サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 「イタリア郷土料理」美味紀行

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「イタリア郷土料理」美味紀行(小学館文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/01/04
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/281p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-408892-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

「イタリア郷土料理」美味紀行 (小学館文庫)

著者 中村 浩子 (著)

イタリアでは、町の数だけ郷土料理が存在する−。トリノ、ミラノ、ヴェネツィア…。イタリア語歴30年超の翻訳家が、各土地ならではの仕事をする人々になじみ深い料理を訊き、「わが...

もっと見る

「イタリア郷土料理」美味紀行 (小学館文庫)

885(税込)

「イタリア郷土料理」美味紀行

875 (税込)

「イタリア郷土料理」美味紀行

ポイント :8pt / 紙の本より10おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

イタリアでは、町の数だけ郷土料理が存在する−。トリノ、ミラノ、ヴェネツィア…。イタリア語歴30年超の翻訳家が、各土地ならではの仕事をする人々になじみ深い料理を訊き、「わが町」「わが家」の食の物語を綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

9都市20人が誇る「最愛のひと皿」の物語

イタリア料理人の落合務氏曰く「イタリアは、自国の料理、ひいてはマンマの味が一番だと思っている人だらけ」。こと食に関しては誰よりも誇り高く、食べることを楽しむことに何より情熱を注ぐのがイタリア人なのだ。そして、海に囲まれた細長い国土を山々が貫くイタリアは地方ごとに気候・風土が異なり、そのため食材も料理も地方ごとに違う。さまざまな郷土料理から成り立っているのが、イタリア料理とも言えるのだ。
トリノ、ミラノ、ヴェネツィア、ボローニャ、フィレンツェ、カリアリ、ローマ、ナポリ、パレルモ……翻訳家の著者はイタリア全土を旅しながら、9都市に暮らす20人と出会い、彼らの食卓の記憶を引き出していく。小説家、デザイナー、印刷職人、トマト生産者、操り人形師など、さまざまな職業の人々が語る「最愛のひと皿」の物語は時に甘く、時にはとても苦い。その土地で懸命に生きる、前向きで力強い人々の姿が伝わる美味紀行。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/04/04 15:08

投稿元:ブクログ

某イタリア食材店でアルバイトした際に実感したイタリアの食の多様性と豊かさをこの本で再確認させてもらいました。
イタリアの各地方ならではの仕事をしている人が普段食べている料理や思い出の料理を、作者がインタビューするという形式で書かれています。その相手は推理作家、ジュエリー店主、活版印刷職人、サフラン農家の主人など様々で、その結果、この本は単に料理紹介だけでない、その相手の人間としての魅力、さらにイタリアという国の断片が垣間見られる内容になっていました。

個人的なことでは、サフラン農家の方が育てたサフランが、日本の食材店の店頭に並び、それを私が販売していた時期があったとはびっくりでした。

イタリアはローマを1日駆け足でみたことがあるだけなので、この本を持ってイタリア旅行をしたいです。

2014/04/30 12:10

投稿元:ブクログ

イタリアの各地を訪ね、その土地の人と地元料理を語る。ウィッチー美術館の人だったり、地元の職人だったり、農家だったり。イタリア料理とひとくくりにしてしまいがちだが、それぞれの土地に根付いた料理があるのだなあと思う。本書にも出てくるが、日本のイタリア料理でも、漠然とイタリア料理だと言っている店、北イタリア料理とかエリアを限定している店(シェフの出身地だったりすることが多いが)、日本の食材の産地にこだわりその食材を活かすイタリアンを探求する店、ナポリタンなどを提供するなんちゃってイタリアンなどあるが、自分も、もっとイタリアのどこの料理か気にするべきだと思う。

小学館文庫 ランキング

小学館文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む