サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

秘密 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/12/22
  • 出版社: 東京創元社
  • サイズ:19cm/330p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-01008-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

秘密 上

著者 ケイト・モートン (著),青木 純子 (訳)

『忘れられた花園』のモートンが再び読者を誘う物語の迷宮。オーストラリアABIA年間最優秀小説賞受賞。母は、なぜあの見知らぬ男を殺したのか?少女だったローレルは確かに聞いた...

もっと見る

秘密 上

1,944(税込)

秘密 上

1,800 (税込)

秘密 上

ポイント :16pt / 紙の本より144おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

『忘れられた花園』のモートンが再び読者を誘う物語の迷宮。オーストラリアABIA年間最優秀小説賞受賞。母は、なぜあの見知らぬ男を殺したのか?少女だったローレルは確かに聞いた―「やあ、ドロシー、久しぶりだね」と彼が言ったのを。【「BOOK」データベースの商品解説】

【オーストラリアABIA年間最優秀小説賞】国民的女優ローレルは、死期の近づいた母の秘密をさぐりはじめる。50年前、母はなぜあの男を殺してしまったのだろう? 彼と母のあいだに何があったのか? 母の本に残された署名・ヴィヴィアンとは誰の名なのか?【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ケイト・モートン

略歴
〈ケイト・モートン〉1976年南オーストラリア生まれ。クイーンズランド大学で舞台芸術とイギリス文学を修めた。「リヴァトン館」で作家デビュー。「秘密」でオーストラリアABIA年間最優秀小説賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

語り口の好き嫌いはあると思うが、良くできた優れたミステリーだと思う。

2015/08/19 00:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:arima0831 - この投稿者のレビュー一覧を見る

イングランドの農村地帯で育ち、ロンドンに出て大女優となったローレルは、母ドリーがある夏の日に、訪ねてきた男を殺害する現場を目撃していた。母はどうもその男を知っていたらしい、というところから話は始まる。

母もやはり過去に、イングランドの片田舎での生活に背を向けてロンドンに出ていた。富裕な老女のメイドとなったドリーが強く憧れたのは、著名な小説家の妻ヴィヴィアン。ヴィヴィアンには、実はオーストラリアで孤児となりロンドンに渡った過去があった。

そして現在、母ドリーは老いて死に向かう。最後の時を過ごしにやってきたローレルは、ひょんなことで母の過去に疑問を持ち、長年心の奥底に押し込めていた謎を解き明かそうと動き始めるのだが・・・。

第二次大戦前後、1960年ごろ、そして2011年現在という三つの時系列を縫うように行き来しながら、三人の女性の現在と過去が錯綜し、不思議なつながりが解き明かされていく。果たして何が謎なのかも実は具体的にならぬまま、何故かどこかしら不可解な違和感が全編を覆う。この違和感の背景が、あっと驚く形でラストに解き明かされる仕掛けだ。

正直若干まだるっこしい叙述もあって、序盤はもう少し話を刈り込んでもよいのではないかなあ、と思わないでもなかったのだが、上巻の後半くらいまで読むと話の輪郭がぼんやり浮かび上がってきて、それとともに一気に読み耽ることになる。話がどこに向かうのかよくわからないまま、不思議な心理描写を追ってずるずるっとラストまで引っ張られてしまう格好。

一貫して微妙に嫌な感じの話に思えたのだが、ラストが鮮やかに決まって読後感は非常によかった。地味で地道な背景描写主体の話に、驚きのどんでん返しがきた、その意外性が面白かった。

語り口の好き嫌いはあると思うが、良くできた優れたミステリーだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/06 20:50

投稿元:ブクログ

ブロンテ姉妹の本が好きな人は~という前評判に釣られ、しかも乙女ゴコロを持つ人に~などと謡われてはもうまっしぐらに読まなきゃ…ですね。案の定、ハマってしまい一気読みでした。時系列も文字通り右往左往させられてページをめくる手が止まらない!
『下』も気が付けば半分越してますます目がはなせません。

2015/07/13 09:51

投稿元:ブクログ

もう、ドリーに心を寄せられなくて、読めば読むほどこの娘がきらいになっていくのでどうしようという感じで上巻を読み終えた。でも進まないなと思っているうちにあっという間に読んでしまったので、やはりリーダビリティは高い。

2014/02/14 20:37

投稿元:ブクログ

前作『忘れられた花園』の紹介文に「かつて『秘密の花園』を読み、『嵐が丘』を読み『レベッカ』を読んで、胸を躍らせたあなたに……。」とあった。『レベッカ』が好きなので興味を持っていたところ、ちょうど新作が出たのでこちらを先に。50年前に母親の凶事を偶然目撃してしまい、以来ずっと口を閉ざしていたローレルが、母親の死期を予感して事件の真相を探っていく物語。上巻ではまだパズルの半分もピースが揃っていない。

