サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

血の探求
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/01/10
  • 出版社: 東京創元社
  • サイズ:19cm/394p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-01015-7
  • 国内送料無料

紙の本

血の探求

著者 エレン・ウルマン (著),辻 早苗 (訳)

1974年の晩夏。休職中の大学教授である“私”は、サンフランシスコのダウンタウンにオフィスを借りた。そこは元続き部屋で、内部には隣室につながるドアがあった。ある日、そのド...

もっと見る

血の探求

2,376(税込)

ポイント :22pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1974年の晩夏。休職中の大学教授である“私”は、サンフランシスコのダウンタウンにオフィスを借りた。そこは元続き部屋で、内部には隣室につながるドアがあった。ある日、そのドアから精神分析のセッションが聞こえてきた。“患者”は若い女性で、養子のため自分の出自がわからず、アイデンティティの欠落に苦しんでいた。“私”は息を殺して、産みの母親について調べる患者の話に耳を傾け続け、やがてふたりに気取られないようにしながら母親捜しの手伝いを始める。彼女はなぜ養子に出されたのか。“血の探求”の驚くべき結果とは―。本文のほとんどが盗み聞きで構成された、異色かつ予測不可能な傑作ミステリ。【「BOOK」データベースの商品解説】

実の母親を捜す患者と繰り返し話し合う精神分析医。会話を盗み聞きする大学教授の“私”は、やがてふたりに気取られないように母親捜しの手伝いを始め…。本文のほとんどが盗み聞きで構成された異色かつ予測不可能なミステリ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

エレン・ウルマン

略歴
〈エレン・ウルマン〉作家、コンピュータ・プログラマ。三作目の作品「血の探求」が『ニューヨーク・タイムズ』の〈2012年の注目すべき100冊〉の一冊に選出された。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店吉祥寺店

盗み聞きの快楽

ジュンク堂書店吉祥寺店さん

ず~っと盗み聞きです。主人公の名前も分からなければ、何かしでかしたようなのにそれが何なのかはっきりとは分からず・・・盗み聞きされた方も、本当にその結論でいいのか?というかなり思い込みの激しいアイデンティティ探し。ただこの小説のすごいところは、このすべて曖昧な表現によって自分が盗み聞きしているような錯覚を覚えさせ、主人公の精神不安定を全部読み手側に転嫁させてしまうところ。かなりな分厚さと二段組みというボリュームのページを繰る手は止まりません!!盗み聞きという行為の官能的で危険な世界を疑似体験できます。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/01/26 12:54

投稿元:ブクログ

ハード面とソフト面で楽しめる異質な作品。長めのアプローチと濃い描写で序盤は悶絶したが、気付けばだだハマり。

まずハード。ほぼ会話のみで進行するが、かぎ括弧はなく、地の分に埋め込まれた形になっている。主要キャラは三人で、うち二人は名無し。舞台はビルの隣り合った二室のみで移動はなし。語りは一人称だが、言い回しの妙で三人称であるかのような錯覚を起こす。

この盗み聞きの中に作中作のような物語が登場するのだが、それも含めて、謎めいたドラマ、謎めいた登場人物が織り成すソフト面が、インパクトのある作品へと昇華させていく。出自にまつわるストーリーが重い。このネタは昨年から何度か経験してるが、それでも読むたびに違う重みがあって気持ちがしんどくなる。掘ってみたら根っこは想像以上に巨大で、しかもまだ奥にも伸びていて真実はとんでなかった。…という患者の血の物語がメインになるのかもしれないが、盗み聞きというフレームに立ち返ると、大学教授の「私」の異様さに改めて気付かされるという作りに感心してしまう。

殺人などのお約束要素は一切ないのだが、広義のミステリと言っても差し支えないだろう。謎という観点から見れば、謎だらけの人物によって語られる謎だらけのお話ではある。このラストも好きです。“探求”はほどほどに、と作者が読者をたしなめているような感覚。評価は、型破り作品の希少価値(?)を鑑みて甘めの星よっつ。

2014/03/29 23:12

投稿元:ブクログ

 ひっさびさに、小説を読んで「おおお!」と漲った。
 読み応えのある厚さだけれど、さすが小説、である。実にすばらしい。

 一人の男が、隣の部屋のセラピーで行われている出来事に耳を澄ませるところから物語は始まる。
 簡単に言えば盗聴だ。
 けれど、誰もが想像しない方向へ物語は進み、世界の豊かさを味わえる。

 これは小説でしか描けないし、読み取れない。
 というか、一度読んだけれど……今すぐ再読したい。そんな小説でした。
 面白かった!

