サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 技術・工学・農学
  4. 木材と文明 ヨーロッパは木材の文明だった。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

木材と文明 ヨーロッパは木材の文明だった。
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/12/03
  • 出版社: 築地書館
  • サイズ:22cm/349p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8067-1469-9
  • 国内送料無料

紙の本

木材と文明 ヨーロッパは木材の文明だった。

著者 ヨアヒム・ラートカウ (著),山縣 光晶 (訳)

ヨーロッパは文明の基礎となる「木材」を利用するために、どのように森林、河川、農地、都市を管理してきたのか。錯綜するヨーロッパ文明の発展を「木材」を軸に、膨大な資料をもとに...

もっと見る

木材と文明 ヨーロッパは木材の文明だった。

3,456(税込)

ポイント :32pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ヨーロッパは文明の基礎となる「木材」を利用するために、どのように森林、河川、農地、都市を管理してきたのか。錯綜するヨーロッパ文明の発展を「木材」を軸に、膨大な資料をもとに描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ヨアヒム・ラートカウ

略歴
〈ヨアヒム・ラートカウ〉1943年ドイツ生まれ。ビーレフェルト大学名誉教授。ミュンスター、ベルリン自由大学、ハンブルク大学で学ぶ。ドイツにおける環境史学の創始者の一人。著書に「自然と権力」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/03/06 18:53

投稿元:ブクログ

日経新聞 ブックレビュー 評:樺山紘一(西洋史家)
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO64874540U4A100C1MZC001/

築地書館のPR
「ヨーロッパは、文明の基礎である「木材」を利用するために、どのように森林、河川、農地、都市を管理してきたのか。
王権、教会、製鉄、製塩、製材、造船、狩猟文化、都市建設から木材運搬のための河川管理まで、錯綜するヨーロッパ文明の発展を「木材」を軸に膨大な資料をもとに描き出す。」

2017/02/22 08:51

投稿元:ブクログ

ヨーロッパ、特にドイツの歴史を木材通して俯瞰する大作。ヨーロッパは石の文明、日本は木の文明とよく聞きますが、
よくよく考えると、ヨーロッパは広大な森を有し、石の文明とはいえ石造建築物を建てるのに多くの木材を必要としました。
木は長い年月の間に朽ちてなくなっても石は残りますから、考古学的には石が遺構や遺物としてよく残るので、石の文明
という表現がされてはいるものの、人間と木の関わりは深い。
本書はそういう人間と木の関わりを歴史を追ってみて行くものですが、建築材としての木(木材)、燃料としての木(薪、炭)、
原料としての木(木灰)、日用品としての木(桶、家具など)、機構の中の木(水車、歯車など)、生活空間としての木(森)、移動手段としての木(筏、船)
環境保全の対象(森)など、そして特に記録が残っている中世以降は利害対象となってしばしば争いごとの種(領地争いなど)
になっていたり、経済が発展してくると石炭といった新しい燃料との競争が起こったり、と人類の発達史そのものを見ていると思うくらい木が深く
人間の歴史に根差していることがよく分かります。ヨーロッパ特に森林が豊かなドイツ中心に話が展開するため日本人にとって馴染みがない
ところが多いかもしれませんが、経済優先の環境破壊のくだりを読んでいると、万国共通、昔から人間って変わらないのだなと感じる部分もありました。
さて、ガラスに関する記述もほんの少しだけでてきます。燃料としての木と原材料としての木です。燃料としては薪。原材料としては木灰になります。
ガラスの主成分はケイ酸、アルカリ分、石灰分で、ケイ酸は砂。これを熔かすとガラス化しますが、熔かすにはあまりにも高い温度が必要となるため、
アルカリ分を添加することで融点を下げます。しかしアルカリ分は水に溶けやすい成分なので石灰分を入れて安定させます。
これらの成分のうち、アルカリ分として古代からよく使われているのがナトロン(ソーダ石灰)や植物灰で特にローマ時代はこれらがメインでした。
植物灰は特に塩性植物のオカヒジキが有名ですが、カリウムやナトリウムに富んでいてガラス製造に適しています。
中世になると環境問題や公害などの観点からガラス工房は僻地へ追いやられる動きが活発になり、ヨーロッパでは森の中にガラス工房が
建てられるようになります。そうするとアルカリ分としての植物灰や塩性植物が入手困難となってしまい、代わりに豊富な木の灰が利用されるように
なりました。ブナは特によく利用されました。成分的に適しているのだろうと、ぼんやりと思っていたのですが、本書によるとブナは変形が激しいため
建築用材としては最悪であるというレッテルを貼られていたようで、それ故ブナが原料として選ばれたのかもしれません。また、森林とはいえ、
運搬に適した河川の近くで営まれたようです(黒川2000 p.84) 。本書でも筏流しという、丸木を丸ごと川へ流して山を下らせる豪快な運搬方法
が紹介されていますが、木材を運ぶもっとも経済的で安全な方法は筏流しだったようです。木灰として使う木材がこれと同じ方法で運ばれたのか
までは分かりませんが、川は筏などを���って移動する森の道としても利用されていました。
森の中で作られるようになったガラスは「森林ガラス」ドイツ語で「Wald Glas」、フランスでは「羊歯(シダ)ガラス」 「Verre de Fougere」と呼ばれて
います。 成分的にはカリ分が豊富なガラスなので「カリ・ガラス」と呼ばれます。中世ヨーロッパでは教会が多く建てられるようになり、その結果、
ステンド・グラスの需要が増して森林ガラスが発達しました。
内容の紹介とは少しずれましたが、本書のメインはあくまで「木」。ガラスとの関わりを調べるのであれば「森林ガラス」で調べるとよいかと思います。
参考文献
黒川高明 2000 『中世を彩る ヴァルトグラス』 東芝ドキュメンツ㈱

林業 ランキング

林業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む