2014/09/13 15:13

投稿元:ブクログ

のどかな田園地帯に構えた一軒家で、少女は母親が見知らぬ男を刺殺するのを目撃する。正当防衛と認められて罪には問われなかったが、少女は確かに聞いていた、男が母に「ドロシー、久しぶりだね」と呼ぶ声を…
映像的な家と家を取り巻く風景の描写から、その殺人事件へと場面は繋がっていきます。まるで映画の導入部のようでミステリで王道でもあるプロローグは、全編を貫く今回の謎でもあります。
長じて一角の女優となったかつての少女=ローレルの視点と、母=ドロシーの視点を交互に描いて過去と現在を行き来しながら、その謎にまつわる不可思議な物事をいくつも描き出していくという、興味を惹かせる展開。ちりばめらえた象徴的なアイテムやエピソードが、なにを物語るのか。抒情的な雰囲気に浸りつつ、するりと読めた上巻だったのでした。

2015/04/17 11:27

投稿元:ブクログ

私の評価基準
☆☆☆☆☆ 最高 すごくおもしろい ぜひおすすめ 保存版
☆☆☆☆ すごくおもしろい おすすめ 再読するかも
☆☆☆ おもしろい 気が向いたらどうぞ
☆☆ 普通 時間があれば
☆ つまらない もしくは趣味が合わない

2015.4.16 読了

なかなか面白いですし、とても良い小説です。

いろいろ散りばめられた断片が上手く構成されているところや、幼年時や空襲のときの情景がとても良く描けていること。小説全体を通じて、家族愛が書かれていて、読後感もとても良かったです。
ただ、ミステリーとしては、それ程幻惑させられるような謎が書かれているわけではなく、何か少女期の心傷によるとんでも無い事を期待しているのは、最近のミステリーにかなり毒されているのでしょうか?

秘密の花園も読んでみようと思います。

2014/10/01 10:53

投稿元:ブクログ

とにかく面白かった!!

人間の哀しさ、脆さ、強さ、さまざまな要素が描かれ、読み終わったあとに、いろいろな気持ちがこみあげてきた。
そして、驚きの結末!!
「え、そうだったの?」という感じ。
救いがあるところに、読者も救われる。

2014/08/24 23:27

投稿元:ブクログ

 16才の時に、母親ドロシーが見知らぬ男をナイフで殺すのを目撃したローレルはショックを受ける。警察には言わなかったが、男は親しげに母親を名前で呼びかけていたのだ。死期の近い母親を介護しながら、古い台本にはさまっていた写真とヴィヴィアンという女性の名前を手がかりに、ローレルは長い時を経てその謎を調べ始める。
 戦時中のロンドンと現代のロンドンが交互に描かれ、若い頃のドロシーとボーイフレンド、そしてまもなく知り合いになるヴィヴィアンとその夫の生活が徐々に、ローレルの前に姿を現す。若い野心的なドロシーが困窮の生活の中で、友情と愛情を求めながら叶わず失意に沈むところで上巻は終了。

 ストーリーとは関係ないが、木造の家がないせいか、毎晩のようにドイツ軍の爆撃を受けて街が破壊されても、普通に暮らしているロンドン市民の生活ぶりが珍しかった。

2016/03/05 18:09

投稿元:ブクログ

母の殺人の真相を探るミステリー。

前半は時系列や人物名や人間関係がうまく把握できず混乱していましたが、後半からは面白くなりました。
1961年の主人公が目撃した母が犯した殺人を挟んで、2011年に死を間近にした母の殺人の真相を探ろうとする娘パートと1941年の殺人事件の元となると思われる母の青春時代のパートが交互に描かれる構成がうまく、謎解きに引き込まれました。
下巻にて真相は如何に。
予想では母が実は親友と入れ替わっていた・・・ではベタかな?

2013/11/08 18:24

投稿元:ブクログ

おーモートン

東京創元社のPR
「国民的女優ローレルが少女時代に目撃した、母をめぐる恐ろしい出来事。あの50年前の出来事はいったい何だったのか? 母の過去にはいったい何が隠されているのか?」

2014/02/01 13:43

投稿元:ブクログ

『忘れられた花園』 も そうだったけど母親の若い時代がと現代が交錯して 解りにくい。それが、ねらいなのかな。

2014/01/20 19:16

投稿元:ブクログ

ケイト・モートンの新作。
現在と過去の事件が平行して語られるのは、他作品にもある特徴。今回は第二次大戦中の出来事が重要になってくるようだ。
下巻を読むのが楽しみ。

2014/05/27 12:54

投稿元:ブクログ

「忘れられた花園」を読んだ時の衝撃は何度も思い出す。新作も、目の前にありありと浮かぶ風景描写と、丹念に作り込まれているストーリーに引き込まれ先が知りたくてなかなか休憩できず!

2014/04/11 10:50

投稿元:ブクログ

各誌で早くから絶賛されていたので愉しみにしていたが、期待にたがわぬ出来。おそらく読者は、この前にどんな小説世界に触れていたとしても、読み始めればたちどころに引き込まれてしまうだろう。物語の中心には、くよくよせず前向きで、情熱とエネルギーに満ちた母がいる。人を不快にするというよりは愉快にさせる彼女は、周りの登場人物だけでなく読者をも引きつけてやまない魅力がある。他にも、老いた父が廊下で途方に暮れる様子や、流す涙の乾きの早さについての感慨など、細部もたまらくいい。解き明かされる秘密は、運命の苛酷さをも示す。

2015/07/01 17:24

投稿元:ブクログ

過去の部分は、これからどんどん悪くなっていくって分かっているから、読むのが辛くてスピードが上がらない。
でも、先も気になる!