サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. アジア映画で〈世界〉を見る 越境する映画、グローバルな文化

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アジア映画で〈世界〉を見る 越境する映画、グローバルな文化
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/12/20
  • 出版社: 作品社
  • サイズ:21cm/303p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86182-461-6
  • 国内送料無料

紙の本

アジア映画で〈世界〉を見る 越境する映画、グローバルな文化

著者 夏目 深雪 (編),石坂 健治 (編),野崎 歓 (編)

グローバリズムの中、越境し変容するアジア各国と日本の映画。「今、アジア映画を見ること」の意味を問いながら、歴史・政治・社会状況を読み解きつつ、映画・映像の可能性を探り、批...

もっと見る

アジア映画で〈世界〉を見る 越境する映画、グローバルな文化

3,024(税込)

ポイント :28pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

グローバリズムの中、越境し変容するアジア各国と日本の映画。「今、アジア映画を見ること」の意味を問いながら、歴史・政治・社会状況を読み解きつつ、映画・映像の可能性を探り、批評の文脈を刷新する。対談や座談会も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

いま、アジア映画を観るということ 夏目深雪 著 5−14
最新アジア映画日記二〇一二〜一三 石坂健治 著 16−22
アジア映画に接近する、いろいろな方法 四方田犬彦 著 24−36

著者紹介

夏目 深雪

略歴
〈夏目深雪〉批評家、編集者。2011年F/T劇評コンペ優秀賞受賞。
〈石坂健治〉1960年東京生まれ。東京国際映画祭「アジアの風」(2013年より「アジアの未来」)部門プログラミング・ディレクター。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/12/28 16:50

投稿元:ブクログ

図書館より拝借。アピチャッボン監督に関してふれている文章のみかいつまんで読む。最近観た短編集に関しても書いてあったので、厚い本ではあるが?借りてみてよかった。

2013/12/04 08:37

投稿元:ブクログ

映画でも遠く感じてしまう。もっと近くに、、、

作品社のPR
「われわれは映画に、映画はわれわれに、何をできるのか――。グローバリズムの中、越境し変容するアジア各国と日本の映画。「今、アジア映画を見ること」の意味を問いながら、歴史/政治/社会状況を読み解きつつ、映画/映像の可能性を探り、批評の文脈を刷新する。地図上の〈世界〉とわれわれの生きる現実(リアル)な〈世界〉を、14の論考と7つの対談・座談で切り取る、画期的評論集!」

映画 ランキング

映画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む