サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. まだ誰も解けていない科学の未解決問題

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

まだ誰も解けていない科学の未解決問題
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/01/23
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-600071-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

まだ誰も解けていない科学の未解決問題

著者 竹内 薫 (著),丸山 篤史 (執筆協力)

大量絶滅、ブラックホール、リーマン予想、心脳問題、超ひも理論…。科学の最前線は「未解決問題」にある! 無数に存在する科学の未解決問題の中から、意外性があるものや歴史がある...

もっと見る

まだ誰も解けていない科学の未解決問題

1,512(税込)

まだ誰も解けていない 科学の未解決問題

1,512(税込)

まだ誰も解けていない 科学の未解決問題

ポイント :14pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大量絶滅、ブラックホール、リーマン予想、心脳問題、超ひも理論…。科学の最前線は「未解決問題」にある! 無数に存在する科学の未解決問題の中から、意外性があるものや歴史があるものなど、面白い問題を厳選して紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

竹内 薫

略歴
〈竹内薫〉1960年東京生まれ。マギル大学大学院博士課程修了(高エネルギー物理学専攻)。サイエンス作家。理学博士。著書に「99・9%は仮説」「宇宙のかけら」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/11/01 00:06

投稿元:ブクログ

所謂、未解決問題(リーマン予想のような)だけでなく、物理学や生物学や医学からの「不思議」を平易に書き下ろしてくれている。既知の事柄もあったけど、いろいろとワクワク感を醸し出す一冊だった。

2014/03/11 13:10

投稿元:ブクログ

未解決(だった)問題を12個紹介。ただ、リーマン予想の章など、はなしが発散したまま閉じてない内容もあり、内容はこなれてない感。ウナギがプレートテクトニクスで長距離移動するyおうになったという説は壮大。

2014/04/02 23:34

投稿元:ブクログ

科学者が挑む世紀の問題、解決できれば人類は進歩する
http://on-the-road.co/?p=675

2014/11/05 21:45

投稿元:ブクログ

解決されていない問題が紹介されている。大量絶滅やブラックホール、性、麻酔など、数学や物理分野だけではなく、生物や医学なども興味深い。特にウナギについてまだ分かってないなんて不思議だった。

2014/04/10 07:47

投稿元:ブクログ

何か昨日(2014/4/9)は日本中が科学とはなんぞや(ではないかな?)、と沸き返っていたようだ。科学的な理論をすべきだと、科学的でなさそうな人もたくさん指摘している。
しかし、科学の最前線は未解決問題にあるのだ(そうだ)。
本書はそういう例をあげて科学の愉しさを語る本。冒頭には、未解決だったが解決された「ポアンカレ予想」。皆が妄想だと小馬鹿にしていたが、なんだかどうもよくわからん、調べてみようとなったら大当たりだった、と。示唆的ですね〜。
さて、これは例外で、あとは未解決の問題が並ぶ。
進化論って本当なのか(再現できないから確かめられない)。うなぎはなんであんなに遠くで産卵するのか(プレート移動であそこまで行っちゃったのでは)。全身麻酔はどうして効くのか(共通の分子構造がない)。などなど。「性」についても、単に優良個体が受け継がれる、というだけでもなさそうだ、と。解決されていることなんか、ほんの少ししかない。だから楽しいのだ。
僕はSTAP細胞の報道を始めて聞いた時に、そんなわけねえだろ、ネイチャーが最初に突っ返したのは正しい、と思ったが、しかしそれではイカンのだ。「そんなわけねえだろ」でストップしないことが重要なのだ。僕の妄想もいつか花開くかもしれない。

2015/07/04 20:47

投稿元:ブクログ

UNSOLVED PROBLEMS IN SCIENCE ―
http://www.kadokawa.co.jp/product/201216009351/

2017/03/06 10:28

投稿元:ブクログ

物理や数学に関して、やはり理解できないところが多い。
が、文章が読みやすく、例えがわかりやすくて、この本は最後まで読むことができた。
できれば買って、手元に置いておきたいな。

2014/10/26 01:50

投稿元:ブクログ

つかみのソファー問題が面白くて読んでみたけど、ちょっと期待してたものとは違った。
ほとんど解ってるけど証明のしようがないみたいなのが結構ある。

思ってたのと違っただけで内容は興味深い

自然科学・科学史 ランキング

自然科学・科学史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む