2014/06/06 16:52

投稿元:ブクログ

盗み聞き大学教授、セラピスト、患者。

評価が高かったので、手に取った。

盗み聞き教授の常軌を逸したのめり込みっぷりにげんなり。
ストーリーも厳しくて苦しくて、意地悪もあって。
楽しめなかった。

そんな自分が嫌になるのも嫌。
こんな読後感珍しい。

2014/02/20 22:07

投稿元:ブクログ

壁一枚隔てた貸事務所。
隣の女性のカウンセリングを聞くは精神的な問題を抱えた大学教授。
やがて彼は女性の人生に大きく関わることになっていく。

なんとも不思議な舞台設定で。
メインの登場人物3人のうち二人に名前がなく、ほぼ舞台は大学教授の借りている事務所からうごかない。
隣の声を盗み聞きするという状態で進む物語。
会話分も括弧がつけられておらず地文に紛れているのでまるで騙し絵の様。
そもそも語り手も、その彼が盗み聞きしている話も信用できないし。
それでも最初のうちは苦痛だった独特の世界に気がついたら引きずり込まれ、いつの間にか患者の話をもっと聞きたくなり、ラストシーンが残念で仕方がなかった。
これをミステリかと言われるとちょっと首を捻ってしまうけれど、自分が患者の立場だったら十分に『人生の謎』であろう。

2014/01/22 21:03

投稿元:ブクログ

本編の大半が『盗み聞き』で構成されている、ユニークなミステリ。
凶悪犯罪が起きるわけでもなく、登場人物の誰も死なないが、サスペンスフルでページをめくる手が止まらない。
メインの謎らしい謎は『母親探し』ということになるのだろうが、こちらは割とあっさり解きあかされてしまい、登場人物の内面に焦点が当たっているところも面白い。
『訳者あとがき』によると、どうやら寡作なタイプらしく、他の長編をすぐに読めなさそうなのが残念だ……他のも読んでみたかったのだが。

2014/04/11 10:46

投稿元:ブクログ

二段組みだが読みやすく、読後感はなんとも奇妙な味わいが残る。焦点は患者の出自をめぐる謎で、セラピストとのやり取りを通して産みの母親の過去を探求していき自己を回復していく物語だが、これに隣室で彼女らの会話を盗み聞きする精神不安定な主人公を加えることによって、一筋縄でいかないミステリとなっている。明かりも点けず息を殺し、インフルエンザでも悪寒に耐えながら盗み聞きする主人公に読者はいつしか同化し、「今日はここまで」というセッションの区切りをもどかしく感じるようになる。ハー!ハー!ハー!と嘲る烏の幻聴も効果的だ。

2015/06/28 23:25

投稿元:ブクログ

文字通り、睡眠時間を削って読んだ。

「彼女が自身をまったく新しく作られた人間として見てくれたらいいのに-先祖からの解放へと私を導いてくれる自己創造の人間として見てくれたらいいのに、と願わずにはいられなかった。」(p.166)
主人公は勝手だ。隣室で行ったり来たりしながらも自身に向き合い闘う患者とその精神科医の会話を盗み聞きして、自分の精神不安定と強迫観念を改善した気になる勝手な、まるで読者みたいに勝手な主人公に、視点が自然と重なる。
頭の具合と合わせて行き来したりぐるぐると円を描いて抜け出せなくなったり突破したりする不安定な思考が、自分と重なる。

そしてラストは衝撃的。
患者の産みの母親の物語で安心しようと甘えが出た途端に放り出された。
完全に主人公の大学教授の視点で、自分自身の恐怖に縛られた思考を解きほぐすために、患者とセラピストの会話を「盗み聞き」してしまっていた。
ラストは主人公と一緒に放り出されて、動悸がして呼吸が浅くなった。
でも、1ページ目に戻ったらちゃんと「あれが終わりを迎えたときには、私は別人になっていた。彼女のおかげだ。私を変えてくれたのは、最後まで名前も知らぬままになった彼女だった。」と書いてあったのだった。
変わるんだ、私も。


ドイツ・ベルゲン=ベルゼン強制収容所から第四次中東戦争後のイスラエルを知るための、歴史小説としても抜群だった。
本当に。

【完全に自分用メモ】
自分の出自は、自分自身で考えてもいない影響を及ぼすのではないか。
自分は、何からも親からも望まれていない存在ではないのか。
自分が存在することそのものへの恐怖。
そして、ひどいことを言える血を持った自分は、自然とひどいことが言えてしまうのではないかという恐怖。

全ては恐怖から生まれていて、「つまり、彼女に悲しい思いをさせたくない、わたしが存在することで喚起される悲しい気持ちから守ってやりたいと思ったんです。」(p.233)いつもここに逃げてしまう。
自分に自信を持ちましょう、とかって話ではなくて、ただの恐怖だ。不満の声を漏らされ、不機嫌な顔をされた、それだけで恐怖に縛られる。
ただの恐怖です。
恐怖には打ち勝たなくてはならない。
恐怖に縛られているのは私自身の問題だから、私がカタをつけなきゃいけない。
祖父母や両親が言えて、でも私が言ってもいない「ひどいこと」については、私には関係ない。それはまだ反省する必要のない、幻影だ。
恐怖に震えて理性を失う、自己創造できないのが、私の罪だ。

「あなたはけっしてお母さまを満足させることはできないのですよ。それはおわかりでしょう。」(p.357)
わかっている。わかっている…。