サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 狼の牙を折れ 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

狼の牙を折れ 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/10/25
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:20cm/381p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-379853-2
  • 国内送料無料

紙の本

狼の牙を折れ 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部

著者 門田 隆将 (著)

日本初!公安捜査官「実名」ノンフィクション。史上最大のテロ「三菱重工爆破事件」を引き起こした謎の犯人グループは、天皇暗殺まで企てていた。「狂気の犯罪」に刑事たちはどう立ち...

もっと見る

狼の牙を折れ 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本初!公安捜査官「実名」ノンフィクション。史上最大のテロ「三菱重工爆破事件」を引き起こした謎の犯人グループは、天皇暗殺まで企てていた。「狂気の犯罪」に刑事たちはどう立ち向かったのか。今、最大の秘密組織がヴェールを脱ぐ。衝撃の初公開!土田警視総監日記。【「BOOK」データベースの商品解説】

史上最大のテロ「三菱重工爆破事件」を引き起こした、謎の犯人グループは、天皇暗殺まで企てていた。狂気の犯罪に、刑事たちはどう立ち向かったのか? 警視庁公安部の捜査官たちの実名ノンフィクション。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

門田 隆将

略歴
〈門田隆将〉1958年高知県生まれ。中央大学法学部卒。ノンフィクション作家として、政治、経済、司法、事件、歴史、スポーツなど幅広い分野で活躍。「この命、義に捧ぐ」で第19回山本七平賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

イヤな時代を知る本

2013/12/17 20:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:愚犬転助 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いまや日本一のノンフィクション作家と言っていい著者の、勢いを感じさせる快作だろう。テロリストたちを追い詰めていく現場の熱さ、正義への信念がよく描かれていた。犯人らを追い詰めていく臨場感に時間がたつのを忘れ、その読みやすさに感嘆するほど。
ただ、残念なのは、警察上層部とマスコミの描写。新聞は、大ネタ記事を抜くか抜かれるかが勝負という。他社よりも一刻も早くにスクープしたい。そんな新聞記者の情熱までを描いているが、一般人としてはしらける。一刻も早いスクープというのは、ムダでしかない。いつかは、わかること。そんな記事に対価を払いたくはない。いまの新聞に読者がいかにさめているか、それはこんな馬鹿げたことを繰り返してきたからではないかなあ。
また、警察トップが剣道の習熟者であり、彼の気合がマスコミを圧倒したような描写があるが、これまた鼻白む。旧海軍のトップクラスには、剣道の習熟者が多い。彼らがいかに怯懦で、口だけだったかを振り返ると、この話はいただけない。剣道が人格を鍛えるとはかぎらない。
だが、全体としてはすばらしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/22 22:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/14 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/26 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/27 00:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/13 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/21 21:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/11 04:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/03 06:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/13 07:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/06 15:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/22 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/29 07:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/01 17:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/19 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ノンフィクション・ルポルタージュ ランキング

ノンフィクション・ルポルタージュのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む