サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ゆるゆる人生のみつけかた 金子光晴の名言から

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゆるゆる人生のみつけかた 金子光晴の名言から
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/01/10
  • 出版社: 言視舎
  • サイズ:20cm/219p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-905369-78-3
  • 国内送料無料

紙の本

ゆるゆる人生のみつけかた 金子光晴の名言から

著者 鈴村 和成 (著),野村 喜和夫 (著)

第二次大戦以前から1970年代まで波瀾の人生を生きた大詩人・金子光晴。その“ゆるい生き方”から、この憂鬱なる末世の黄昏・没落・終末をいかに生き延びるかを模索する。『すばる...

もっと見る

ゆるゆる人生のみつけかた 金子光晴の名言から

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

第二次大戦以前から1970年代まで波瀾の人生を生きた大詩人・金子光晴。その“ゆるい生き方”から、この憂鬱なる末世の黄昏・没落・終末をいかに生き延びるかを模索する。『すばる』連載を再構成し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

超脱力・超中国・超戦争・超貧乏・超老人を学ぶ
金子光晴~第二次大戦以前から1970年代まで、波瀾の人生を生きた大詩人。スキャンダラスな夫人との関係、中国・東南アジア、ヨーロッパへ足掛け5年に及ぶ極貧の放浪旅行、戦争に対する絶妙な態度、晩年「エロ爺さん」ともてはやされ老人になってからの活躍――。
現在の日本が直面する危機には、金子光晴のゆるい生き方が有効である。
★(金子光晴の)人生がおもしろいのだから、その人生を語る物語がおもしろくないはずがない。いや、人生を語る物語が人生よりおもしろくなってしまった。/さらに愉快なのは、そんな艱難辛苦を体験した詩人であるのに、その生涯を見わたしてみると、すこしも苦労した様子がみられないことである。/悠々と、飄々と、ゆるゆると、人生をわたっている。/そんな人――金子光晴の足跡をたどる旅行を、詩人の野村喜和夫と私(鈴村和成)は、何度かこころみている。……本文より
【商品解説】

目次

  • Ⅰ名古屋・津島で学ぶ超・脱力  
  • Ⅱ 神戸・長崎で学ぶ超中国 
  • Ⅲ 東京で学ぶ超貧乏の極意 
  • Ⅳ 新宿、富士山麓で学ぶ超戦争 
  • Ⅴ 吉祥寺で学ぶ超老人の作法

著者紹介

鈴村 和成

略歴
鈴村 和成
評論家、詩人。ランボー、村上春樹論等で活躍。2009年『ランボーとアフリカの8枚の写真』など一連の紀行により藤村記念歴程賞受賞、著書多数。写真批評、撮影も手がけ、本書の写真も担当。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/07/22 18:54

投稿元:ブクログ

秘密保護法、安保法制、平和憲法改正… 繰り返す歴史の中でまた道を誤りかけているこの時代だからこそ金子翁の生き方が云々かんぬんと言う企画もの。
だがなちょっと待て、そうやって型にはめ込んで商業ベースに乗せてしまうことこそその趣旨に反してはいないか?
そうこの人の狂骨の詩人たる魅力はナショナリズムやダダイズムをはじめとするあらゆるイズムを鼻で笑って一蹴してしまう自由奔放さにあるのだから。
理屈じゃなく去年の流行り歌のようにありのままに感じれば良い、それが翁への礼儀だ

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む