統計データを見るときには、まず最初にサンプル数を確認する(p206)

・サンプルが母集団と比べて偏っている場合、その調査は信用できない(p229)

2014年7月12日作成

2014/07/08 20:10

投稿元:ブクログ

様々な統計トリック。グラフ作図、大きな誤差、比較対象の選択、偏った分布の平均値、アンケート誘導質問、小規模サンプル、偏ったサンプル。

今更・当たり前感で読む本ですよね。なるほどそうだったのか感ではなく。

2014/05/09 13:54

投稿元:ブクログ

統計数字にだまされないようにすること。
統計の対象者のチェック。
サンプル数をチェック。
グラフの表し方チェック。
なんと比較しているかチェック。
平均でものを言うときは対象の分布をチェック。
質問でどのように誘導したいのかチェック。
誤差の簡単な出し方はためになった。

日本経済 ランキング

日本経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む